投資期間をどう決めるのか

2010年12月09日

スポーツなどの勝負ごとには基本的に試合時間というルールがあります。つまり、試合時間という決められた時間枠で勝敗が決まるのです。試合時間外に何をしても、その勝敗には全く関係がありません。

一方、トレーダーの投資に試合時間というルールは外からは決められていません。もちろん、株式投資なら売買をする時間が決められているので、実際は市場が開いている時間しか取引はできませんが、最近は夕場や24時間取引可能な投資商品もでてきています。ただ、ここでいう試合時間とは、トレーダーがエントリーしてからエグジットするまでの時間のことを指します。もう少し具体的には、デイトレードなのか、スイングトレードなのか、中長期投資なのか、であり、デイトレードなら何があっても当日中にエントリーしてエグジットすることを意味します。

株式投資は利益を得るために行うのですから、本来保有期間を定めていない場合、損失を確定するのが嫌で先送りすることがよくあります。しかし、資金に余裕があればエグジットすべきときに、エグジットせずに保有してしまう場合があるのではないでしょうか。その後、買い値までの戻れば良いのですが、逆に損失が拡大してしまう可能性もあるのです。すべてに勝とうとしてルールを変えてしまうのは、お勧めできません。

トレードは非常に自由度があるため、自分でルールを決めた後、ルールを破ったとしても誰も文句はいいません。しかし、誰も文句をいわれないからといって何度もルールを変更していたら勝負の結果も分からなくなります。勝負は勝ったか負けたかも重要ですが、それ以上にどうして負けたのかを分析し、その後の勝負にその分析結果を生かすことがもっと重要なのです。

そうした意味では、負けたくないために、勝負の結果を出すことを延期すること、また途中からルールを変えてしまうことは、結局勝敗後の分析することができず、トレーダー自身の進歩もなくなってしまうことになります。
自由だからこそ、ルールが必要です。そして、ルールを作ったら必ず守りましょう。もともとデイトレードなどの短期戦略だったポジションを長期戦略に変えるトレーダーが非常に多いと聞きます。トレードという勝負には延長線は無いと肝に銘じておきたいものです。

okasan_online at 20:30コメント(0) 
投資情報-総合 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter