岡三ネットトレーダー 企業分析ナビ

2010年05月25日

今回は「企業分析ナビ」の最初の画面と銘柄分析の仕方を解説していきます。
まず、最初の起動画面です。

navi1

(1)から(8)までを順番に説明していきます。
 

(1)は選択した銘柄のチャートが表示されています。チャートは週足で3年分です。
navi2

チャート、株価の基本的なデータ以外では、現状の「レーティング」、「直近目標株価」(グラフの赤い横線)、TOPIXβ値が表示されています。「レーティング」はこれまで解説してきましたが、この企業をフォローしているアナリストのレーティングの平均値です。この銘柄では「レーティング」は3.8であり、上位レベルのレーティング(やや強気に)です。「直近目標株価」は(4)表から3,641円であり現状の株価はこの水準近辺を下回っています。株価は、一旦目標株価に近づいた後、調整局面入りしています。

(2)はTOPIX、業界指数(ここでは電気機器)との相対指数の動きです。
navi3
 
この銘柄は52週(約1年間)、業界指数(電気機器)、TOPIX以上の上昇をしてきましたが、その後大幅に調整局面入りしており、現状は電気機器よりも大きく調整しています。ファンダメンタルズ面で問題が出ているかもしれませんので、調査が必要です。

(3)はニュースですので、直近までの状況を見ることができます。

(4)は何度もお見せしたロイターコンセンサスレーティングの集約表です。

navi4


現状の「レーティング」は2010年5月18日に、以前(4月28日)の「3.7」から「3.8」に変更されています。「レーティング」としては若干上がっています。一方、「目標株価」は5月14日の3,676円から直近は3,641円に修正されています。「レーティング」が上昇しているのに「目標株価」が下がっている本当の理由は分かりませんが、期間が微妙に異なることが影響しているかもしれません。
また、レーティングを予想している「アナリスト」は20名、「目標株価」を公表しているアナリストは14名、このうち一番高い「目標株価」は5,000円、一番低い「目標株価」は2,800円です。標準偏差は566.90円ですから、「目標株価」から考えると、3,074円~4,208円の間に入る確率は68%となります。

(5)は売上高、営業利益、経常利益、当期利益が予想(通常は2期予想)を含めて、見やすい棒グラフで表示されています。注目点は営業利益と経常利益の予想が拡大しているかどうかです。

(6)は企業概況会社概要です。参考になります。

(7)は株価とファンダメンタル分析指標、さらに部門別円グラフが表示されています。

(8)は同業企業のデータ一覧です。ここでは電気機器の全銘柄についてレーティング、目標株価を筆頭に各種データが株価ボードと同じ形式で表示されます。項目ごとに並び替えも自由自在です。さらに、CSV出力が可能ですので、EXCELに全データを取り込むことができます。そのまま分析で使うこともできますし、コード番号を株価ボードに一括登録すれば監視銘柄として利用することができます。もちろん、EXCELに取り込んでから選別して必要な銘柄(例えばレーティングが3以上とか、現値との乖離率が10%以上など)を登録してさらに検討することもできます。

この画面で投資する銘柄の業績や中期的な株価動向とアナリストの評価がチェックできます。



okasan_online at 14:00コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter