今日の相場

2017年12月29日

12/28
NYダウ 24,837.51(前日比+63.21)
S&P500 2,687.54(前日比+4.92)
ナスダック 6,950.16(前日比+10.83)
英FT100 7,622.88(前日比+2.2)
独DAX 12,979.94(前日比-90.08)
日経225先物(円建て) 22,790.00(前日比+10)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って小幅続伸。年末で取引参加者が減少し薄商いとなったものの、NYダウは史上最高値を更新。寄り前に発表された米経済指標がまちまちの内容となったものの、公益や通信といったディフェンシブ関連セクターが堅調に推移したほか、金利上昇を背景に金融セクターが上昇し、買い先行で取引を開始。また、11時頃発表された週間在庫統計で原油在庫が6週連続で減少したことが材料視され、原油先物価格が上昇、エネルギーセクターに追い風となった。他方、トランプ大統領が「中国が北朝鮮に対して石油供給を容認したことは残念」とツイッターに投稿し、地政学的リスクが意識される場面もあったが、相場への影響は限定的。その後、NYダウはじり高の展開となったが、取引材料に欠けるなか、全体相場は伸び悩みの展開に。最終的に主要3指数は小幅ながら続伸。

20171229am

<日本株動向>
大納会の日本株相場は、上値こそ重いが底堅い展開となりそうだ。機関投資家の多くは年末・年始休暇に入っており売買は膨らみづらく、指数は寄り付きで外部環境の動向を織り込んだ後は薄商いの中で方向感の乏しい推移となりそうだ。

物色対象としては、来年も電機や電子部品、機械などを中心に、シクリカルセクターの上昇が続きそうだ。これらの業種は11月末以降やや軟調だが、年間で好パフォーマンスであった銘柄が利食われる年末特有のポジション調整の範囲内だろう。来年以降も半導体業界の見通しは依然として明るい。現時点では良好なファンダメンタルズに変化は見られず、足元の“ガス抜き”局面は仕込み場といえよう。

また、今年は大型株に対して中小型株が相対的に好調であったが、この傾向は来年も続くだろう。日経ジャスダック平均の年間上昇率(昨日まで約43%)は世界の株価指数と比較しても突出して高く、成長株への資金流入の受け皿となるだろう。引き続き安定成長の中小型株に注目したい。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:11コメント(0) 

2017年12月28日

12/27
NYダウ 24,774.30(前日比+28.09)
S&P500 2,682.62(前日比+2.12)
ナスダック 6,939.34(前日比+3.09)
英FT100 7,620.68(前日比+28.02)
独DAX 13,070.02(前日比-2.77)
日経225先物(円建て) 22,915.00(前日比+25)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って小幅に反発。年末で市場参加者が少ないなか、終日小動きの展開となった。足元で下落基調にあったテクノロジーやヘルスケアセクターに買いが入ったことで、朝方は上昇してスタート。一方、原油価格の下落や金利の低下を受けて、エネルギーや金融セクターは軟調推移に。10時発表の消費者信頼感指数(12月)が市場予想を下回った半面、中古住宅販売仮契約指数(11月)は市場予想を上回るといった、強弱まちまちの結果に市場の反応は限定的。午後にかけては、テクノロジーセクターが売り戻されたことで、全体相場は徐々に上げ幅を縮小。その後、通信や生活必需品などの高配当株にも売りが入り、S&P500やナスダック指数は一時マイナス圏へ突入。終盤は材料難のなか、方向感に乏しい展開が続いたが、引け間際に押し目買いが入ったことで最終的に主要3指数は小幅ながら反発して取引を終了した。

20171228am

<日本株動向>
本日の日本株相場は、米主要3指数が揃って反発した流れを引き継ぎ、続伸スタートとなり、「掉尾の一振」期待などから下値は堅い展開を見込む。足元では中小型株・テーマ株・IPO銘柄に商いが集中しているなか、クリスマス休暇明けの海外投資家による資金流入の向かう先などが注目されそうだ。

寄り付き前に発表される11月の鉱工業生産や日銀会合の議事要旨などが注目されようが、ザラ場は手掛かり材料に乏しく、積極的な売買は限られよう。鉱工業生産では「電子部品・デバイス工業」、建機・工作機械・産業用ロボットが含まれる「汎用・生産用・業務用機械工業」の項目に注目したい。すでにコマツや竹内製作などの建機、ツガミやオークマなどの工作機械などは動意づいているが、本日の鉱工業生産の発表を機に産業用ロボット・FA関連の再上昇のきっかけとなるか注目したい。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:15コメント(0) 

2017年12月27日

12/26
NYダウ 24,746.21(前日比-7.85)
S&P500 2,680.50(前日比-2.84)
ナスダック 6,936.25(前日比-23.71)
英FT100 休場
独DAX 休場
日経225先物(円建て) 22,870.00(前日比+20)

<海外市場動向>
クリスマスの連休明けの主要3指数は揃って続落。主要な経済指標の発表などに乏しいものの、アップルの新型iPhoneに対する需要が伸び悩んでいると伝わったことから、関連企業にも売りが広がり、朝方は下落して取引を開始。一方、一部メディアが年末商戦が好調と報じ、消費関連株が堅調に推移したほか、リビアにおける原油パイプライン爆発を受け原油先物価格が急伸し、エネルギーセクターが上昇。NYダウは一時プラス圏に浮上。もっとも、年末に向けて取引参加者が減少するなか、積極的に買い進む動きは続かず、NYダウはマイナスに。徐々にテクノロジーセクターが下げ渋り、最終的に主要3指数は小幅安で取引を終了した。

20171227am

<日本株動向>
本日の日本株相場はもみあいとなりそうだ。昨夜の米国株は小動きにとどまり、方向性は出ないとみられる。ユーロ圏や英国などまだ休みの市場も多く、薄商いが続こう。本日は受け渡しベースで実質新年相場入りだが、需給面での大きな変化は期待できず、個別株物色が中心となりそうだ。

物色では大型バリュー系が利益確定売りに押される半面、内需系が堅調だ。特にリクルートやパソナ、エンJPNなどの人材関連や、トリドールやコメダなどの消費の一角が上場来高値を更新している。また、引け後に発表されたJフロントの3Qは、市場予想を上回る好決算となった。通期は据え置きでわずかに下回ったが進捗は高く、高島屋に続き好感されよう。訪日客の「モノ消費」の復活や富裕層の消費増加で百貨店業界には追い風が吹き始めたといえそうだ。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:18コメント(0) 

2017年12月26日

12/25
NYダウ Closed
S&P500 Closed
ナスダック Closed
英FT100 Closed
独DAX Closed
日経225先物(円建て) Closed

20171226am

<日本株動向>
本日の日経平均は、もみ合いとなりそうだ。23,000円台に乗せる場面はあろうが、海外投資家がクリスマス休暇中で、薄商いのなかでは、明確な方向性は 出にくいだろう。もっとも中小型株については、今週は日本株独自のアノマリーである「掉尾の一振」が期待される。年内ラスト5営業日の勝率は、日経ジャス ダックが過去23年間で21勝2敗、東証2部は過去20年間で19勝1敗と非常に高い。

今後の物色動向を占う上では、28日(木)に公表される「金融政策決定会合における主な意見(20-21日開催分)」に注目。主な意見では、イールドカー ブ・コントロール(YCC)政策の微調整などに対して、なんらかの意見が出ている可能性がある。仮にYCC政策の微調整に対しての発言があった場合には、 将来的な金融緩和の修正が意識され、日本の金利は上昇するだろう。その場合、銀行株やバリュー株物色が本物であることの裏付けとなる。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:04コメント(0) 

2017年12月25日

12/22
NYダウ 24,754.06(前日比-28.23)
S&P500 2,683.34(前日比-1.23)
ナスダック 6,959.96(前日比-5.40)
英FT100 7,592.66(前日比-11.32)
独DAX 13,072.79(前日比-36.95)
日経225先物(円建て) 22,830.00(前日比-20.00)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って下落。前日の夜、米上院が下院に続き来年1月19日までの暫定予算を可決し、政府機関の閉鎖が回避されたものの、寄り前に発表された米 経済指標がまちまちの内容となり、朝方の米国株は前日比横ばいの水準で取引を開始。11月の新築住宅販売件数が市場予想を大幅に上回ったことが支援材料と なる場面もみられたが、クリスマスの連休を前に利益確定売りが入りやすく、じり安の展開に。また、トランプ大統領が暫定予算案と税制改革法案に署名したも のの、相場への影響は限定的でNYダウはその後もさえない動きに。もっとも金利の上昇が一服するなか、不動産や公益セクターなどが上昇したほか、資源関連 セクターがしっかりの推移となり、相場全体も下げ幅を縮小。最終的に主要3指数は揃って小幅安で取引を終了した。

20171225am

<日本株動向>
今週の日本株相場は好地合いが継続し、年末株高が見込める展開となりそうだ。アベノミクス相場以降の年末5営業日で、日経平均の上昇率は平均+0.9%と なっている。過去10年でみれば、10回中7回、年末5日間は上昇。米税制改革法案成立に加え、年明けの米インフラ投資計画進展期待などを追い風に、今年 も上値を試す形となりそうで、日経平均は壁となっている23,000円処を突破し、10月につけた23,300円台をうかがう格好となりそうだ。足元、海外勢は5週連続で日本株を売り越しているが、TOPIXは節目の1,800ポイントを明確に上抜けており、先高期待は大きい。目先はメガバンクなどの金融株が相場の軸となりそうだ。

また、今週は小売の主力企業の決算発表にも注目したい。本日が高島屋で、明日がJフロントとなっているが、訪日客の旺盛な需要や株高による高額品の好調な売れ行き等により、好決算が期待されている。発表後の株価反応に注目が集まるだろう。そのほか、米金利の動向が注目。足元では、米長期金利が上振れし始めている。過度に上昇した場合、市場が嫌気する可能性もある。米金利動向には十分な目配りが必要だろう。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:08コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter