投資情報-総合

2014年07月24日

1.株主優待を権利落ち日の株価下落リスクを回避して
 手に入れる方法があります
2.信用取引で買った株を現物株として保有できます。
3.現物取引ではできない「同一資金での同一銘柄の回転
 売買」が可能となります。



 知らないと損する!? 信用取引の「本当のメリット」 


本当のメリット1
・株主優待権利確定のつなぎ売り

201402_2292
 
(株主優待の一例)
 
権利落ち日の株価の下落リスクを相殺できます。そろそろ売り時だと思っている株が、決算期をむかえ株主優待がもらえるといった場合に、「つなぎ売り」が利用できます。権利確定前に信用取引でとりあえず売却しておいて、権利落ち日に現物株を現渡しすれば、株価の下落リスクを回避しつつ、株主優待も手に入れることができます。


本当のメリット2
・「現引き」すれば、買建てした銘柄を現物株として保有することができます。

コストダウン
 
「現引き」とは、信用取引で買ったときの買値で、改めて資金を支払うことで、実際にその銘柄を現物株として入手することです。これをすれば、信用取引ではなく現物でその銘柄を持つことになり、以降、金利はかからず、期日も関係ありません。また、信用取引の手数料は現物取引より安いことから、結果的に取引コストが安くなる可能性もあります。


本当のメリット3
・現物取引ではできない「同一資金での同一銘柄の回転売買」が可能となります。

信用ぐるぐる

同一資金での同一銘柄の回転売買(1日のうちで、ある銘柄を買い、それを売ってできたお金(買付余力)で、再度同一銘柄を買うことは、現物取引では出来ませんが、信用取引なら1日に何度も繰り返すことができます。)市場が開いている間、決済損失で資金が無くなってしまわない限り、何度でも繰返し売買できます。




(ご注意)
信用取引はお客さまの保有資金に対して大きな利益が期待できると同時に、価格の変動が予測と異なった場合には、損失も大きくなるハイリスクハイリターンな商品です。従って、お取引ルールをよくお読みいただき、信用取引の仕組みを熟知し、お客さまご自身の判断と責任において取引をおこなってください。リスクをきちんと管理して、信用取引に臨めば、現物取引では実現できなかった新しい投資手法も可能となります。



okasan_online at 13:30コメント(0) 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
プロフィール
石黒 洋一(いしぐろ よういち)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部 次長

石黒洋一

【経歴】
1993年早稲田大学社会科学部卒業後、城南信用金庫、もしもしホットライン(現リライアコミュニケーション)を経て、2006年に岡三オンライン証券入社。

売買データや株価データ等を活用し、個人投資家の投資動向を絡めた独自の投資情報を発信。
twitter