トレードのメリット

2010年11月17日

トレードする際の理由はなんでしょうか。結果として利益を得ることは非常に重要なことですが、利益を得た=儲かった場合の達成感、高揚感、勝利した場合の名誉などがあるのではないでしょうか。そして、これらの感情がマイナスの要因となって結果として損失が出る場合もあるといわれています。

しかし、トレードの本当の魅力はこれらの勝ち組的な感情ではないのです。本当はトレードには「制約が存在しないこと」が本当に素晴らしいことだと思います。もちろん、資金がなければ投資できない投資対象があるのは事実ですが、それは些細なことだと思います。

重要なことはトレード環境において全ての規則をつくるのは投資家自身であるということです。投資には「買い」と「売り」しかないのですが、何をいつ売買するかによってかなり多くのトレードが存在することになります。先物オプションなどのデリバティブを絡めるとほぼ無限のトレードが存在します。つまり、トレードが自己表現だとすれば、ほとんど制約や限界がないともいえます。

一般的には制約や限界がない=自由は素晴らしいことです。人間はこれまでの歴史のなかで自由を本能的に欲し、自由のために戦いまで起こしてきました。しかし、制約や限界がない環境は、未熟な人には大きなダメージをもたらす可能性もあるのです。ここで重要なポイントは知識ではなく、心理=心の問題だということです。

制約や限界がないということは、素晴らしいことであると同時に厳しいことでもあるのです。つまり、なんでも出来る状況では、一般の人は何をして良いのか分からなくなってしまうのです。トレードは自由です。トレーダーであれば、何をいつ売買しても、だれも文句はいいません。しかし、自由だからこそ、結果が伴わない場合は、自己嫌悪に陥ってしまいます。この状況を脱皮するには、かなり強い精神力が必要であり、この精神力を獲得することは非常に難しいといえます。

自分で精神力が弱いと考えている人は、追い詰めいられてから苦渋の選択をしないように最初からトレードシステムを確立しておけば、ある程度の対応が出来る可能性があります。トレードは、自由だからこそトレードを始める前にトレードシステム作り、トレーダー自らが守れる仕組みが必要だと思います。システムトレードもその解決策の一つかもしれません。

okasan_online at 21:13コメント(0) 
投資情報-投資心理 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter