市場コメント

2018年01月18日

日経平均株価「日中足」
20180118pm

日経平均株価 23,763.37円(前日比-104.97円)
TOPIX 1,876.86(前日比-13.96)
出来高概算 18億2,075万株
売買代金概算 3兆5,901億円

本日の日経平均は続落。昨晩の米主要3指数が揃って史上最高値を更新した流れを引き継ぎ、日経平均は91年11月以来となる24,000円台で取引を開始。高値圏でもみ合った後は利益確定売りが広がり、やや上げ幅を縮小した。後場には再度24,000円台をつける場面もみられたが、急ピッチな上昇に対する警戒感などから先物主導でマイナス圏に転じた。日経平均は一時23,700円を割り込んだが大引けにかけては下げ渋り、結局104円安の23,763円で本日の取引を終了した


東証33業種中、上昇したのは5業種、下落したのは28業種であった。上昇率1位はゴム製品、2位その他製品、3位精密機器。下落率1位は保険業、2位水産・農林業、3位非鉄金属。日経平均採用銘柄の上昇率1位はスクリン、2位アドバンテス、3位東エレク。下落率1位はリコー、2位東海カーボ、3位東ソーであった。


物色面では、米長期金利は上昇したものの、コンコルディアや東京海上などの金融株に利益確定売りが広がったほか、三井金や三菱マなどの非鉄株、東ソーや三菱ケミHDなどの化学株が軟調に推移した。また、トヨタや三菱自などの自動車株、三井不や菱地所などの不動産株も弱含んだ。個別では、業績観測報道を受けてリコーが大きく下落したほか、国内証券による投資判断の引き下げを嫌気し東海カが5%安となった。


半面、欧米の半導体株高を受けてスクリンやアドバンテなどの半導体関連株が強い動きとなったほか、ロームやTDKなどの電子部品株、安川電やダイフクなどの設備投資関連株も堅調推移となった。また、清水建や鹿島などの建設株も買われた。個別では、新製品を発表した任天堂が5営業日続伸となったほか、投資判断の引き上げを好感しブリヂストンが強含んだ。


値上がり銘柄数は371、値下がり銘柄数は1,625、変わらず68。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 
日経平均株価「日中足」
20180118am

日経平均株価 23,978.61円(前日比+110.27円)
TOPIX 1,891.74(前日比+0.92)
出来高概算 8億2,110万株
売買代金概算 1兆5,895億円

前場の日経平均は反発。昨晩の米国株式市場では主要3指数が揃って史上最高値を更新したことやドル高円安を好感し、朝方の日経平均は節目の24,000円を超えて取引を開始した。ただ、寄り付き後は利益確定売りに押され、じりじりと上げ幅を縮小している。前引けにかけても上値の重い推移が続き、結局110円高の23,978円で前場の取引を終えている。


東証33業種中、上昇したのは12業種、下落したのは21業種であった。上昇率1位はゴム製品、2位その他製品、3位金属製品。下落率1位は水産・農林業、2位保険業、3位非鉄金属。日経平均採用銘柄の上昇率1位はスクリン、2位アドバンテス、3位東エレク。下落率1位は東海カーボ、2位リコー、3位東ソーであった。


物色面では、SOX指数の上昇を背景に東エレクやSUMCOなどの半導体関連株が堅調に推移しているほか、良品計画やファーストリテイなどの小売株の一角、ロームやTDKなどの電子部品株も上昇している。そのほかでは、ソニーや三菱電などの電機株も強含んでいる。個別では、外資系証券が目標株価を引き上げた中外薬が買われているほか、資産運用サービスに参入と報じられたLINEもしっかりで推移している。


半面、三井金や三菱マなどの非鉄株が軟調に推移しているほか、JR東日本やJR西日本などの電鉄株も弱含んでいる。また、日立建やコマツなどの建機株も冴えない動きとなっている。個別では、国内証券が投資判断を引き下げた東海カが大幅安となっているほか、業績見通しの観測報道のあった東ソーも売られている。


値上がり銘柄数は786。値下がり銘柄数は1,177、変わらず101。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 

2018年01月17日

日経平均株価「日中足」
20180117pm

日経平均株価 23,868.34円(前日比-83.47円)
TOPIX 1,890.82(前日比-3.43)
出来高概算 15億4,140万株
売買代金概算 2兆9,364億円

本日の日経平均は3営業日ぶりに反落。休場明けの米国株式市場で主要3指数が揃って反落したことや、円高ドル安傾向となっていることを受けて、朝方の日経平均は売り優勢で取引を開始した。寄り付き後は23,700円台前半まで下げ幅を広げる場面が見られたものの、下値では押し目買いが入り下げ渋る展開となった。後場に入ってからは様子見ムードが強まるなか、大引けにかけてやや下げ幅を縮め、結局83円安の23,868円で本日の取引を終了した。


東証33業種中、上昇したのは10業種、下落したのは23業種であった。上昇率1位は機械、2位食料品、3位陸運業。下落率1位は石油・石炭製品、2位鉱業、3位鉄鋼。日経平均採用銘柄の上昇率1位はTDK、2位アドバンテス、3位三菱電。下落率1位はファナック、2位昭電工、3位昭和シェルであった。


物色面では、新日鉄住やJFEHDなどの鉄鋼株が売られたほか、三菱UFJFGや三井住友FGなどの銀行株が冴えない展開となった。また、三井化学や昭電工などの化学株が弱含み、ファーストリテイやファナックなど値嵩株の一角が軟調に推移した。個別では、外資系証券による投資判断の引き下げを受けて東製鉄が4営業日ぶりに反落し、ビットコインの急落を受けてSBIが大幅続落となった。


半面、SUMCOやアドバンテなどの半導体関連株が買われたほか、三菱電や富士電などの電機株がしっかり。また、SMCやキーエンスなど設備投資関連株の一角が強含み、資生堂やコーセーなどの化粧品株が堅調に推移した。個別では、国内証券による目標株価の引き上げを受けてTDKが5営業日続伸となった。


値上がり銘柄数は620、値下がり銘柄数は1,381、変わらず62。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 
日経平均株価「日中足」
20180117am

日経平均株価 23,848.71円(前日比-103.10円)
TOPIX 1,890.08(前日比-4.17)
出来高概算 7億5,074万株
売買代金概算 1兆4,120億円

前場の日経平均は3営業日ぶりに反落。

昨晩の米国株式市場で主要3指数が揃って下落したことや対ドルで円高に振れたことが嫌気され、朝方の日経平均は売り優勢で取引を開始。寄り付き後は売りに押され、日経平均の下げ幅は一時200円を超える場面も見られた。しかし、下値では押し目買いが入り前引けにかけてじりじりと下げ幅を縮小している。結局、103円安の23,848円で前場の取引を終えている。


東証33業種中、上昇したのは11業種、下落したのは22業種であった。上昇率1位は金属製品、2位パルプ・紙、3位食料品。下落率1位は鉱業、2位石油・石炭製品、3位海運業。日経平均採用銘柄の上昇率1位はアドバンテス、2位TDK、3位三菱電。下落率1位はファナック、2位国際帝石、3位大日住薬であった。


物色面では、原油先物が下落していることを受けて、国際帝石やコスモエネHDなどの石油株が軟調に推移しているほか、三菱マやDOWAなどの非鉄株も下落している。また、ミツコシイセタンや丸井Gなどの百貨店株、新日鉄住やJFEHDなどの鉄鋼株も弱含んでいる。個別では、ビットコインの急落を受けてGMOやSBIなどの仮想通貨関連銘柄が大幅安となっているほか、冴えない決算を発表したホギメディも売られている。その他では、日経平均寄与度の大きいファナックやファーストリテイなどが冴えない動きとなっている。


半面、SUMCOやアドバンテなどの半導体関連株が堅調に推移しているほか、資生堂やポーラオルHDなどの化粧品株も上昇している。キリンHDやカゴメなどの食品株もしっかりで推移している。個別では、外資系証券が目標株価を引き上げたM&Aキャピが急騰しているほか、17年4-12月期営業利益が前年同期比9割増の400億円程度と報じられたディスコも強い動きとなっている。


値上がり銘柄数は615。値下がり銘柄数は1,348、変わらず100。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 

2018年01月16日

日経平均株価「日中足」
20180116pm

日経平均株価 23,951.81円(前日比+236.93円)
TOPIX 1,894.25(前日比+10.35)
出来高概算 13億1,817万株
売買代金概算 2兆4,307億円

本日の日経平均は続伸。昨日の米国株式市場が休場で手掛かり材料に乏しいなか、朝方の日経平均は小幅高で取引を開始した。寄り付き後、マイナスに転じたものの円高一服を好感し切り返す展開となった。その後も、主力株中心に買いが入り日経平均は23,900円台半ばまで上げ幅を広げる格好となった。大引けにかけても高値圏での堅調推移となり、結局236円高の23,951円で本日の取引を終了。年初来高値を更新となった。


東証33業種中、上昇したのは22業種、下落したのは11業種であった。上昇率1位は水産・農林業、2位電気機器、3位情報・通信業。下落率1位は鉄鋼、2位海運業、3位空運業。日経平均採用銘柄の上昇率1位はファナック、2位安川電、3位SUMCO。下落率1位はJFE、2位日新製鋼、3位ニコンであった。


物色面では、SUMCOや東エレクなどの半導体関連株が堅調に推移したほか、村田製や日電産などの電子部品株が強い。また、安川電やSMC、キーエンスなどの設備投資関連が買われ、ファーストリテイやファナック、ソフトバンクなど日経平均寄与度の大きい銘柄が上昇した。個別では、国内証券による投資判断の引き上げを受けてディップが大きく値を上げ、東証1部に指定替えと伝わった象印が大幅続伸となった。そのほかでは、株式分割と株主優待の拡充を発表したヨシムラフードがストップ高となった。


半面、新日鉄住やJFEHDなどの鉄鋼株が売られたほか、ペプチドやタカラバイオなどのバイオ関連株が軟調に推移した。またラウンドワンや都競馬などのレジャー株が冴えない動きとなった。個別では、外資系証券による投資判断の引き下げを受けて三井不が反落し、エアバスが超大型機A380の生産を中止するとの報道を受けてジャムコが続落となった。


値上がり銘柄数は972、値下がり銘柄数は980、変わらず111。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter