岡三ネットトレーダー 総合・導入

2010年11月01日


今回、「岡三ネットトレーダーWEB」の利用料金無料化を来年1月まで延長させていただきました。
「岡三ネットトレーダーWEB」は特に、これまで当社のWEB注文をされていた方に使っていただきたいWebアプリケーションです。これまでのWeb注文では非常に限られた使い方や情報しかなかったのですが、この「岡三ネットトレーダーWEB」では情報量と使いやすさが格段に上昇するはずです。ぜひ、「岡三ネットトレーダーWEB」を体験してみてください。

ONTWEB

最も簡単な使い方は、各メニューに対して右側の三角印を押せば、右側に「板情報」と「クォート」と「注文」が出てきます。
左のメニューで選択した情報(取引、株価ボード、マーケット、ランキング、チャート、企業分析)で個別銘柄が表示されている情報をクリックすると瞬時に板情報とクォート、注文にデータが入力されます。

銘柄コード番号を入力することなく、クリックするだけで瞬時に情報が取得でき、そのまま注文ができる点が非常に優れていると思います。ぜひ、ご活用ください。

NetWeb-1

また、中長期投資で重要なファンダメンタルズ分析には「岡三ネットトレーダープレミアム」でのみ提供される「企業分析ナビ」を「岡三ネットトレーダーWEB」では現在無料で閲覧可能です。この情報も非常に有効性があると思います。特に、中間決算発表後、アナリストのレーティングが注目されるシーズンに入ってきます。「岡三ネットトレーダーWEB」の「企業分析ナビ」が有効性を発揮できる期間がやってきます。

NetWeb-2



okasan_online at 20:48コメント(0) 

2010年10月13日

岡三ネットトレーダープレミアム、スタンダード、WEBではリアルタイムのランキングを表示することができます。リアルタイムランキングはデイトレードで監視銘柄をピックアップする場合に効果を発揮する情報です。特に、岡三ネットトレーダーでは非常に多彩なランキングを市場(部)ごと、業種ごとに選択して表示することができるので便利です。

ランキングの大きな項目としては、価格、乖離率、急騰・急落(株価)、出来高急増、出来高、金額、テクニカル、信用、ファンダメンタルズとなっており、他には無いランキングも表示できます。通常のランキングでは価格の値上がり幅、値上がり率や出来高、売買代金など、毎日それほど変わらないランキングしか出すことができないツールもあると思います。

ranking-a

岡三ネットトレーダーでは、急騰・急落(株価)のランキングがデイトレードには重宝すると思います。この急騰・急落(株価)のランキングは1,3,5,10,20,30,60分(WEBの場合は5,30,60分)で株価が急騰・急落した銘柄のランキングを表示します。更新ボタンを押すことによってリアルタイムでランキングを表示することが可能なうえ、毎分更新も選択することが可能です。

例えば、急騰急落(5分前)で、日経平均を選択するとそのときの日経平均採用銘柄の株価急騰銘柄のランキングが表示されます。同時にチャートを出しておけば、ランキング各銘柄の分足チャートを確認できます。低位株で1Tickによる影響が大きい銘柄を省いたり、直近の動きをチェックして監視銘柄に加えることができると思います。そのときのランキングを残しておきたい場合はCSV出力でエディタやEXCELに保存したり、その後株価ボードに登録することもできます。

このほかには、出来高急増やテクニカルなどは岡三ネットトレーダーのランキングで特徴のあるランキングメニューとなっています。さらに、表示されたランキング50銘柄はこの銘柄群のなかで自由に並べ替えをすることができます。例えば、株価急騰(30分前)-東証1部-全業種で表示された50銘柄を出来高の多い順や、株価の高い順など表示項目ごとに昇順、降順でソートすることも可能です。急騰銘柄のなかで、株価が高い順にソートすれば低位株で1Tickによる影響が大きい銘柄(投資にはあまり適さない)を排除することも可能です。表示項目には売約定数、買約定数も出すことができるので、以前解説した簡易強度分析をすることもできます。

次の日の監視銘柄を選定する場合にこのランキング情報がうまく使えるかどうかで、その日のパフォーマンスが変わってくるかもしれません。うまくご利用ください。


okasan_online at 19:30コメント(0) 

2010年08月12日

今週からサービス開始となった「岡三ネットトレーダーWEB」、すでに体験していただいているでしょうか?この「岡三ネットトレーダーWEB」はこれまでご紹介してきたインストール版「岡三ネットトレーダー」シリーズに対して、Webブラウザ上で動く画期的なトレーディングツールとなっています。
「岡三ネットトレーダーWEB」の紹介、下記の特設サイトやその中の「金融ライター兼投資家が語る「岡三オンラインWEB」試用体験レポート」にゆずるとして、「岡三ネットトレーダーWEB」と「岡三ネットトレーダー」シリーズの連携機能について解説しておきたいと思います。

ONTWEB

といっても、「岡三ネットトレーダーWEB」は「岡三ネットトレーダー」シリーズの一つという位置づけですので、実は「株価ボード」の登録シートと銘柄は全シリーズ共通となっています。従って、「岡三ネットトレーダープレミアム」でシートを登録すれば「岡三ネットトレーダーWEB」でも反映されることになるわけです。

ONTWEB-1

「岡三ネットトレーダーWEB」の銘柄登録はさすがにWebアプリということもあり、銘柄コードを一つずつ登録する必要があります。「株価ボード」に銘柄を登録することは「岡三ネットトレーダー」シリーズをうまく使ううえで非常に重要です。つまり、「株価ボード」への登録の仕方はこれまで何度か説明してきましたが、やはり「岡三ネットトレーダー」のプレミアム、スタンダード、ライトを使った方が便利です。特に、プレミアムはランキングはもちろん決算情報などさまざまな情報があるので、「株価ボード」に簡単に登録できます。また、コード登録を便利にするだけならライトでも十分ですので、ご自分の環境に応じて使い分けていただけると良いと思います。

また、プレミアム、スタンダード、ライトに加えて「岡三ネットトレーダーWEB」も同時起動することが可能です。Web環境しかない場合は「岡三ネットトレーダーWEB」が便利ですが、プレミアムが動く通常の取引環境下でも「岡三ネットトレーダーWEB」をお使いいただくメリットがあると思います。因みに、現在は分足を5日分(将来的には10日分になる予定)みることができるので、「岡三ネットトレーダー」シリーズの3日分よりはより長い期間を閲覧できます。

ONTWEB-2

okasan_online at 18:58コメント(0) 

2010年08月07日

ついに岡三ネットトレーダーWEBが登場しました。

当社に口座をお持ちの方は今すぐにご体感できます。

ONTWEB
 

okasan_online at 08:40コメント(0) 

2010年08月04日

岡三ネットトレーダープレミアムでは各種情報のティッカー表示が可能です。メニューとしてはウィンドウ(W)をクリックすると以下のようにウィンドウとツールバーがあらわれます。

window1

ツールバーで□をチェックすればさまざまなツールバーが表示されます。表示可能な情報は、指数ティッカー、ニュースティカー、為替ティッカー、マーケットステータス、コマンドバー、時計、騰落の7つです。

window2

指数ティッカー、ニュースティッカー、為替ティッカーはそれぞれの情報が自動的に動くティッカー表示されます。もちろん、位置や長さ、速度などもかなり自由に変更することが可能です。
マーケットステータスは取引可能な市場かどうかの確認ができ、時計は現在時刻表示はもちろん相場の寄付や引けの時間にアラームを鳴らす(初期設定は10分前)ということも可能となっています。

window4

騰落は選択した市場の騰落データとなります。数字の左から総銘柄数、上昇銘柄数、変わらずの銘柄数、下落銘柄数、値付かずの銘柄数です。上昇銘柄数が赤、下落銘柄数が緑の中で表示されます。

window5

この中でも便利なのがコマンドバーです。

window3

株価ボードや分析チャート、分析ナビなどの情報をワンクリックで表示することができます。株価ボードの銘柄などから右クリックでもかなりの情報が選択できますが、直接に情報画面にアクセスできる点は便利です。特に、岡三ネットトレーダープレミアムに慣れていない方はこの方法で情報画面を探すことができることを知っているだけで時間の節約になるかもしれません。
また、普通は株価ボードとランキングを選択すると一画面に一つの情報が」表示され、上のタブによって選択するようになっています。これが上下や左右などに分割して表示することができます。一つの画面でチェックすることが可能となります。

window6

以前、「カスタム画面を作る」で画面設定の仕方を解説しましたが、今回のウィンドウ(W)を含めると、岡三ネットトレーダープレミアムはかなり自由に情報表示画面を作ることが可能ですので、投資家自身に合った画面設定をお探しください。

okasan_online at 20:12コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
プロフィール
石黒 洋一(いしぐろ よういち)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部 次長

石黒洋一

【経歴】
1993年早稲田大学社会科学部卒業後、城南信用金庫、もしもしホットライン(現リライアコミュニケーション)を経て、2006年に岡三オンライン証券入社。

売買データや株価データ等を活用し、個人投資家の投資動向を絡めた独自の投資情報を発信。
twitter