岡三ネットトレーダー マーケット情報

2010年10月07日

マーケット総合画面は岡三ネットトレーダーのプレミアムおよびスタンダードで表示することができます。この画面は一つの画面で世界の動きを把握することをコンセプトに作られています。ご覧いただける内容は国内株式市場のリアルタイムデータはもちろん、世界の主要株式市場に加え、18通貨の為替情報なども見ることが可能となっています。また、海外の主要な指標、指数情報、ニュースも見ることができます。
マーケット情報では、「マーケット総合」、「国内主要指標」、「海外主要指標」、「市場統計」、「業種別指数」、「為替」、「ニュース」、「経済指標」のタグがあり、それぞれを選択することによって、より詳細な情報を見ることができます。

<マーケット総合>
Market-1

「マーケット総合」は国内指数、海外指数、為替、チャート、市場統計、ニュースが効率良く配置されています。マーケット全体の状況を把握するには最適な画面となります。リアルタイムでマーケットの状況を知りたい場合はチャートはTick(1日)にすると良いと思います。リアルタイムで指数が動き、ニュースも最新のものが常時表示されるので便利です。

さらに詳しい内容を知りたい場合は、各小画面の右上にある{詳細}を押すと瞬時にその画面に切り替わります。もちろん、タグを押すことでも同様のところに移動することも可能です。国内指数、海外指数、為替、市場統計、ニュースの詳細画面の内容は以下にありますので、それを見ていただくとして、岡三ネットトレーダーの特徴としてはほぼすべてのデータがCSV出力できることです。例えば、TOPIXの対象銘柄をCSV出力するとなんと1662銘柄の4本値や出来高、前日比(率)などを一度にEXCELに取り込むことが可能です。

<国内主要指標>
Market-2

<海外主要指標>
Market-3

<市場統計>
Market-4

「マーケット総合」画面に表示されていない(タグでは選択可能)ものとして、「業種別指数」と「経済指標」があります。「業種別指数」は以前解説したのでここのリンクからご覧ください。また、「経済指標」は各国のマクロ経済指標をグラフ付きで見ることができ非常に便利です。例えば今週(10月7日現在)に発表される米雇用統計(表では非農業部門雇用者数)は10月8日21:30(日本時間)に発表される予定であり、過去のグラフ推移は赤線で表示されます。また、マクロ指標の下にある(関連)指標/指数でNYダウを選択することによって、マクロ指標と株価指数の関連性を検証することもできます。

<経済指標>
Market-5

日本株の取引中は日本のマクロ指標が重要ですが、最近は日経平均先物夕場取引が延長され、米国など海外のマクロ指標の重要性も増してきています。これらの情報の確認することは投資にとって非常に重要なことだと思われます。

okasan_online at 20:31コメント(0) 

2010年07月08日

マーケット情報の中から業種別指数画面を紹介します。このような情報は他の情報ツールでも見ることが出来ると思いますが、見易さと使い勝手はかなり良いと思います。特に、業種の動きから個別銘柄の選択をする場合に有効だと思います。

投資情報→マーケット情報→業種別指数(タグ)を選択します。

業種別1

この業種別情報が見やすい一番の理由は前日比率(騰落率)ごとに色分けされており、上昇率の高さによって赤色の濃淡が変わる設定になっています。同様に下落率は緑色となっており、一目で業種ごとの当落状況を把握することができます。さらに、その業種に属する個別銘柄を-∞、-10%、-5%、-2%、0%、2%、5%、10%、∞ごとに銘柄数の分布を表示しています。

業種別2

例えば、上の例では業種指数としてはほぼ全般的に高く、中でも「石油・石炭製品」の騰落率が非常に高い(実際の数字は前日比4.43%)ことが分かります。また業種別のうち「水産・農林業」は銘柄数が全部で5銘柄、そのうち0%(変わらず)が1銘柄、≦2%(0%より大きく2%以下)が3銘柄、≦5%(2%より大きく5%以下)が1銘柄となっていることが分かります。また、全体的には圧倒的に赤色が多いことから相場全体が大きく上昇していることが分かります。この日はほぼ全面高なので業種ごとの特徴は少ないのですが、日によってはこの差が大きく分かる日もあります。

また、右のランキングがクリックした業種の値上り値下りの率や幅の上位下位、出来高や売買代金などが50位まで表示されます。また、対象銘柄すべてを表示することも可能となっています。また、コードや前日比(率)をクリックすると上昇下降ランキングも表示可能となっています。

業種は東証33業種だけでなく、TOPIX-17や業種別(全銘柄)を選択することが可能です。業種別は業種だけでなく規模の選択も可能です。さらに、業種表の下に、選択したその業種のチャートが表示されています。チャートの期間は日足、週足、月足の指定が可能です。

業種別3

また、これまで紹介したデータはすべてCSV出力することができます。つまり、すべてのデータはEXCELなどの表計算アプリケーションに転送することができるので、EXCELを使ってさまざまな分析をすることができます。

使い方としては、上昇している業種の中で一番手の銘柄だけではなく、2番手3番手の銘柄がその後1番手銘柄に引っ張られて動くことが良くあるので、このような動きを狙ってみたり、業種全体が上昇しているのに逆に下落している銘柄があったら業績を確認して監視銘柄としてフォローするなどの方法があります。

okasan_online at 18:54コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
プロフィール
石黒 洋一(いしぐろ よういち)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部 次長

石黒洋一

【経歴】
1993年早稲田大学社会科学部卒業後、城南信用金庫、もしもしホットライン(現リライアコミュニケーション)を経て、2006年に岡三オンライン証券入社。

売買データや株価データ等を活用し、個人投資家の投資動向を絡めた独自の投資情報を発信。
twitter