1月5日【今日の相場】相場は簡単には崩れず、上値トライへ

2018年01月05日

1/4
NYダウ 25,075.13(前日比+152.45)
S&P500 2,723.99(前日比+10.93)
ナスダック 7,077.92(前日比+12.38)
英FT100 7,695.88(前日比+24.77)
独DAX 13,167.89(前日比+189.68)
日経225先物(円建て) 23,635.00(前日比+225)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って史上最高値を更新。アジアや欧州の株式相場が堅調推移となったことに加えて、ADP雇用統計(12月)が市場予想を上回ったことで景気拡大期待が高まり、米国株式相場も買い優勢で取引をスタート。NYダウは寄付きから程なくして節目となる25000ドルを突破した。不動産や公益セクターは軟調推移となったものの、金利が上昇していたことから金融セクターが物色されたほか、金や銅先物価格の上昇を受けて素材セクターがしっかりとなり、全体相場を押し上げた。主要3指数は寄り付き後も買いの勢いを維持し、NYダウの上昇幅は一時180ドル余りに。買い一巡後は高値警戒感からやや売りに押されたものの、午後にかけては再び高値圏でしっかりの推移となり、最終的にNYダウは25000ドル台を維持して取引を終了。バイオ関連銘柄が売りに押されたためナスダック指数は伸び悩んだものの、小幅ながらこちらも高値更新。

20180105am

<日本株動向>
本日の日本株相場は、良好な外部環境や強気に傾いた投資家心理が支えとなり、強い動きとなりそうだ。場合によっては、節目の24,000円を捉える位置まで株高が進行する可能性があるだろう。

昨日の日経平均は26年ぶりの高値を更新し、上げ幅は741円(前日比+3.3%)と大発会の上げ幅としては96年以来22年ぶりとなった。過去10年間を遡ってみると、大発会に日経平均が2%以上の上昇率となったのは、2009年、2013年、2017年の3回あるが、いずれも年間上昇率は2桁となった。市場では急激な上昇に対する反動売りも警戒されているが、今はまだ強い動きが続くだろう。ブル・ドッグ・イヤー(強気の戌年)に期待したい。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:10コメント(0) 
今日の相場 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter