8月13日【投資戦略】朝の安い局面は仕込み場と捉えたい。

2014年08月13日

<海外市場動向>
8/12
NYダウ 16,560.54  (前日比-9.44)
S&P500 1,933.75(前日比-3.17)
ナスダック 4,389.25(前日比-12.08)
英FT100 6,632.42(前日比-0.40)
独DAX 9,069.47(前日比-170.98)
日経225先物(円建) 15,115(大取比-35)
 

主要3指数は揃って下落。NY株式相場は下落して始まった。その後発表された求人件数(6月)が約13年ぶりの高水準となったことで利上げ時期が前倒しされるとの思惑も広がり、NY株式相場はマイナス圏で冴えない動きに。結局、S&P500は3営業日ぶりに反落となった。

<日本株動向と戦略>
20140813am
 欧米株の下落を背景に、本日の日本株相場は売り先行で始まりそうだ。本日は8時50分に4~6月期のGDP統計が発表される。予想を大幅に下回る悪化となれば、一時的に先物主導で下に振れる場面は想定しておきたい。ただ、午後発表の中国主要統計は概ね改善が見込まれており、強めの内容となれば、引けにかけて日本株が買われる展開も想定され、朝方に安い局面があれば仕込み場として捉えたい。

指数は方向感に欠けるが、昨日は新高値更新銘柄数が96と高水準となっており、物色意欲は旺盛といえよう。五輪、品川再開発、リニアなど材料豊富な建設株に加え、好業績のミネベア、カシオ、TPR、アルプス電、東製鉄なども賑わいをみせている。また、コロプラが全市場で売買代金トップ(1728億円)となった。ゲームで圧倒的に成功しているのは、ミクシイとコロプラの2社に絞られた形となっており、勝ち組2社に集中的に資金が向かう展開が続こう。当社情報ポータルサイト「投資情報局」(ログイン後)の最新の投資情報をあわせてご覧いただきたい。(青木)



okasan_online at 08:47コメント(0) 
今日の相場 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter