2014年3月28日【投資戦略】「利益確定売り優勢も14,500円維持か」

2014年03月28日

<海外市場動向>

3/27
NYダウ 16,264.23(前日比 -4.76)
S&P500 1,849.04(前日比 -3.52)
ナスダック 4,151.23(前日比 -22.35)
英FT100 6,588.32(前日比 -16.98)
独DAX 9,451.21(前日比 +2.63)
日経225先物(円建) 14,555(大証比 -85)

昨日のNYダウは続落。寄り付きは前日終値近辺で売り買い交錯の展開となった。その後、金融セクターに加えて、テクノロジーセクターの一角も軟調に推移したことなどから、引けにかけては上値の重い展開となった。

<日本株動向と戦略>

20140328am

昨日の日経平均株価は続伸。米株安や円高進行、さらに配当権利落ちに伴う特殊要因もあり、朝方は大幅に下落してスタートした。ただ、後場に入ると先物主導で急上昇し、一気に14,600円を回復し、そのまま高値圏で取引を終了した。昨日の東証1部売買代金は2兆4,748億円。
本日の日経平均株価は、昨日上昇の反動と米株安などを受け、利益確定売り優勢での取引となりそうだ。本日の焦点は利益確定売りをこなして、日経平均株価が14,500円を維持できるかどうかだろう。また、来週からは名実ともに新年度相場入りとなる。消費増税の影響が気になるが、株価にはすでに織り込み済みではないかと思われ、市場のムードが一変する可能性もありそうだ。
物色対象としては引き続き好業績・成長株となる可能性が強く、「投資情報局」(ログイン後)の最新投資情報をぜひ参考にされたい。(稲田)


okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter