2014年3月18日【投資戦略】「市場不安がひとまず和らぐ」

2014年03月18日

<海外市場動向>

3/17
NYダウ 16,247.22(前日比 +181.55)
S&P500 1,858.83(前日比 +17.70)
ナスダック 4,279.95(前日比 +34.55)
英FT100 6,568.35(前日比 +40.46)
独DAX 9,180.89(前日比 +124.48)
日経225先物(円建) 14,420(大証比 +150)

昨日のNYダウは6営業日ぶりに反発。欧米とロシアの対立激化がひとまず避けられたとの見方から、買戻しの動きが強まった。寄り付きから大きく買われ、その後も終日高値圏での推移となった。NYダウは30の構成銘柄全てが上昇した。

<日本株動向と戦略>

20140318am

昨日の日経平均株価は4営業日続落。小安い水準でのスタート後は、値頃感からの買いとウクライナ問題を警戒した売りとが交錯し、一進一退の動きとなった。その後も方向感に欠ける展開が続き、結局49円安となった。昨日の東証1部売買代金は1兆8,681億円と再び2兆円割れ。
本日の日経平均株価は、ウクライナ情勢をめぐる市場の不安がひとまず和らいだことなどを好感し、14,400円台を回復してのスタートとなりそうだ。ただ、今晩にロシアのプーチン大統領の演説を控え、買い一巡後は伸び悩む可能性もありそうだ。投資戦略としては、好業績・成長株が基本であり、これらが選別されている岡三日本株セレクション銘柄に注目したい。
「投資情報局」(ログイン後)では「ITサービス関連銘柄に注目!~金融機関の情報システム投資やマイナンバー制が追い風に~」(岡三証券スポット情報)を公開しているので、ぜひ参考にされたい。(稲田)


okasan_online at 08:30コメント(0) 
今日の相場 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter