市場コメント

2018年01月16日

日経平均株価「日中足」
20180116am

日経平均株価 23,845.50円(前日比+130.62円)
TOPIX 1,889.72(前日比+5.82)
出来高概算 6億5,095万株
売買代金概算 1兆1,276億円

前場の日経平均は続伸。昨晩の米国市場が休場で手がかり材料難のなか、朝方の日経平均は小動きでスタート。寄り付き後は一時マイナスに転じたものの、円高ドル安の動きが一服したことを好感し、押し目買いで切り返した。その後は値嵩株中心に買われ、日経平均の上げ幅は一時150円を超える場面もあった。前引けにかけても堅調に推移し、結局130円高の23,845円で前場の取引を終えている。


本日は東証33業種中、上昇したのは20業種、下落したのは13業種であった。上昇率1位は水産・農林業、2位食料品、3位金属製品。下落率1位は鉄鋼、2位海運業、3位空運業。日経平均採用銘柄の上昇率1位はSUMCO、2位資生堂、3位SUBARU。下落率1位はIHI、2位JFE、3位日新製鋼であった。


物色面では、ファナックやキーエンスなどの設備投資関連株が堅調に推移しているほか、エイチ・アイエスやオープンドアなどのレジャー関連株、資生堂やコーセーなどの化粧品株も上昇している。そのほかでは、ディップやJACRなどの人材関連株の一角もしっかりで推移している。個別では、東証一部指定承認を受けたことが好感され象印が急騰しているほか、17年4~12月期営業利益が2割増の250億円弱と報じられたオービックも大幅高となっている。


半面、新日鉄住やJFEHDなどの鉄鋼株が軟調に推移しているほか、バルチック海運指数の下落を背景に郵船や商船三井などの海運株が下落している。また、住友鉱や古河機などの非鉄株も弱含んでいる。個別では、昨日大引け後に発表した決算を受けて東宝が売られている。


値上がり銘柄数は889。値下がり銘柄数は1,057、変わらず116。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 

2018年01月15日

日経平均株価「日中足」
20180115pm

日経平均株価 23,714.88円(前日比+61.06円)
TOPIX 1,883.90(前日比+7.66)
出来高概算 14億2,170万株
売買代金概算 2兆4,901億円

本日の日経平均は4営業日ぶりに反発。先週末の米主要3指数が揃って史上最高値を更新した流れを引き継ぎ、日経平均は23,800円台を回復して取引を開始した。ただ、ドル円相場が1ドル=110円台まで円高が進行したことを背景に、その後は利益確定売りが優勢に。日経平均は一時23,700円を下回る場面もみられたが、下値では押し目買いが入り、後場に入るとやや持ち直す動きとなった。もっとも、今晩は米国市場が休場となるなかで上値は重く、結局61円高の23,714円で本日の取引を終了した。


本日は東証33業種中、上昇したのは23業種、下落したのは10業種であった。上昇率1位は証券・商品先物取引業、2位銀行業、3位不動産業。下落率1位は石油・石炭製品、2位鉄鋼、3位空運業。日経平均採用銘柄の上昇率1位は日通、2位東急不HD、3位資生堂。下落率1位は神戸鋼、2位楽天、3位東邦鉛であった。


物色面では、好決算を発表したパソナの大幅上昇を受けて同業のUT GROUPやSMSなどが連れ高となった。また、資生堂やコーセーなどの化粧品株、東急不HDや東建物などの不動産株が堅調に推移。そのほかでは、三菱UFJFGや野村HDなどの金融株、双日や住友商などの商社株が強含んだ。個別では、傘下の携帯事業会社の上場が報じられたソフトバンクGが3.2%高となった。


半面、新日鉄住やJFEHDなどの鉄鋼株、三井金や東邦鉛などの非鉄株に利益確定売りが広がった。また、コマツや日立建などの建機株、アサヒやキリンHDなどの食品株が弱含んだ。個別では、先週末引け後に決算を発表したDDHDやオンワードHDが大きく下落した。


値上がり銘柄数は1,162、値下がり銘柄数は812、変わらず89。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 
日経平均株価「日中足」
20180115am

日経平均株価 23,708.63円(前日比+54.81円)
TOPIX 1,884.38(前日比+8.14)
出来高概算 7億5,561万株
売買代金概算 1兆2,652億円

前場の日経平均は4営業日ぶりに小反発。先週末の米国株式市場で主要3指数が揃って史上最高値を更新したことを好感し、朝方の日経平均は買い優勢で取引を開始した。寄り付き後すぐに高値を付けたものの、1ドル=110円半ばまで円高が進んだことを嫌気し利益確定売りに押される展開となった。前引けにかけては23,700円を挟んでのもみ合い推移となり、結局54円高の23,708円で前場の取引を終えている。


東証33業種中、上昇したのは24業種、下落したのは9業種であった。上昇率1位は鉱業、2位証券・商品先物取引業、3位不動産業。下落率1位は鉄鋼、2位空運業、3位石油・石炭製品。日経平均採用銘柄の上昇率1位はソフトバンクグループ、2位日通、3位日立。下落率1位は東海カーボ、2位神戸鋼、3位ヤマハ発であった。


物色面では、米金利上昇を背景に三菱UFJFGや東京海上などの金融株が堅調に推移しているほか、三井不や菱地所などの不動産株も上昇している。そのほかでは、リクルートHDやSMSなどの人材関連株、安川電やキーエンスなどの設備投資関連株もしっかりと推移している。個別では、良好な18/5期上期業績を発表したパソナが急騰しているほか、携帯事業子会社の株式上場が報道されたソフトバンクGも大幅高となっている。


半面、新日鉄住や神戸鋼などの鉄鋼株が軟調に推移しているほか、東邦鉛や住友鉱などの非鉄株も下落している。また、アサヒやキリンHDなどの食品株も弱含んでいる。個別では、18/2期3Q累計の決算を受けてトウキョベースが大幅安となったほか、18/5期上期業績が市場予想を下回ったサカタのタネも売られている。


値上がり銘柄数は1,223。値下がり銘柄数は754、変わらず84。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 

2018年01月12日

日経平均株価「日中足」


日経平均株価 23,710.43円(前日比-77.77円)
TOPIX 1,888.09(前日比-4.02)
出来高概算 15億8,283万株
売買代金概算 2兆8,021億円

本日の日経平均は3営業日続落。昨晩の米国株式市場で主要3指数が揃って史上最高値を更新したことを好感し、朝方の日経平均は買い優勢で取引を開始した。寄り付き後は、利益確定売りに押されマイナス圏に転じる場面も見られたが、下値では押し目買いが入り下げ幅を縮める格好となった。ただ、後場に入ってからは、14時頃に発表された景気ウオッチャー調査の現状判断指数が5ヵ月ぶりに悪化したことを受けて23,500円台後半まで売られる展開となった。大引けにかけては下げ渋る格好となり、結局56円安の23,653円で本日の取引を終了した。


東証33業種中、上昇したのは6業種、下落したのは27業種であった。上昇率1位は機械、2位鉄鋼、3位その他製品。下落率1位は電気・ガス業、2位倉庫・運輸関連業、3位情報・通信業。日経平均採用銘柄の上昇率1位はファーストリテ、2位千代化工建、3位神戸鋼。下落率1位はGSユアサ、2位ユニー・ファミマ、3位東急不HDであった。


物色面では、ソフトバンクやKDDIなどの通信株が軟調に推移したほか、日本ハムやニチレイなど食品株が売られた。また、昨日発表した決算が嫌気された良品計画やユニー・ファミマ、コスモス薬品やJINSなどの小売株が弱含んだ。そのほかでは、シャープや富士通などハイテク株の一角が冴えない動きとなった。個別では、外資系証券による投資判断の引き下げを受けてオリンパスや東急不HDが下落した。


半面、ファナックやSMC、安川電などの設備投資関連株が買われたほか、東海カや三井金、邦チタニウムなどの素材株が堅調に推移した。また、JUKIや荏原などの機械株が強含み、ディップやエンJPNなどの人材関連株がしっかり。個別では、国内証券による投資判断の引き上げを受けて新電元が急伸したほか、昨日引け後に発表した決算が好感されたファーストリテイが大幅上昇となった。そのほかでは、昭電工やSGHDが上昇した。


値上がり銘柄数は596、値下がり銘柄数は1,385、変わらず82。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 
日経平均株価「日中足」
20180112am

日経平均株価 23,697.46円(前日比-12.97円)
TOPIX 1,878.63(前日比-9.46)
出来高概算 8億9,961万株
売買代金概算 1兆6,630億円

前場の日経平均は小幅に3営業日続落。昨晩の米国株式市場で主要3指数が揃って上昇したことを受け、朝方の日経平均は買い優勢で取引を開始した。SQ通過後は手がかり材料に乏しく、前日終値近辺での推移となった。前引けにかけては、今晩発表される米12月消費者物価指数等を控え様子見ムードが強まり、結局12円安の23,697円で前場の取引を終えている。


東証33業種中、上昇したのは7業種、下落したのは26業種であった。上昇率1位はその他製品、2位ゴム製品、3位機械。下落率1位は電気・ガス業、2位食料品、3位情報・通信業。日経平均採用銘柄の上昇率1位はファーストリテ、2位大平洋金、3位千代化工建。下落率1位はGSユアサ、2位ユニー・ファミマ、3位東急不HDであった。


物色面では、三井不や菱地所などの不動産株が軟調に推移しているほか、決算発表を行った7&I-HDやユニー・ファミマなどの小売株も下落している。また、明治HDや味の素などの食品株、旭化成やクラレなどの化学株も弱含んでいる。個別では、冴えない18/8期1Q決算を発表したJINSが大幅安となっているほか、外資系証券が投資判断を引き下げたオリンパスも売られている。


半面、安川電やファナックなどの設備投資関連株が堅調に推移しているほか、神戸鋼や太平金などの鉄鋼株も上昇している。そのほかでは、エンJPNやUT GROUPなどの人材関連株の一角もしっかりと推移している。個別では、良好な18/8期1Q決算を発表したファーストリテイやビックカメラが大幅高となっている。


値上がり銘柄数は714。値下がり銘柄数は1,253、変わらず96。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter