勝っている自分と負けている自分

2010年12月07日

トレードで利益が出る=勝つことはトレーダーにとってうれしいものです。ところで、あなたは、トレードを始めるとき、勝っている自分と負けている自分のどちらを想像しますか。実は、回答はどちらも想像しない、が正解なのですが、人間であれば何か行動を起こす場合に、期待しないことは非常に不自然です。

そこで、まず、勝っている自分を想像する場合ですが、このトレーダーはある意味危険であり、長く生き残ることは難しいかもしれません。勝っている自分を想像してトレードすることは、当れば気分が良くなるわけですから、気が大きくなる可能性があります。もっと儲けるためにはもっと賭ければ良い、といった考え方に変わっていくことになります。こうして、トレーダーはポジションサイズを大きくしていってしまうのです。もちろん、ポジションが大きければ勝ったときは大きく儲かります。常に勝っていれば、資産がどんどん増えていくことになるはずです。しかし、常に勝つことはあり得ないはずですので、一度の負けで一気に資産を失ってしまう可能性も大きくなるのです。大きく儲かるということは大きく損する可能性も同様にあるということなのです。

もし、早くお金持ちになりたいからトレードサイズを大きくしようと思っているのであれば、早くお金持ちになるよりももっと高い確率で、もっと速いスピードで貧乏になっていく可能性が高いのではないかと思われます。トレードサイズを大きくすることはリスクも大きくなります。そして、リスクが大きくなるということは、利益となる可能性はもちろん、損失の可能性も大きくなるということです。

また、負けている自分を想像する場合ですが、勝っている自分を想像する場合よりは、かなり良い考えだと思います。重要なことは、破産する可能性が非常に低くなることです。ただ、本当にトレードするべきときに、トレードに対して恐怖心を持つことになるかもしれないところはマイナスかもしれません。また、トレードサイズが小さすぎてはあまりトレードをしている意味がなくなる可能性もあります。

本当は、勝ちを期待せず、負けを恐れずに淡々とトレードをするのが一番だと思います。「マーケットを確率で理解して、トレードシステムを確立する」ことは勝ちも負けもどちらも想像しないトレーダーになるということだと思います。

okasan_online at 20:32コメント(0) 
投資情報-投資心理 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter