投資情報-総合

2010年11月09日

まず、事実には価値が無いとの前提で考えてみましょう。マーケットは事実にもとづいて動いているのでは無いと思われます。実際、好材料の結果を受けてマーケットが下落するのを何度も見たことがあります。つまり、マーケットは予想をベースにして動くものであり、事実は過去の遺物でしかないとの見方も多くあります。事実ではマーケットは動くことは非常に少ないと思います。根本的には人間の思惑がマーケットを動かしていると考えた方が良いと思われます。

ことわざに「うわさで買い、事実で売れ」というのもがあります。事実が出たときは、すべてが万人に分かっているのですから、事実で買って、うわさで怖くなって売っていてはマーケットで勝つことは非常に難しいことだと思います。

それでは本当に事実に価値が無いかというと、私はその逆ではないかと思います。

チャートに予想はあるでしょうか?チャートの価値はこれまで辿ってきた株価の動きだと思います。チャートが表示しているのは過去であり、事実だけなのです。テクニカル分析で現在株価の水準やトレンドの向きなどを見ることはできますが、これらも過去からの延長線上にあるだけですので、うわさ=予想では無いのです。

トレーダーが唯一マーケット参加者のなかで公平に取得できる情報は過去の株価の動きです。うわさ=予想はマーケット参加者全員が同時に公平に取得できる情報ではありません。従って、如何にして過去の株価情報をきっかけとしてエントリーし、エグジットするかが重要であり、結果として過去の株価=事実には価値があるとも言えるのではないでしょうか。チャートは事実=過去の株価の動きであるのですが、事実を認識することから将来を見通すしかないのだと思います。

「うわさ買い、事実で売れ」はできれば良いと思いますが、本当は「事実を良く見て、事実を分析し、事実で売れ」が正解なのかもしれません。特に、将来=予想は確率で考えることが必要であり、うわさで買うのではなく、確率が高いと分析できたときに瞬時に判断して買い、ロスカットとプロフィットの設定をして、結果にこだわらないことが重要だと思います。

okasan_online at 22:07コメント(0) 

2010年11月08日

「マーケットを確率で考えるトレードシステムの確立」が重要です。さらに、マーケットを確率で考えるということは負けを認めるということでもあります。負けを認めるということは多くの損失を経験し、そしてその負けトレードから学ぶ必要があるということです。

マーケットで勝つためには損失を少なくする必要があるのですが、実は勝率を上げることが最善の策ではないことに注意が必要です。負けトレードが多くてもトータルで利益が出ているのなら、そのトレードシステムは評価すべきトレードシステムとなります。もちろん、この利益が継続的に出ることが重要な要素ですが、負けトレードを分析することによって、勝ちトレードを増加させ、1トレード当たりの利益を拡大させることができるかもしれません。負けを少なくする唯一の方法は、負けをたくさん経験し、負けを分析することによって、負けトレードの確率を減少させる以外にないような気がします。

つまり、負けトレードの中にはどこかに成功のヒントが隠されているような気がするのです。トレーダーなら負けトレードはいやでしょう。負けトレードを少しでも早く忘れてしまいたいと思うのではないでしょうか。しかし、負けトレードを忘れようとする行為は現実から逃避しているだけのことです。
負けトレードはトレーダーが避けることができないものの一部です。つまり、負けから逃れることではなく、負けを管理することが非常に重要なことだと気づくべきです。

負けトレードを管理するために、負けトレードを詳細に分析する習慣をつけましょう。勝ちトレードは運が良かっただけだと考え、負けトレードをどのようにしたら、管理・コントロールできるのかに神経を集中すべきだと思います。

確率的に負けることは負けではなくコストです。負けた要因が、自分のトレードシステムを守れなかったり、感情に左右されてトレードをしたためである場合など、負ける必要がないトレードで負けていないかということを精査することが非常に重要です。負けトレードを管理することにとって、投資家のトレードは確実にレベルアップしているはずだと思います。

okasan_online at 20:00コメント(0) 

2010年11月02日

実はこの二つはトレードに非常に重要なことばです。しかし、近年「確率」と「確立」の誤用が非常に増えているそうです。よくある同音異義語ですが、「確」の字が共通なこともあり、パッと見では非常に気付きづらいようです。

「確率を確立としてしまう表記ミスは日本語入力におけるポピュラーな誤変換としての地位を確立しており、実際に確率が確立と誤変換されている確率も高い」といった文章がネット上にありましたが、「確率」はある事象の起こる可能性の度合であり、「確立」は制度・組織・思想などをしっかりと打ち立てること。また、しっかりと定めること、となっています。

トレードにおいては、相場には確実なことはなく、基本的に確率で考える必要があるのです。そして、マーケットには確実なことはないことを心の底から認識し、確率でマーケットに対峙しなければなりません。そのとき重要なポイントは確率を中心としたトレードシステムを確立することです。

トレーダーは負けない確実な方法を確立するために多くの知識や技術を身につける努力をしている場合があります。しかし、マーケットに確実を求め、すべてのトレードで勝とうとすることは、非常に無駄な努力であり、すべての時間を犠牲にしたとしても徒労に終わる可能性が高いと思います。

マーケットを確率で考えることができるようになれば、トレーダーは本当の意味でマーケットを理解し、負けを認めることができるのではないでしょうか。つまり、「マーケットを確率で考えるトレードシステムの確立」は真のトレーダーへの一番の近道だと思います。マーケットの確率とトレードシステムの確立を認識したうえで、必要な知識や技術を会得すれば本当のトレード力が身につく可能性が高いと思います。

マーケットを確率で考えるということは、いつ勝てるかどうか分からないということでもあります。優位性(エッジ)のある取引であることが前提ですが、そのうえで淡々と継続的にトレードする必要があるのではないでしょうか。

okasan_online at 20:33コメント(0) 

2010年10月29日

株式投資におけるトレードとは株式を売買することですが、もう少し詳しく定義すると、複数の参加者が価値あるものを交換する行為そのものと考えられます。利益を追求することが最も重要な目的となるのですが、目的が同じでも行動が同じとは限りません。

株式の購入者は将来的な値上がりを期待してトレードに参加していると考えられます。一方、株式の保有者はこの先これ以上の値上がりの可能性が少ないと考えて保有株を売却したかもしれません。

トレーダーの目的が利益の追求であることから全てのトレーダーは勝つという同じ目的を持っていることになるのですが、その株式に対する行動は「売り」と「買い」という正反対のものとなります。しかし、この二つの行動がなければトレードは成立しませんので、結果的に株価が付かないということになります。取引される株式の価格は買い手と売り手が合意したものと判断できますが、合意したといっても、その株式の将来的な価値に対する考えは正反対となる可能性があるのではないでしょうか。

マーケットに対する考え方に「効率的市場仮説」があります。これはマーケットは効率的であり、全ての市場参加者は自分の行動とその理由を理解してトレードをしているという考え方です。一方、マーケットの動きが基本的にランダムだという考え方もあります。どちらの考え方も、マーケットを理論的に理解・分析するための前提となる考え方だと思いますが、個々のトレーダーの心理的局面を考えなければ机上の空論になりかねないと思われます。

マーケットを予測するたためにさまざまな要因やその影響度を分析し、それによってマーケットの将来を見通そうという考え方が一般的です。アナリストやストラテジストの見通しはこの考え方に基づいてマーケットを予測していることになります。しかし、本当の意味で将来のマーケットも方向を予測したいと考えるならば、その動きの理由をあれこれと詮索するよりもそのときマーケットに参加しているトレーダーの心理的要因を考え、トレーダーがそのマーケットをどのようにみているかを読み取ることが必要なのかもしれません。マーケットに参加している個々のトレーダーの心理の集合体の結果として決まった株価を読み解くために重要な情報はやはり株価そのものであり、今現在の株価の動きをみることが最も重要なことだと思います。そのためには、株価の動きをリアルタイムで見ることができる情報ツールでチャートや板情報を参考にすることが最も重要ではないかと思われます。

岡三ネットトレーダーシリーズはリアルタイム株価をウォッチするうえで使いやすい情報ツールとなっています。特に、来年1月まで無料期間が延長された「岡三ネットトレーダーWEB」はWebブラウザでどこでも簡単に利用できる情報ツールです。ぜひ、ご利用ください。

「岡三ネットトレーダーWEB」


okasan_online at 23:55コメント(0) 

2010年10月28日

株式投資は結果です。儲かったら勝ち、損をしたら負けという単純な世界でもあります。株価自体はただの数字ですので買ったものが値上がりすれば儲けになり、値下がりすれば損になります。

もちろん、株式だけでなく、すべての現象にも結果があり、その結果によってさまざま、悲喜こもごものドラマが展開しているのかもしれません。

しかし、その結果をもたらした、ある決定が正しかったかどうかを知るにはその決定にともなう結果を考えるだけではなく、実際はその決定のプロセスを考える必要があると思います。結果は重要です。しかし、結果だけに気を取れられていると、その決定をしたときのプロセスがなおざりにされる可能性があります。その決定をしたときの状況やリスクがどのようであったのか、さらには決定したときの心理状態なども非常に重要な決定要素になっていたはずです。

例えば、アナリストがある銘柄を綿密に調査し、投資の結論として「買い」と判断したとしましょう。結果として、株価が上昇すれば投資判断は正しく、株価が下落すれば投資判断が間違っていたことになります。

しかし、アナリストの分析で見通すことができないさまざまな外部要因が存在することも考慮にいれる必要があるのです。マーケット全体の強気、弱気が個別銘柄の与える影響の大きさについてはどのトレーダーも認識しています。さらには予期せぬM&Aがあるかもしれませんし、全く分からないのですが、運もあるかもしれません。このような外的要因をすべて考慮して投資判断を行うことなどほぼ不可能に近いことなのかもしれません。

ただ、アナリストは分析した企業の将来性については、その企業の技術力やマネージメント力を分析することである程度は可能です。企業の長期的な株価がファンダメンタルズとリンクするとの過程ではアナリストの判断(レーティング)は有効だと思います。

温故知新、過去から学ぶことは非常に重要なことですが、実際には過去から学ぶことはだれでもできるうえに、トラップも多いことを認識する必要があります。結果だけをみて判断し、プロセスを軽視するのではなく、その結果に至ったプロセスを重視する必要があります。ましてや、結果がすべてである投資の世界では、結果を必要以上に重視しがちですので、その結果に至る判断をしたプロセスが間違っていなかったか、その判断をした時点で見通せたものと、見通せなかったものが何であったを考えて投資戦略を考える必要があると思います。

okasan_online at 21:20コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter