過剰流動性相場

2010年12月10日

最近の株式市場は過剰流流動性相場への期待が高まっているとの見方があります。この過剰流動性相場は金融相場、金余り相場ともいわれ、不景気の株高を説明するうえで最も良く使われている説明です。

一般的に景気が悪くなると政府(ここでは日銀も含む)は金利を下げるなどして市中にお金を増やすことによって景気回復を狙うことになります。そこで、お金の量が多くなると必要以上のお金は余剰資金となります。この余剰資金は市中の金利は安いので、ある程度リスクを取らなければいけないお金も増えてくるはずです。そこで、市中にリスクをある程度許容できるお金は、株式などのリスク金融資産に流れることになります。

このため、まだ景気は良くないのに株式が買われる不景気の株高という現象がおきることになるのです。このようにお金が株式市場に流れやすい環境にあること、さらにはそれによって株価が上昇する局面を金融相場とか過剰流動性相場というわけです。

今現状は、米国がこのような状況下にあり、NYダウが上昇していると考えられます。日本の場合はかなりの長期間にわたって低金利(実際はゼロ金利)ですので、それほど急激に金余りがおきているわけではないと思いますが、NYダウなどとの比較感からようやく日経平均株価で1万円まで戻ってきた状況です。

もし、今後も過剰流動性相場による上昇トレンドが続くとすると、何がおきるのでしょうか。実は、プロの運用担当者は、投資資金を寝かせておくわけにはいきません。どこかに投資しなければならないのです。ましてや、株価が上昇してくれば、さらにお金が集まってくることになり、さらに増加した運用資金を投資せざる負えない状況になるのです。

一般的に、過剰流動性相場の後は業績相場に移行するといわれています。つまり、過剰流動性相場ではマーケット自体が上昇するわけですから、個別銘柄の業績(不景気なので業績はあまり良くない場合が多い)を見るというよりは、主力株の循環物色的な動きが主体となります。また、ある業種やある銘柄が買われることによって、他の銘柄が相対的に割安となるため、全体的な底上げにもつながることになります。業績相場では、マーケットの指数自体はそれほど上昇しないかもしれませんが、個別銘柄で将来の業績を含めた上昇期待が銘柄選別の要因となるようです。

とにかく、過剰流動性相場となると、主力株主体に大きく上昇する局面が過去見られました。例えば、2005年に大きく上昇(私が個人投資家を始めたとき)したときも不動産株などが急上昇した記憶があります。今は、このような上昇相場へのスタート段階との認識もできるのではないでしょうか?

NK225-M


okasan_online at 20:53コメント(0) 
投資情報-総合 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter