無欲の欲

2010年11月19日

以前、「無知の知」について書きましたが、今回は「無欲の欲」について考えてみたいと思います。株式投資をするということは、「儲けたい」、「勝ちたい」、「お金持ちになりたい」などの欲があると思います。

人間には必ず欲があります。食欲、金銭欲を始めとして人間はさまざまな欲があります。逆にいえば、これらの欲を満たすために、人間は生きているといっても過言でないかもしれません。

しかし、一般的にはこれらの欲が満たされることは少ないと思います。従って、ごく一部でも欲が叶ったときに、幸せを感じるのかもしれません。しかし、人間の欲には際限が無いと思われるので、ある欲が叶ったとしても、さらなる欲が出てくる可能性が強いと思います。

株式投資における欲も、なかなか叶わない可能性が高いと思います。なおかつ、欲を持った瞬間、損失が拡大することが多いような気がします。欲を持つことは悪いことではありませんが、欲を持ったために間違った相場観に従ってしまうリスクが大きくなるのではないでしょうか。本当は、出来る限り「無欲の欲」でマーケットと向き合う必要があるような気がします。

どれだけ勝っていても、欲に支配されているトレーダーは長続きするのが難しいと思われます。実際、大負けするトレーダーは欲に支配されていると思われます。本当は、「無欲の欲」、つまりは、勝っても負けても感情を出さずに淡々とトレードをすることが、トレーダーを続ける一つの条件だと思います。

okasan_online at 21:47コメント(0) 
投資情報-投資心理 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter