市場コメント

2018年01月11日

日経平均株価「日中足」
20180111pm

日経平均株価 23,710.43円(前日比-77.77円)
TOPIX 1,888.09(前日比-4.02)
出来高概算 15億8,283万株
売買代金概算 2兆8,021億円

本日の日経平均は続落。昨晩の米主要3指数が揃って反落となった流れを引き継ぎ、日経平均は売り先行で取引を開始。ドル円相場が円高基調に振れていたことなども重しとなり、寄り付き直後には一時23,600円付近まで下落した。その後は円高が一服したことで下値では押し目買いが入り、23,700円を挟んでのもみ合いとなった。後場に入ると売買材料に乏しいなか、やや下げ幅を広げる場面もみられたが、結局77円安の23,710円で本日の取引を終了した。


東証33業種中、上昇したのは16業種、下落したのは17業種であった。上昇率1位は鉱業、2位パルプ・紙、3位海運業。下落率1位は食料品、2位医薬品、3位水産・農林業。日経平均採用銘柄の上昇率1位は東海カーボ、2位GSユアサ、3位ヤマトHD。下落率1位はトクヤマ、2位SUMCO、3位アドバンテスであった。


物色面では、米SOX指数の下落を背景にアドバンテやSUMCOなどの半導体関連株が軟調に推移し、武田や大日住薬などの医薬品株も弱い動きとなった。また、アサヒやキリンHDなどの食品株、トヨタやホンダなどの自動車株も弱含んだ。個別では、昨日引け後に発表した決算を嫌気し、サイゼリヤやローツェが大きく下落したほか、任天堂から提訴されたことを受けてコロプラが18.4%安となった。


半面、東海カや日カーボンなどの素材株が堅調なほか、双日や伊藤忠などの商社株、オークマやアマダHDなどの機械株も強含んだ。また、米長期金利の上昇により三井住友FGやソニーFHなど金融株の一角も買われた。個別では、業績に関する観測報道を受けてヤマトHDやフェローテックがしっかりのほか、欧州にリチウムイオン電池工場を建設と伝わったGSユアサが反発となった。


値上がり銘柄数は976、値下がり銘柄数は986、変わらず101。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 
日経平均株価「日中足」
20180111am

日経平均株価 23,707.31円(前日比-80.89円)
TOPIX 1,884.84(前日比-7.27)
出来高概算 8億281万株
売買代金概算 1兆3,497億円

前場の日経平均は続落。米主要3指数が揃って反落となったほか、中国が米国債の購入を減額するとの思惑からドル安円高に振れたことが嫌気され、朝方の日経平均は売り優勢で取引を開始した。ただ、その後は下値で押し目買いが入り下げ幅を縮小し、前引けにかけては23,700円を挟んでのもみ合い推移が続いている。結局80円安の23,707円で前場の取引を終えている。


東証33業種中、上昇したのは12業種、下落したのは21業種であった。上昇率1位は鉱業、2位海運業、3位証券・商品先物取引業。下落率1位は医薬品、2位金属製品、3位化学。日経平均採用銘柄の上昇率1位は東海カーボ、2位千代化工建、3位ヤマトHD。下落率1位はトクヤマ、2位SUMCO、3位大日住薬であった。


物色面では、トヨタやホンダなどの自動車株が軟調に推移しているほか、SUMCOや信越化などの半導体関連株も下落している。また、武田や大塚HDなどの医薬株も弱含んでいる。個別では、任天堂から特許侵害に関する訴訟を提起されたコロプラが急落となっているほか、18/2期第3四半期業績が市場予想を下回ったローソンも売られている。


半面、米金利上昇を背景に三菱UFJや三井住友FGなどの銀行株が買い優勢となっているほか、WTI原油先物の上昇を受けて国際帝石や石油資源などの石油株も堅調に推移している。そのほかでは、コマツや日立建などの建機株も上昇している。個別では、国内証券が投資判断を引き上げたOLCが大幅高となっているほか、良好な18/2期第3四半期業績を発表した良品計画もしっかりと推移している。


値上がり銘柄数は815。値下がり銘柄数は1,132、変わらず116。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 

2018年01月10日

日経平均株価「日中足」
20180110pm

日経平均株価 23,788.20円(前日比-61.79円)
TOPIX 1,892.11(前日比+2.82)
出来高概算 15億9,260万株
売買代金概算 2兆7,931億円

日経平均は4営業日ぶりに反落。昨晩の米主要3指数は揃って上昇したものの、直近3営業日で1,000円以上上昇していた反動から日経平均は小反落で取引を開始。寄り付き直後には一時プラス圏に浮上したものの、為替がやや円高方向に振れたことなども重しとなり、23,700円台半ばまで下げ幅を広げた。後場に入り本日の安値を付けた後は押し目買いが入り、前日の終値付近まで値を戻す場面もみられたが勢いは続かず、結局、61円安の23,788円で本日の取引を終了した。


東証33業種中、上昇したのは21業種、下落したのは12業種であった。上昇率1位は石油・石炭製品、2位鉱業、3位パルプ・紙。下落率1位は食料品、2位精密機器、3位化学。日経平均採用銘柄の上昇率1位は三井造、2位ふくおか、3位JXTG。下落率1位は千代化工建、2位アサヒ、3位太平洋セメであった。


物色面では、昭電工や東ソーなどの化学株、ロームや航空電などの電子部品株が軟調推移となった。また、UT GROUPやパソナなどの人材関連株、東エレクやファーストリテイなどの値がさ株が弱含んだ。個別では、業績に関する観測報道を受けて東海カが5営業日ぶりに反落となったほか、主力ビールの販売落ち込みを背景にアサヒが下落した。


半面、米長期金利の上昇を背景に三菱UFJFGや三井住友FGなどの銀行株、ソニーFHや第一生命などの保険株が堅調に推移。また、トヨタやホンダなどの自動車株、三井不や住友不などの不動産株が強含んだ。そのほかでは、原油先物価格が14年12月以来の高値をつけたことで昭和シェルやJXTGなどの石油関連株が買われた。個別では、投資判断の引き上げを好感し、アドバンテや三菱自がしっかりとなった。


値上がり銘柄数は969、値下がり銘柄数は1,007、変わらず87。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 
日経平均株価「日中足」
20180110am

日経平均株価 23,796.45円(前日比-53.54円)
TOPIX 1,890.99(前日比+1.7)
出来高概算 8億2,401万株
売買代金概算 1兆3,672億円

前場の日経平均は4営業日ぶりに反落。昨晩の米主要3指数は揃って上昇したものの円安一服が嫌気され、日経平均は売り優勢で取引を開始した。その後も足元の相場上昇による反動から利益確定売りに押され、日経平均の下げ幅は100円に迫る場面も見られた。ただ、前引けにかけては金融株を中心に押し目買いが入り下げ渋る展開となり、結局53円安の23,796円で前場の取引を終えている。


東証33業種中、上昇したのは20業種、下落したのは13業種であった。上昇率1位は石油・石炭製品、2位鉱業、3位海運業。下落率1位は化学、2位精密機器、3位食料品。日経平均採用銘柄の上昇率1位は三井造、2位三菱自、3位昭和シェル。下落率1位は東海カーボ、2位千代化工建、3位アサヒであった。


物色面では、東海カや東ソーなどの素材株が軟調に推移しているほか、三菱ケミHDや住友化などの化学株も下落している。また、明治HDや森永乳などの食品株、資生堂やコーセーなどの化粧品株も弱含んでいる。個別では、会社計画を下回る18/5期上期業績を発表したクリエイトSDHが急落しているほか、スーパードライの販売が1億ケース割れと発表したアサヒも売られている。


半面、トヨタやホンダなどの自動車株が堅調に推移しているほか、米金利上昇を背景に第一生命や三井住友FGなどの金融株も上昇している。そのほかでは、国際帝石やJXTGなどの石油株もしっかりと推移している。個別では、投資判断の引き上げを受けて三菱自やアドバンテが堅調に推移している。


値上がり銘柄数は957。値下がり銘柄数は988、変わらず118。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 

2018年01月09日

日経平均株価「日中足」
20180109pm

日経平均株価 23,849.99円(前日比+135.46円)
TOPIX 1,889.29(前日比+8.95)
出来高概算 16億6,341万株
売買代金概算 3兆1,112億円

日経平均は3営業日続伸。先週末の米雇用統計発表を受けて、連休中の米国株式市場で主要3指数が堅調に推移したことなどを好感し、朝方の日経平均は買い優勢で取引を開始した。寄り付き後は、大発会からの急ピッチな上昇による反動や円高進行を受けて上げ幅を縮める格好となった。ただ、後場に入ってからは概ね23,800円台での取引が続き、大引けにかけてはもみ合い商状となり、結局、連日の昨年来高値更新となる135円高の23,849円で本日の取引を終了した。


東証33業種中、上昇したのは24業種、下落したのは9業種であった。上昇率1位は不動産業、2位電気機器、3位証券・商品先物取引業。下落率1位は鉱業、2位石油・石炭製品、3位パルプ・紙。日経平均採用銘柄の上昇率1位は三井造、2位東海カーボ、3位東建物。下落率1位は大日住薬、2位日通、3位宝HLDであった。


物色面では、米ハイテク株高を受けてソニーやシャープなどのハイテク株、太陽誘電や日電産などの電子部品株が買われた。また、三井不や住友不などの不動産株が堅調に推移し、関電化や田中化研などのリチウムイオン電池関連がしっかりとなった。個別では、12月の既存店売上高を好感しファーストリテイが3営業日続伸となったほか、国内証券が投資判断を新規「買い」に付与した河合楽が急伸した。そのほかでは、20年までに最大4,000億円のM&Aを行うと報じられたキヤノンが反発した。


半面、アウトソシングやパーソルHD、インソースなどの人材関連株が売られたほか、住友鉱やJFEHDなど素材株の一角が軟調に推移した。また、ユニー・ファミマやセリアなど小売の一角が冴えない展開となった。個別では、国内証券による投資判断の引き下げを嫌気し楽天が5営業日続落し、12月の既存店売上高を嫌気しJINSが大幅続落となった。


値上がり銘柄数は1,185、値下がり銘柄数は795、変わらず83。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter