市場コメント

2017年12月15日

日経平均株価「日中足」
20171215pm

日経平均株価 22,553.22円(前日比-141.23円)
TOPIX 1,793.47(前日比-14.67)
出来高概算 18億4,421万株
売買代金概算 3兆3,299億円

本日の日経平均は4日続落。米政策進展期待の後退を受けて米主要3指数が下落したことから、朝方の日経平均は売り優勢で取引を開始した。寄り付き後は下げ幅を拡大し、22,500円を挟んで一進一退となったものの、後場に入ると一部報道を受けて日銀の追加緩和への思惑が浮上し、日経平均は一時プラスとなる場面もみられた。大引けにかけては利益確定売りに押されて再びマイナス圏に沈み、結局141円安の22,553円で本日の取引を終えた。


東証33業種中、上昇したのは6業種、下落したのは27業種であった。上昇率1位は水産・農林業、2位空運業、3位小売業。下落率1位は情報・通信業、2位海運業、3位電気・ガス業。日経平均採用銘柄の上昇率1位は東海カーボ、2位昭電工、3位東京ドーム。下落率1位はKDDI、2位楽天、3位NTTであった。


物色面では、楽天の携帯話業界参入による競争激化懸念から、ソフトバンクGやNTTドコモ、KDDIなどの主力通信株が大幅安となったほか、米長期金利の低下を背景に三菱UFJFGや第一生命などの金融株が軟調に推移した。個別では、タイ子会社の不適切会計問題が嫌気され、亀田製が急落したほか、18/5期上期決算が市場予想に届かなかったクスリのアオキが6.0%安となった。


半面、ファーストリテイやユニー・ファミマなどの小売株が強いほか、コムシスHDや協エクシオなどの通信工事関連株が大幅続伸となった。その他に、SUMCOなどの半導体関連株、安川電などのFA関連株の一角が買い戻された。個別では、黒鉛電極の値上げ方針を発表した東海カが買い気配で始まり15.3%高となったほか、日カーボン、SECカーボンなどの同業他社がつれ高した。

値上がり銘柄数は629、値下がり銘柄数は1,343、変わらず81。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 
日経平均株価「日中足」
20171215am

日経平均株価 22,494.76円(前日比-199.69円)
TOPIX 1,788.46(前日比-19.68)
出来高概算 7億6,038万株
売買代金概算 1兆2,647億円

前場の日経平均は4営業日続落。昨晩の米国株式市場で主要3指数が揃って下落したことや、1ドル=112円台前半まで円高が進行したことが嫌気され、朝方の日経平均は売り優勢で取引を開始した。寄り付き後は、手掛かり材料に乏しいなか利益確定売りに押され22,500円を下回る展開となった。その後下げ渋る場面も見られたが、前引けにかけては安値圏でのもみ合いとなり、結局、199円安の22,494円で前場の取引を終えている。


東証33業種中、上昇したのは水産・農林業のみ。下落率1位は情報・通信業、2位海運業、3位電気・ガス業。日経平均採用銘柄の上昇率1位は東海カーボ、2位昭電工、3位東京ドーム。下落率1位はKDDI、2位楽天、3位NTTであった。


物色面では、楽天による携帯電話事業参入表明が引き続き悪材料視されKDDIやNTTドコモ、ソフトバンクGなどの通信株が売られているほか、三菱UFJFGや三井住友FGなどの銀行株が甘い。また、三井不や菱地所などの不動産株が軟調に推移し、JUKIやアマダHDなどの機械株が弱含んでいる。個別では、外資系証券による投資判断の引き下げを受けてカルビーが4営業日続落となっているほか、昨日引け後に発表した決算が嫌気されたクスリのアオキが大きく下落している。


半面、エンJPNやインソースなど人材関連株の一角が堅調に推移しているほか、ドームや都競馬などのレジャー株が強含んでいる。また、トリドールHDや良品計画、セリアなど小売の一角もしっかりしている。個別では、国内証券による投資判断の引き上げを受けて協エクシオが上昇し、昨日引け後に発表した決算が好感されたパーク24が3営業日続伸となっている。そのほかでは、黒鉛電極の値上げ報道を受けて東海カや日カーボンが大きく買われている。


値上がり銘柄数は351、値下がり銘柄数は1,649、変わらず52。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 

2017年12月14日

日経平均株価「日中足」
20171214pm

日経平均株価 22,694.45円(前日比-63.62円)
TOPIX 1,808.14(前日比-2.70)
出来高概算 16億6,682万株
売買代金概算 2兆6,593億円

本日の日経平均は3営業日続落。昨晩、NYダウが連日で史上最高値を更新したものの、FOMCの結果を受けて1ドル=112円台半ばまで円高が進んだことを嫌気し、朝方の日経平均は売り優勢で取引を開始した。寄り付き後は下値で押し目買いが入り、日経平均は一時プラス圏に切り返したものの、上値では戻り待ちの売り押される展開となり再びマイナス圏に転じた。午場に入ってからは、ECB定例理事会の結果公表を控え、利益確定売りが先行し下げ幅を広げる格好となった。大引けにかけては、やや下げ幅を縮め、結局、63円安の22,694円で本日の取引を終えた。


東証33業種中、上昇したのは20業種、下落したのは13業種であった。上昇率1位はパルプ・紙、2位石油・石炭製品、3位金属製品。下落率1位は保険業、2位銀行業、3位情報・通信業。日経平均採用銘柄の上昇率1位はコムシスHD、2位SUMCO、3位パナソニック。下落率1位は楽天、2位SOMPOHD、3位カシオ計であった。


物色面では、米長期金利の低下を受けて三菱UFJFGや三井住友FGなどの銀行株、第一生命やSOMPOHDなどの保険株が売られた。また、ソフトバンクGやKDDIなどの通信株が弱含み、良品計画やセリアなど小売株の一角が軟調に推移した。個別では、国内証券による投資判断の引き下げを受けてユニプレスが続落し、昨日引け後に発表した決算が嫌気され東建コーポが大きく値を下げた。


半面、パソナやLINK&M、UT GROUPなどの人材関連株が買われたほか、ロームや日東電などの電子部品株が堅調に推移した。また、ツガミやオークマ、牧野フなどの工作機械株が上昇し、東ソーや昭電工など化学株の一角が強含んだ。個別では、外資系証券による投資判断の引き上げを受けて日本郵政が上昇したほか、トヨタと車載用電池で協業を検討すると発表したパナソニックが6営業日続伸となった。そのほかでは、直近IPOのSGHDが商いを伴い大幅上昇となった。


値上がり銘柄数は1,362、値下がり銘柄数は606、変わらず83。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 
日経平均株価「日中足」
20171214am

日経平均株価 22,726.76円(前日比-31.31円)
TOPIX 1,808.95(前日比-1.89)
出来高概算 8億472万株
売買代金概算 1兆2,033億円

前場の日経平均は3営業日続落。昨晩のNYダウは史上最高値更新となったものの、米FOMCの結果を受けて為替がドル安円高に振れたことなどを嫌気し日経平均は売り優勢で取引を開始。下値では押し目買いが入り一時プラス圏に浮上したものの上値は重く、ECB定例理事会の結果公表を今晩に控えて様子見姿勢が強まり再びマイナスに転じた。前引けにかけても22,700円台前半でのもみ合い推移となり、結局、31円安の22,726円で前場の取引を終えている。


東証33業種中、上昇したのは19業種、下落したのは14業種であった。上昇率1位は石油・石炭製品、2位金属製品、3位医薬品。下落率1位は銀行業、2位保険業、3位情報・通信業。日経平均採用銘柄の上昇率1位はコムシスHD、2位パナソニック、3位日製鋼。下落率1位は楽天、2位SOMPOHD、3位カシオ計であった。


物色面では、米長期金利の低下を受けて三菱UFJFGや三井住友FGなどの銀行株、SOMPOHDや第一生命などの保険株が軟調に推移している。また、明治HDやニチレイなど食品株の一角が小幅に下落し、商船三井や川崎船などの海運株に利益確定売りが広がっている。個別では、携帯電話事業への参入を検討中と発表した楽天が反落となっている。


半面、SUMCOや東エレクなどの半導体関連株、ロームや航空電などの電子部品株が買われ、UT GROUPやLINK&Mなどの人材関連株が強含んでいる。また、ハイデ日高や王将フードなど外食関連の一角が年初来高値を更新している。個別ではトヨタと車載用電池で協業を検討すると発表したパナソニックが6営業日続伸となっている。


値上がり銘柄数は1,229、値下がり銘柄数は720、変わらず101。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 

2017年12月13日

日経平均株価「日中足」
20171213pm


日経平均株価 22,758.07円(前日比-108.10円)
TOPIX 1,810.84(前日比-4.24)
出来高概算 19億54万株
売買代金概算 2兆8,772億円

本日の日経平均は続落。昨晩のNYダウが史上最高値を更新した流れを引き継ぎ、日経平均は買い優勢で取引を開始。ただ、米アラバマ州の上院補欠選挙の結果を見極めたいとの思惑から上値は重く、接戦が伝わるなかでその後はマイナス圏での推移となった。昼頃に民主党候補の勝利が確実と報じられると、後場の日経平均は一段安に。一時170円近く下落したものの、その後は下げ渋る展開となった。結局、108円安の22,758円で本日の取引を終えた。


東証33業種中、上昇したのは11業種、下落したのは22業種であった。上昇率1位は銀行業、2位医薬品、3位証券・商品先物取引業。下落率1位はゴム製品、2位化学、3位金属製品。日経平均採用銘柄の上昇率1位は静岡銀、2位ユニー・ファミマ、3位コナミHD。下落率1位はSUMCO、2位ディーエヌエー、3位昭電工であった。


物色面では、米テクノロジー株安を受けてSUMCOや東エレクなどの半導体株、ロームや日電産などの電子部品株が軟調に推移した。また、三菱ケミHDや宇部興などの化学株、日立や三菱電などの電機株も弱含んだ。個別では、任天堂とガンホーによるゲームの共同開発に関する報道を嫌気し、DeNAが反落。そのほかでは、明日の決算発表を前にヤーマンが利益確定の売りに押された。


半面、三菱UFJFGや三井住友FGが年初来高値を更新するなど銀行株が強含んだほか、武田や第一三共などの医薬品関連株がしっかり。また、ユニー・ファミマやイオンなど小売株の一角が買われた。個別では、トヨタと車載電池で提携すると報じられたパナソニックが5営業日続伸となったほか、国内証券による投資判断の引き上げを好感し、エーザイが堅調に推移した。


値上がり銘柄数は790、値下がり銘柄数は1,167、変わらず91。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
プロフィール
石黒 洋一(いしぐろ よういち)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部 次長

石黒洋一

【経歴】
1993年早稲田大学社会科学部卒業後、城南信用金庫、もしもしホットライン(現リライアコミュニケーション)を経て、2006年に岡三オンライン証券入社。

売買データや株価データ等を活用し、個人投資家の投資動向を絡めた独自の投資情報を発信。
twitter