今日の相場

2017年06月21日

6/20
NYダウ 21,467.14(前日比-61.85)
S&P500 2,437.03(前日比-16.43)
ナスダック 6,188.03(前日比-50.98)
英FT100 7,472.71(前日比-51.10)
独DAX 12,814.79(前日比-74.16)
日経225先物(円建て) 20,170.00(前日比-30.00)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って下落。売りに押されていた欧州株式相場を受けて、米国株式相場も売り優勢で開始。供給過剰懸念から原油相場が大きく下落し、エネルギーセクターが下げを主導し、主要3指数は徐々に下げ幅を拡大。ライアン下院議長が税制改革の年内実施の意向を表明したものの、米国株式相場は引けにかけて売られた。

20170621am
                 
<日本株動向>
本日の日本株相場はもみ合い推移を想定。日経平均は昨日に終値ベースでも年初来高値を更新したことで、今後の先高期待が広がってはいるが、本日は米株安やドル円相場の伸び悩みが上値を抑えそうだ。

米金利や米株動向に左右されなければ、抜群の知名度と業績期待で相場の主役を張るソフトバンクG、任天堂、リクルートHD、ソニーに注目。中でも、ソフトバンクGは、ドイツテレコムが米子会社のTモバイルUS(TMUS)を通じ、業界再編を前向きに検討していると報じられたことで、スプリントによるTMUSの買収期待が高まっている。

テーマ株では、人材関連銘柄やサイバーセキュリティ関連のほか、昨日動意づいたICタグ関連銘柄にも再度注目だ。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:30コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
プロフィール
石黒 洋一(いしぐろ よういち)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部 次長

石黒洋一

【経歴】
1993年早稲田大学社会科学部卒業後、城南信用金庫、もしもしホットライン(現リライアコミュニケーション)を経て、2006年に岡三オンライン証券入社。

売買データや株価データ等を活用し、個人投資家の投資動向を絡めた独自の投資情報を発信。
twitter