岡三ネットトレーダー 企業分析ナビ

2010年05月25日

今回は「企業分析ナビ」の最初の画面と銘柄分析の仕方を解説していきます。
まず、最初の起動画面です。

navi1

(1)から(8)までを順番に説明していきます。
 

(1)は選択した銘柄のチャートが表示されています。チャートは週足で3年分です。
navi2

チャート、株価の基本的なデータ以外では、現状の「レーティング」、「直近目標株価」(グラフの赤い横線)、TOPIXβ値が表示されています。「レーティング」はこれまで解説してきましたが、この企業をフォローしているアナリストのレーティングの平均値です。この銘柄では「レーティング」は3.8であり、上位レベルのレーティング(やや強気に)です。「直近目標株価」は(4)表から3,641円であり現状の株価はこの水準近辺を下回っています。株価は、一旦目標株価に近づいた後、調整局面入りしています。

(2)はTOPIX、業界指数(ここでは電気機器)との相対指数の動きです。
navi3
 
この銘柄は52週(約1年間)、業界指数(電気機器)、TOPIX以上の上昇をしてきましたが、その後大幅に調整局面入りしており、現状は電気機器よりも大きく調整しています。ファンダメンタルズ面で問題が出ているかもしれませんので、調査が必要です。

(3)はニュースですので、直近までの状況を見ることができます。

(4)は何度もお見せしたロイターコンセンサスレーティングの集約表です。

navi4


現状の「レーティング」は2010年5月18日に、以前(4月28日)の「3.7」から「3.8」に変更されています。「レーティング」としては若干上がっています。一方、「目標株価」は5月14日の3,676円から直近は3,641円に修正されています。「レーティング」が上昇しているのに「目標株価」が下がっている本当の理由は分かりませんが、期間が微妙に異なることが影響しているかもしれません。
また、レーティングを予想している「アナリスト」は20名、「目標株価」を公表しているアナリストは14名、このうち一番高い「目標株価」は5,000円、一番低い「目標株価」は2,800円です。標準偏差は566.90円ですから、「目標株価」から考えると、3,074円~4,208円の間に入る確率は68%となります。

(5)は売上高、営業利益、経常利益、当期利益が予想(通常は2期予想)を含めて、見やすい棒グラフで表示されています。注目点は営業利益と経常利益の予想が拡大しているかどうかです。

(6)は企業概況会社概要です。参考になります。

(7)は株価とファンダメンタル分析指標、さらに部門別円グラフが表示されています。

(8)は同業企業のデータ一覧です。ここでは電気機器の全銘柄についてレーティング、目標株価を筆頭に各種データが株価ボードと同じ形式で表示されます。項目ごとに並び替えも自由自在です。さらに、CSV出力が可能ですので、EXCELに全データを取り込むことができます。そのまま分析で使うこともできますし、コード番号を株価ボードに一括登録すれば監視銘柄として利用することができます。もちろん、EXCELに取り込んでから選別して必要な銘柄(例えばレーティングが3以上とか、現値との乖離率が10%以上など)を登録してさらに検討することもできます。

この画面で投資する銘柄の業績や中期的な株価動向とアナリストの評価がチェックできます。



okasan_online at 14:00コメント(0) 

2010年03月31日

今回、当社のHP上で公開している情報はレーティングの変更です。それでは何故この情報が重要なのでしょうか?
ロイター
naviグラフ

株価は現状のファンダメンタルズはもちろんですが、将来のファンダメンタルズにより強く反応すると言われています。アナリストは様々な情報から分析する会社の将来を予測し、これまでの株価の動きを勘案してレーティングを付けるのが普通です。

つまり、レーティングを変更させたということは、「将来のファンダメンタルズがこれまでの期待を上回っている(下回っている)」か「ファンダメンタルの変化以上に株価が大きく変化した」ことによって、レーティングを変更すると思われます。また、一人のアナリストの予想だけでは信憑性は少ないと思われますが、数人(大体5人以上)であれば、その企業の評価の信憑性は高いといえるでしょう。

従って、このレーティング変更は株価にとって影響力ある情報だといえるわけです。しかし、一般的にはこのレーティング変更が行われると即座に株価に織り込まれる場合が多く、個人投資家にとってはこのレーティング変更だけで、銘柄を選択するのは危険です。

それでは、このレーティング情報をどのよう投資に生かせば良いのでしょうか?結論的にはレーティング変更をきっかけとして、当社の「企業分析ナビ」とテクニカル分析を含めた株価を良くチェックして頂いて、適切なタイミングで投資をすることをお勧めします。

「じゃあ適切なタイミングっていった何なの?」との意見があるかと思います。当然です。

しかし、その答えは一つではありません。ただ、当社の「岡三ネットトレーダー」にはこの投資タイミングを考える上で有用な情報を見ることができる様になっています。「岡三ネットトレーダー」を解説することによって、今後その答えを導き出せるプロセスを順次ご紹介したいと考えています。


okasan_online at 19:00コメント(0) 

2010年03月29日

この度、情報提供先のトムソン・ロイター社のご好意により、当社の「企業分析ナビ」で見ることができる「ロイターコンセンサスレーティング」の前日変化した銘柄をピックアップし、投資家の皆様にお届けすることができることになりました。毎日、レーティング変更銘柄として下記サイトで公開しています。
ロイター
この「企業分析ナビ」はオンライン証券として国内で初めて当社が個人投資家向けに提供している、とっておきの情報です。さらに、データの有用性はもちろんのこと、ビジュアル性(見やすさ)でも非常に高い評価をいただいています。そこで今回、より投資家の皆様方に「ロイターコンセンサスレーティング」の良さを知っていただくために敢えて有料の情報を公開しています。

もちろん、限定公開ですので、公開されている情報は毎日の変更銘柄の中からレーティング前回差の上位10銘柄(変更銘柄が10銘柄より少ない場合は全て)です。このうち、上位5銘柄はコード、企業名、レーティング前回差、アナリスト数(フォローしているアナリストの数)まで公開、下位5銘柄はコード、銘柄名のみの公開となっています。
以下は「岡三ネットトレーダープレミアム」で見ることができる「企業分析ナビ」の表示画面の一部です。基本画面は4つほどありますので、内容と使い方について今後解説していこうと考えています。

<企業分析ナビ>表示サンプル
分析ナビ

あたりまえのことですが、株価はファンダメンタルズだけで決まるものではありません。投資家の方はファンダメンタル分析、チャート分析などを駆使してトレードをなさっているものと推測します。このファンダメンタルズ分析のなかでは専門のアナリストの意見は非常に重要だと言われています。因みに、出筆者である私はアナリストとファンドマネージャーの経験があるのですが、アナリスト時代は自分で分析してレーティングを付与していました。また、ファンドマネージャーの時代では、このアナリストレーティングを大いに活用させていただいた経験があります。活用というよりも、個別銘柄投資を行うファンドマネージャーにはアナリストレーティングは必要不可欠でありました。アナリストのレーティングで株価が動くことはもちろんですが、ファンドで中長期投資を行う場合に個別企業のアナリスト評価と自分の評価を融合させて、本当に投資すべき企業を選別することがファンドマネージャーに課せられた仕事だからです。投資家の皆様もこの「企業分析ナビ」を大いに活用されて、真に投資するべき企業を発見してください。



okasan_online at 17:00コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
プロフィール
石黒 洋一(いしぐろ よういち)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部 次長

石黒洋一

【経歴】
1993年早稲田大学社会科学部卒業後、城南信用金庫、もしもしホットライン(現リライアコミュニケーション)を経て、2006年に岡三オンライン証券入社。

売買データや株価データ等を活用し、個人投資家の投資動向を絡めた独自の投資情報を発信。
twitter