2014年3月26日【投資戦略】「期末特有の好需給が相場を下支え」

2014年03月26日

<海外市場動向>

3/25
NYダウ 16,367.88(前日比 +91.19)
S&P500 1,865.62(前日比 +8.18)
ナスダック 4,234.27(前日比 +7.88)
英FT100 6,604.89(前日比 +84.50)
独DAX 9,338.40(前日比 +149.63)
日経225先物(円建) 14,355(大証比 +95)

昨日のNYダウは3営業日ぶりに反発。買い先行でスタート後、発表された経済指標が市場予想を下回ったことなどが上値の重しとなり、上げ幅を縮小する場面もみられた。ただ、テクノロジーセクターやバイオセクターが底堅い動きとなったことなどが投資家心理を支える要因となり、引けにかけてもプラス圏でしっかりの展開となった。

<日本株動向と戦略>
昨日の日経平均株価は小幅に反落。売り優勢でスタート後、買い戻しの流れから急速に下げ渋る展開となった。後場は一時プラス圏に浮上したものの、戻り売り圧力もあり、結局、52円安で取引を終了した。昨日の東証1部売買代金は2兆4,431億円。
本日の日経平均株価は、欧米高を好感し、買い先行でのスタートとなりそうだ。本日は権利付き最終売買日であり、配当取りや優待取りなどの動きが期待できるなど期末特有の好需給が相場を下支えする可能性が強そうだ。明日からは実質的に4月相場入りとなる。消費税の影響が気になるものの、再び上昇トレンド復帰の可能性もあり、好業績株中心に押し目買いで中期投資をすることがパフォーマンス上昇につながる可能性が強そうだ。「投資情報局」(ログイン後)の最新投資情報をぜひ参考にされたい。(稲田)


okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter