市場コメント

2018年01月09日

日経平均株価「日中足」
20180109am

日経平均株価 23,843.70円(前日比+129.17円)
TOPIX 1,886.77(前日比+6.43)
出来高概算 8億9,067万株
売買代金概算 1兆6,039億円

前場の日経平均は3営業日続伸。先週末に発表された米12月雇用統計を受けて、利上げが緩やかなペースにとどまるとの見方から連休中に米国株が上昇したことを好感し、朝方の日経平均は買い優勢で取引を開始した。ただ、国内では買い材料に乏しく、寄り付き後すぐに高値を付けた後は上値が重い展開となった。また、前引けにかけては円高ドル安の進行を受けてじりじりと上げ幅を縮小した。結局、前日比129円高の23,843円で前場の取引を終えている。


東証33業種中、上昇したのは23業種、下落したのは10業種であった。上昇率1位は不動産業、2位繊維製品、3位電気機器。下落率1位はパルプ・紙、2位ゴム製品、3位輸送用機器。日経平均採用銘柄の上昇率1位は三井造、2位東海カーボ、3位東建物。下落率1位は宝HLD、2位日通、3位住友鉱であった。


物色面では、米テクノロジー株高を背景に、SUMCOや東エレクなどの半導体関連株が堅調に推移しているほか、三井不や住友不などの不動産株も上昇している。そのほかでは、東レや東海カなどの素材株、ソニーやパイオニアなどの電機株も強含んでいる。個別では、国内証券が新規にカバレッジを開始した三井造が急騰しているほか、良好な17年12月の既存店売上高を発表したファーストリテイもしっかりと推移している。


半面、トヨタやスズキなどの自動車株が軟調に推移しているほか、OLCやエイチ・アイエスなどのレジャー関連株も下落している。また、SMSやUT GROUPなどの人材関連株も弱含んでいる。個別では、冴えない17年12月度月次売上高を発表したJINSが大幅安となっているほか、外資系証券が投資判断を引き下げたヒロセ電も売られている。


値上がり銘柄数は1,075、値下がり銘柄数は881、変わらず107。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 

2018年01月05日

日経平均株価「日中足」
20180105pm

日経平均株価 23,714.53円(前日比+208.2円)
TOPIX 1,880.34(前日比+16.52)
出来高概算 16億8,144万株
売買代金概算 3兆140億円

日経平均は続伸。昨晩の米主要3指数が揃って史上最高値を更新したことなどを好感し、日経平均は23,600円台で取引を開始。その後は、昨日大幅高となった反動や今晩に米雇用統計の発表を控えることなどから利益を確定させる動きもみられ、上値の重い展開となった。ただ、後場に入ると日経平均は再び上げ幅を広げ、先物主導で23,700円台に乗せた。大引けにかけても高値圏での推移となり、結局、連日の昨年来高値更新となる208円高の23,714円で本日の取引を終了した。


東証33業種中、上昇したのは27業種、下落したのは6業種であった。上昇率1位は鉄鋼、2位非鉄金属、3位証券・商品先物取引業。下落率1位は石油・石炭製品、2位鉱業、3位小売業。日経平均採用銘柄の上昇率1位はアサヒ、2位神戸鋼、3位カシオ計。下落率1位はJフロント、2位高島屋、3位ミツコシイセタンであった。


物色面では、ソニーやパナソニックなどの電機株、太陽誘電やTDKなどの電子部品株が堅調に推移し、東邦鉛や住友鉱などの非鉄株、三菱UFJFGや野村HDなどの金融株がしっかりとなった。そのほかでは、ファナックや安川電などのFA関連株が強含んだほか、アサヒや三井化学が昨年来高値を更新した。個別では、全固体電池用の電解質を開発すると報じられた三菱ガスが続伸となった。


半面、12月の月次売上高の発表を受けてJフロントや高島屋などの百貨店株が利益確定売りに押された。また、UT GROUPやアウトソシングなどの人材関連株、スシローGHDや鳥貴族などの外食関連株も弱含んだ。個別では、国内証券による投資判断の引き下げを嫌気し、楽天が4営業日続落となった。


値上がり銘柄数は1,302、値下がり銘柄数は655、変わらず106。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 
日経平均株価「日中足」
20180105am

日経平均株価 23,547.78円(前日比+41.45円)
TOPIX 1,872.03(前日比+8.21)
出来高概算 8億7,356万株
売買代金概算 1兆4,770億円

前場の日経平均は続伸。昨日の米国株式市場で主要3指数が揃って史上最高値を更新したことなどを好感し、朝方の日経平均は買い優勢で取引を開始した。寄り付き後上値は重く、利益確定売りに押されじりじりと上げ幅を縮める格好となった。その後は、今晩発表の米雇用統計を控え様子見ムードの強い展開となり、前引けにかけては23,500円台半ばでの取引に終始し、結局41円高の23,547円で前場の取引を終えている。


東証33業種中、上昇したのは25業種、下落したのは8業種であった。上昇率1位は鉄鋼、2位非鉄金属、3位海運業。下落率1位はゴム製品、2位小売業、3位サービス業。日経平均採用銘柄の上昇率1位はカシオ計、2位太陽誘電、3位神戸鋼。下落率1位はJフロント、2位高島屋、3位丸井Gであった。


物色面では、三菱UFJFGや三井住友FG、野村HDなどの金融株が買われたほか、住友鉱や東邦鉛などの非鉄株が堅調に推移している。また、トヨタやマツダなどの自動車株が強含み、三井不や東建物などの不動産株がしっかりしている。個別では、外資系証券による投資判断の新規「強い買い」を受けてレオン自機が大きく値を上げたほか、全固体電池用の電解質を開発すると伝わった三菱ガスが続伸となっている。


半面、JTや宝HDなどの食品株が軟調に推移しているほか、Jフロントや高島屋、ミツコシイセタンなどの百貨店株が売られている。また、アウトソシングやUT GROUPなどの人材関連株が弱含み、ドームや都競馬などのレジャー関連株が冴えない展開となっている。個別では、国内証券による投資判断の引き下げを受けて楽天が4営業日続落となっている。


値上がり銘柄数は1,121、値下がり銘柄数は819、変わらず123。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 

2018年01月04日

日経平均株価「日中足」
20180104pm

日経平均株価 23,506.33円(前日比+741.39円)
TOPIX 1,863.82(前日比+46.26)
出来高概算 16億9,065万株
売買代金概算 3兆2,794億円

大発会の日経平均は3営業日ぶりに大幅反発。年末年始中の米国株式市場で、主要3指数が揃って史上最高値を更新したことを好感し、朝方の日経平均は買い優勢で取引を開始した。23,300円台に乗せた後は、やや伸び悩む場面も見られたが、後場も前場の堅調地合いを引き継ぎ、昨年11月9日の取引時間中の高値を更新した。大引けにかけても高値圏での推移となり、結局741円高の23,506円と12月25日以来となる昨年来高値更新で大発会の取引を終了した。


東証33業種の全てが上昇。上昇率1位は証券・商品先物取引業、2位石油・石炭製品、3位海運業。日経平均採用銘柄の上昇率1位は東海カーボ、2位昭電工、3位スクリン。下落率1位はエプソン、2位DOWA、3位楽天であった。


物色面では、米テクノロジー株の上昇を受けてソニーやパナソニックなどのハイテク株、東エレクや信越化、スクリンなどの半導体関連株が買われた。また、ファナックやソフトバンクG、ファーストリテイなど日経平均寄与度の大きい値嵩株が強含み、WTI原油先物の上昇を受けて日揮や海洋掘削などの石油関連株がしっかり。そのほかでは、ナブテスコや安川電などのロボット関連株も堅調に推移した。個別では、CM効果で「神の手」のダウンロード数が100万件を突破したと発表したブランジスタがストップ高となったほか、「ポケモンGO」を年内にも中国で提供すると伝わった任天堂が大幅続伸となった。そのほかでは、昭電工や東海カ、サンケン電やSBIなどが昨年来高値を更新した。


半面、アダストリアやしまむらなど小売株の一角が弱含み、オープンドアやエイチ・アイエスなどの旅行関連株が軟調に推移した。個別では、年末の業績に関する観測報道を受けて大東建が大きく売られた。


値上がり銘柄数は1,778、値下がり銘柄数は246、変わらず39。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 
日経平均株価「日中足」
20180104am

日経平均株価 23,326.06円(前日比+561.12円)
TOPIX 1,853.07(前日比+35.51)
出来高概算 8億612万株
売買代金概算 1兆5,303億円

大発会前場の日経平均は3営業日ぶりに大幅反発。連休中に米主要3指数が揃って史上最高値を更新したことなどを好感し、日経平均は節目となる23,000円を突破して取引を開始。寄り付き直後に23,200円台に乗せ、もみ合った後は一段高となった。前場中頃には日経平均が23,300円台を付け、570円程度上昇する場面もみられた。前引けにかけても高値圏での推移となり、結局561円高の23,326円で前場の取引を終えている。


東証33業種中、下落したのはゴム製品のみ。上昇率1位は証券・商品先物取引業、2位石油・石炭製品、3位鉱業。日経平均採用銘柄の上昇率1位は東海カーボ、2位昭電工、3位スクリン。下落率1位はエプソン、2位楽天、3位マルハニチロであった。


物色面では、ほぼ全ての業種が上昇となるなか、米テクノロジー株高を背景にアルバックや東エレクなどの半導体関連株、ソニーやTDKなどのハイテク株が堅調推移となっている。また、原油先物価格の上昇を好感し日揮やJXTGなどの石油関連株もしっかり。三菱UFJFGや野村HDなどの金融株、ファーストリテイやソフトバンクGなどの値がさ株も強含んでいる。個別では、年内にも中国でスマホゲーム「ポケモンGO」の配信を検討と伝わり任天堂が大幅続伸となっている。


半面、インベスターCや大東建など建設株の一角が軟調なほか、洋ゴムや住友ゴムなどのタイヤ株が弱含んでいる。そのほかでは、ファンケルやシーズHDなどの化粧品株が小幅安となっている。


値上がり銘柄数は1,667、値下がり銘柄数は335、変わらず60。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter