適正なリスクについて

2010年12月14日

株式投資をする場合は、ロスカットをするなど、リスクを管理することが重要です。一般的にリスクというと危険があることを指しますが、投資ではリスクというのは収益の源泉でもあるのです。

従って、株式投資をしているときに、心配が無いことはあり得ないのです。投資をしている場合に、もし心配なことが全く無いのなら、十分なリスクをとっていないのかもしれません。心配することは、当然のことであり、心配ができることは健康の証であるとの認識も必要かもしれません。

本来のポートフォリオ理論からすると、株式投資の王道は分散投資となります。もちろん、分散投資をすることとはリスク低減に最も効果があることに間違いないのですが、リスクを低減することは、リターンを低減することにもつながります。つまり、ポートフォリオを組むことは、リスクを減らすかわりにリターンも減らしてしまっているのです。現代ポートフォリオ理論では、投資家が許容できるリスクでは最大のリターンを、投資家が欲するリターンに対して最小のリスクを過去のデータから計算し、銘柄の選択とその投資比率を決めることになります。

ただ、リスクを最小化すればインデックスファンドに近づくことになるのですから、リスクに敏感になりすぎると、本来のリターンを得ることが出来なくなってしまうのです。
つまり、ポートフォリオを組む場合でも、適度なリスクを許容し、勝負するなら意味のある(優位性(エッジ))のある勝負にでる必要があると思います。

株式投資をする場合は、必要十分なリスクをとり、リスクとリターンのバランスを考慮する必要があると思います。リスク許容度は、自分のトレードシステムを構築する場合に最初に考慮すべき問題だと思いますが、自分にとって適度な心配をしなくてはいけないリスクがどの程度かを考えることが、リスク許容度を決める尺度になるのではないでしょうか。

okasan_online at 20:30コメント(0) 
投資情報-総合 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter