今日の相場

2018年01月11日

1/10
NYダウ 25,369.13(前日比-16.67)
S&P500 2,748.23(前日比-3.06)
ナスダック 7,153.57(前日比-10.01)
英FT100 7,748.51(前日比+17.49)
独DAX 13,281.34(前日比-104.25)
日経225先物(円建て) 23,615.00(前日比-185.00)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って反落。ナスダック指数とS&P500指数は今年に入って初めての下落となった。寄り前に、中国が米国債投資の減額を検討中と伝 わったことから金利が急上昇し、朝方の米国株は売りが先行。一部アナリストがアップルのiPhone販売台数予想を引き下げ、関連銘柄が軟調に推移したこ となどから、ナスダック指数の下げが目立った。一方、金利上昇を背景に金融セクターが物色されたことに加え、原油先物価格の続伸を背景にエネルギーセク ターが堅調に推移。その後の主要3指数は下げ幅をジリジリと縮小する動きとなった。午後に入って押し目買いが広がったことも手伝い、NYダウがプラス圏に 浮上する場面も。ただ米国債の入札などを受け金利が低下したことを受け、金融セクターが上げ幅を縮小し、全体相場も再度売りが優勢。引けにかけては売り買 い交錯となり、主要3指数は揃って小幅安で取引を終了した。

20180111am

<日本株動向>
本日の日本 株相場は続落となりそうだ。欧米で株価上昇一服感が漂うなか、日本株には1ドル=111円台半ばまで進んだ円高が重しとなろう。CMEは23,620円と 下げて帰ってきており、朝方はサヤ寄せして始まりそうだ。ただ、年初からの急上昇で買えていない投資家は多いとみられ、売り一巡後は下げ渋るとみられる。 日中のドル円相場を睨みながら押し目買いのタイミングを計りたいところだ。

昨日 上昇が目立ったのがTOPIXコア30。後場に高値をつけており、日本を代表する超大型株に継続した買いがみられている。現在の水準を買ってくるのは海外 投資家であり、本日も注目できよう。金利上昇を受けて銀行や生保、証券などの景気敏感セクターが強い動きをしているほか、円高傾向でも自動車株が軒並み高 となるなど腰の据わった買いが入っている。新興市場も堅調に推移しており、市場のムードは悪化しないだろう。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:16コメント(0) 

2018年01月10日

1/9
NYダウ 25,385.80(前日比+102.8)
S&P500 2,751.29(前日比+3.58)
ナスダック 7,163.58(前日比+6.19)
英FT100 7,731.02(前日比+34.51)
独DAX 13,385.59(前日比+17.81)
日経225先物(円建て) 23,835.00(前日比-25.00)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って上昇し、史上最高値を更新。NYダウは反発、ナスダック指数とS&P500指数は6営業日続伸。朝方はアジアや欧州の株式市場 が堅調推移となっていた流れを引き継ぎ、買い優勢で取引開始。米経済指標は低調な内容だったものの、金利の上昇を追い風に金融セクターが物色され、相場を けん引。またヘルスケア関連も堅調に推移。NYダウはじり高の展開となった。一方、サムスン電子の失望決算を受け、半導体関連セクターが軟調推移となり、 ナスダック指数はやや上値の重い動きに。そのほか、公益や通信といったディフェンシブセクターが売られ、終盤にかけて全体相場もやや伸び悩んだ。

20180110am

<日本株動向>
本日の日本株相場は、週末にSQを控えているほか、金利動向への注目が集まるなか、国債入札を材料視する動きも出やすいとみられ、様子見ムードでの取引開 始となろう。マイナーSQとはいえ、SQを控えた週の半ばには波乱含みになりやすい点には注意を要したい。ただ欧米市場は堅調推移で、リスクオン姿勢は継 続している。物色面では新興市場や中小型株の値動きが目立とうが、業績期待が高い主力株などを中心に切り返す動きも十分想定できよう。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:13コメント(0) 

2018年01月09日

1/8
NYダウ 25,283.00(前日比-12.87)
S&P500 2,747.71(前日比+4.56)
ナスダック 7,157.39(前日比+20.83)
英FT100 7,696.51(前日比-27.71)
独DAX 13,367.78(前日比+48.14)
日経225先物(円建て) 23,945.00(前日比+225)

<海外市場動向>
主要3指数はまちまち。経済指標発表などの特段のイベントがないなか、朝方は利益確定の売りが先行した。半導体企業を筆頭にテクノロジーセクターなどに買いが集まった一方、足元で上昇が続いていたヘルスケアや金融セクターは下落。午後にかけては、半導体株が上値を追うなか、ナスダック指数はプラス圏に浮上した。しかし、週末の大手銀行による業績発表を皮切りに本格化する10-12月期決算シーズンを前に、全体相場は様子見ムードが漂う。その後は、エネルギーや公益、生活必需品セクターなどに買いが入ったことで、NYダウやS&P500指数も小幅ながらプラスに転じた。終盤にかけては材料難のなか、小動きとなり、最終的にNYダウは小幅反落。半面、S&P500指数とナスダック指数は連日で史上最高値を更新。

20180109am

<日本株動向>
今週の日本株相場は、良好な外部環境を追い風に上値を試す展開となりそうだ。先週末に発表された米12月雇用統計では非農業部門の雇用者数が市場予想を下回ったものの、賃金の伸びも鈍かったことが「今後の利上げペースは加速しない」との見方につながった。雇用統計発表後の米株市場の反応も“良いとこ取り”の印象で、足元のリスクオン姿勢は強いといえよう。今週の日経平均は節目の24,000円台をトライする展開が期待される半面、週末にはSQを控えており注意を要したい。先月もSQ週は前半と後半でガラリと地合いが変わっており、警戒も必要だ。

物色面ではソニーや日本電産をはじめ、年末相場でやや物色の圏外に置かれていた電機や電子部品関連株などに注目。今週は米ラスベガスで世界最大の家電見本市「CES」が開催されるほか、自動運転分野での提携を発表したエヌビディアの高値更新などを受けて、車載向けで存在感の高まっている電子部品関連には関心も高まりそうだ。また、週末にM&Aへの積極投資が伝わったキヤノンにも注目したい。なお、一部ではマザーズとジャスダックの市場統合観測が伝わっている。「出ては消える話」ではあるが、新興市場の主力株には思惑的な物色も向かう可能性もあろう。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 07:53コメント(0) 

2018年01月05日

1/4
NYダウ 25,075.13(前日比+152.45)
S&P500 2,723.99(前日比+10.93)
ナスダック 7,077.92(前日比+12.38)
英FT100 7,695.88(前日比+24.77)
独DAX 13,167.89(前日比+189.68)
日経225先物(円建て) 23,635.00(前日比+225)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って史上最高値を更新。アジアや欧州の株式相場が堅調推移となったことに加えて、ADP雇用統計(12月)が市場予想を上回ったことで景気拡大期待が高まり、米国株式相場も買い優勢で取引をスタート。NYダウは寄付きから程なくして節目となる25000ドルを突破した。不動産や公益セクターは軟調推移となったものの、金利が上昇していたことから金融セクターが物色されたほか、金や銅先物価格の上昇を受けて素材セクターがしっかりとなり、全体相場を押し上げた。主要3指数は寄り付き後も買いの勢いを維持し、NYダウの上昇幅は一時180ドル余りに。買い一巡後は高値警戒感からやや売りに押されたものの、午後にかけては再び高値圏でしっかりの推移となり、最終的にNYダウは25000ドル台を維持して取引を終了。バイオ関連銘柄が売りに押されたためナスダック指数は伸び悩んだものの、小幅ながらこちらも高値更新。

20180105am

<日本株動向>
本日の日本株相場は、良好な外部環境や強気に傾いた投資家心理が支えとなり、強い動きとなりそうだ。場合によっては、節目の24,000円を捉える位置まで株高が進行する可能性があるだろう。

昨日の日経平均は26年ぶりの高値を更新し、上げ幅は741円(前日比+3.3%)と大発会の上げ幅としては96年以来22年ぶりとなった。過去10年間を遡ってみると、大発会に日経平均が2%以上の上昇率となったのは、2009年、2013年、2017年の3回あるが、いずれも年間上昇率は2桁となった。市場では急激な上昇に対する反動売りも警戒されているが、今はまだ強い動きが続くだろう。ブル・ドッグ・イヤー(強気の戌年)に期待したい。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:10コメント(0) 

2018年01月04日

1/3
NYダウ 24,922.68(前日比+98.67)
S&P500 2,713.06(前日比+17.25)
ナスダック 7,065.53(前日比+58.63)
英FT100 7,671.11(前日比+23.01)
独DAX 12,978.21(前日比+106.82)
日経225先物(円建て) 23,160.00(前日比+410)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って史上最高値を更新。税制改革への期待を背景に、買い優勢でスタート。エネルギーやテクノロジー、ヘルスケアを筆頭に幅広いセクターに買いが入った。10時発表のISM製造業景況指数(12月)や建設支出(11月)が市場予想を上回ったことも株式市場の追い風に。一方、通信や公益などのディフェンシブセクターは軟調推移に。午後にかけても、テクノロジーやヘルスケアセクターが上値を追う流れとなりS&P500指数やナスダック指数は上げ幅を拡大。NYダウは製品に欠陥があると報じられたインテルが大幅下落したことでやや上値が重い。しかし、終盤で同社株に押し目買いが入ったことで、NYダウも再度上昇。最終的に、主要3指数は揃って史上最高値を更新。S&P500指数は終値ベースで初めて2,700の大台を上回った。

20180104am

<日本株動向>
大発会の日本株相場は、年末年始中の海外株高を追い風に好スタートを切りそうだ。昨晩発表された米12月ISM製造業景況指数が市場予想を上回ったことなどを受けて、CME日経平均先物は昨晩から騰勢を一気に強め、一時23,200円台に乗せて帰ってきている。ここ数年の年始相場はボラティリティが高まる傾向が見られているが、今年は「良い意味」でのギャップアップスタートとなろう。なお、今週は週末の雇用統計など米経済指標のほか、イランでの反政府デモの拡大によって上昇基調が強まる原油価格の動向を引き続き注視したい。

日本企業は今期(18/3期)に続き、来期(19/3期)も増益を確保するとみられる。日本企業は来期も5~10%程度の増益となる可能性は十分にあろう。日経平均の今期ベースの予想EPSは約1,500円、来期は7%増益と仮定すれば約1,600円まで切り上がる。これを基にすれば日経平均はPER15倍で約24,000円、PER16倍で約25,600円となる。企業の実力からすれば、日経平均は25,000円台が妥当といえよう。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:24コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter