今日の相場

2018年01月18日

1/17
NYダウ 26,115.65(前日比+322.79)
S&P500 2,802.56(前日比+26.14)
ナスダック 7,298.28(前日比+74.59)
英FT100 7,725.43(前日比-30.50)
独DAX 13,183.96(前日比-62.37)
日経225先物(円建て) 24,060.00(前日比+240)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って大きく反発し、史上最高値を更新。NYダウは終値ベースで初めて26,000ドル台を維持して取引を終了した。寄り前に発表された鉱工業生産(12月)が市場予想を上回ったほか、前日の下落の反動もあり、朝方は買いが優勢。オランダの半導体製造装置メーカーASMLの決算発表が好感され、半導体関連セクターが堅調推移となるなど、テクノロジーセクターが物色された。一方、トレーディング収入が低調だったゴールドマン・サックスが下落し、NYダウの上値を抑える場面もみられた。ただ、米国企業に対する決算期待に加え、米政府機関の閉鎖懸念がやや和らぎ、その後の主要3指数はじり高の展開。さらに、アップルが還流資金を国内の投資や雇用創出に活用すると発表し騰勢を強めたほか、ボーイングやIBMといった値嵩株が買われNYダウの上げ幅は300ドルを超えた。引けにかけても上値追いの動きが続き、主要3指数は本日の高値圏で取引を終了した。

20180118am

<日本株動向>
本日の日本株相場は、米国株高やドル高・円安進行を背景に日経平均は1991年11月以来の24,000円台にのせて取引を開始しよう。23,000円の節目達成からわずか10営業日で次の節目を超えることで、日本株の「持たざるリスク」が意識されるとみられ、終日堅調な展開を想定する。足元で日経平均の予想EPSは1,523円となっているが、仮に来期5%程度の増益にとどまっても、約1,600円までの上昇余地がある。リスクオン相場でPER17倍近辺まで買われれば、27,000円台が視野に入るシナリオは十分想定できる。まず第一段階として、来週以降本格化する決算発表への期待を織り込む展開が続きそうだ。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:11コメント(0) 

2018年01月17日

1/16
NYダウ 25,792.86(前日比-10.33)
S&P500 2,776.42(前日比-9.82)
ナスダック 7,223.69(前日比-37.38)
英FT100 7,755.93(前日比-13.21)
独DAX 13,246.33(前日比+45.82)
日経225先物(円建て) 23,735.00(前日比-215.00)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って反落。取引開始直後に、NYダウは一時26,000ドルの大台を初めて突破。8時半頃に発表されたNY連銀製造業景況指数(1月)は市場予想を下回ったものの、10-12月期企業決算への期待が高まるなか、朝方の米国株は買い優勢でスタート。金融やテクノロジー、不動産など幅広いセクターに買いが入った。ただ、午後にかけて全体相場はジリジリと上げ幅を縮小。その後も、原油価格の下落を背景にエネルギーセクターが下げ幅を拡大したほか、一般消費財などの足元で上昇が目立っていたセクターが下落に転じ、主要3指数はマイナス圏へ突入。主要3指数は揃って下落して取引を終えた。

20180117am

<日本株動向>
本日の日本株相場は、休場明けの米国株下落が重しとなり軟調な展開となりそうだ。米国株の上昇を先取りして昨日の日経平均は200円超の上昇となったが、やや「梯子を外される」格好となった。ドル安円高の流れに大きな変化も見られず、ひとまず利益確定売りが先行しよう。

一方、連日で指数以上に電機や機械などの主力株が強含んでいる点は見逃せない。昨日もファナックやキーエンスが大幅高となったほか、ファストリを含めた値嵩株の上昇が顕著であった。新年入りに伴う中長期資金の流入とみられる様な動きであり、これらの主力株には素直に追随したい。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:12コメント(0) 

2018年01月16日

1/15
NYダウ CLOSED
S&P500 CLOSED
ナスダック CLOSED
英FT100 7769.14(前日比-9.50)
独DAX 13200.51(前日比-44.52)
日経225先物(円建て) CLOSED

20180116am

<日本株動向>
本日の日本株相場は為替相場を睨みながら、23,700円を挟んだもみあいとなりそうだ。米国休場で欧州も小動きと手掛かり材料は少ない。ドル円が1ドル110円台半ばで推移しており、指数の上値を押さえそうだが押し目買い意欲も強く、底堅い展開となろう。

物色では人材サービス関連に注目。昨年まで堅調に推移していた人材関連は年初の相場上昇時に、逆に利益確定売りで下げたが、先週後半から再び買い直されて いる。昨日はディップ、UTグループ、エンジャパンが上場来高値を更新したほか、好決算を受けたパソナや、リクルートHDが6営業日ぶりに反発しており、 大手の人材関連も注目できよう。

そのほかでは年明け以降、FA関連が強い。昨年11月以降は調整含みで推移していた銘柄が多 く、年末までに過熱感は解消している。昨日の工作機械受注でも良好な環境が確認され、2018年も有力テーマとして注目できよう。ナブテスコやファナッ ク、オムロンなどが高値を更新しており、来週23日の安川電の決算に向けて市場の期待は高まりそうだ。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:16コメント(0) 

2018年01月15日

1/12
NYダウ 25,803.19(前日比+228.46)
S&P500 2,786.24(前日比+18.68)
ナスダック 7,261.06(前日比+49.29)
英FT100 7,778.64(前日比+15.7)
独DAX 13,245.03(前日比+42.13)
日経225先物(円建て) 23,820.00(前日比+180)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って続伸し、史上最高値を更新した。8時半頃発表された小売売上高(12月)が市場予想を下回ったことで、NYダウ先物は一時下落。ただ2018011210-12月期企業決算への期待が高まるなか、米国株式市場は朝方から買い優勢でオープンした。全米小売業協会(NRF)が2017年の年末商戦が事前予20180112想を大幅に上回る好調ぶりだったことを発表し、一般消費財セクターが高い。その他にもエネルギーやヘルスケアなど幅広いセクターに買いが向かった。一方、20180112金利高を受けて、高配当銘柄が多い不動産や公益セクターは下落。その後も、テクノロジーセクターが買われるなどして、全体相場は上げ幅を拡大した。中盤は20180112特段の材料がないなか、高値圏で狭いレンジ推移となった。3連休(15日がキング牧師誕生日)を前に終盤にかけても小動きとなり、最終的に主要3指数は20180112揃って史上最高値を更新して取引を終了した。

20180115am

<日本株動向>
今週の日経平均は、ドル円相場の動向には注意が必要だが、24,000円に向けた値固めの展開を想定。週末のドル円相場は昨年11月27日以来となる1ド20180112ル=110円台を一時付けるなど、引き続き円高に振れている。ドイツで二大政党が大連立協議入りで合意したことやタカ派的なECB議事録が引き続き材料視20180112され、ユーロ高→ドル安→円高となった。

もっとも、大発会から3営業日での上昇幅が1,100円弱に対し、1ドル=111円台となった10日以降の下落幅20180112は200円弱にとどまっている。12月調査の日銀短観における大企業・製造業の17年度下期の想定為替レートは1ドル=109円66銭であり、現状の水準20180112では業績悪化への懸念は小さいだろう。

本日の日本株は、週末の米主要3指数がそろって最高値を更新したことを受け、買い優勢での取引開始を想定する。ただ、今晩の米国市場が休場であり、徐々に方向感に欠ける動きが強まろう。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:14コメント(0) 

2018年01月12日

1/11
NYダウ 25,574.73(前日比+205.6)
S&P500 2,767.56(前日比+19.33)
ナスダック 7,211.78(前日比+58.21)
英FT100 7,762.94(前日比+14.43)
独DAX 13,202.90(前日比-78.44)
日経225先物(円建て) 23,785.00(前日比+135)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って反発し、史上最高値を更新。8時半発表の生産者物価指数(12月)は市場予想を下回ったものの、市場の反応は限定的。原油価格が2014年以来の水準に上昇するなか、エネルギーセクター中心に買いが入り、米国株は朝方から買い優勢。航空株を中心に資本財セクターも上昇した。午後にかけても、エネルギーや資本財が上値追いの展開となったことで、全体相場は上げ幅を拡大。さらに、ドル安を背景にコモディティ価格が上昇し、素材セクターも確りとなった。取引終盤は、明日の大手行の業績発表を皮切りに本格化する決算シーズンを前に期待感から上昇。最終的に、主要3指数は揃って史上最高値を更新。

20180112am

<日本株動向>
NYダウが200ドルを超える上昇となったことや、原油価格が上昇したことなどを好感し、本日の日本株相場は買い優勢でスタートしそうだ。昨日好決算を発表したFリテイ株の上昇も指数を支えよう。その後は、今晩発表される予定の米経済指標を見極めたい投資家が多いことから、次第に様子見ムードが強まろう。

もっとも、東証1部の新高値銘柄数が高水準で推移するなど個別銘柄への物色意欲は旺盛である。一巡した主要小売企業の決算で良好な内容が多い点も投資家心理の支えとなろう。引き続き「意外と底堅い」相場は続くとみられ、好業績銘柄や、賑わいを見せるテーマ株の動向に注目したい。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:05コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter