言い訳を探し出すとき

2010年11月15日

トレーダーはマーケットとの関係から自分の恐怖心や心理的苦痛を自己形成する可能性があります。

まず、トレーダーにとって重要なことはチャンスをしっかり認識することであって、恐怖や苦痛を認識することではないと思います。つまり、チャンスに対する集中力を維持するためにも恐怖や苦痛の大元(おおもと)を理解する必要があると思います。

大事なことは、恐怖や苦痛の大元はマーケットにはないということです。マーケットは怖いものでもなければ、マーケットが動くことによって苦痛を生じるものでもありません。マーケットは中立の立場で値動きの情報をただ発信しているだけなのです。つまり、マーケットはすべてのトレーダーに収益のチャンスを与えているだけなのです。

もう少し、具体的にトレーダーの心の動きを考えてみましょう。例えば、これまで数回連続してトレードに失敗(損失を出すということ)しているとします。この状況下、自分が用いている指標において投資のチャンスが訪れたことを示しているとします。しかし、これまで連続で損失を出している場合、トレーダーは怖気づいて、今回のチャンスでトレードすることが出来なくなってしまうのです。つまり、恐怖や苦痛によって正しい投資行動を取ることが出来なくなり、そのトレードシグナルが本物なのか疑問を抱き始めるのです。

この結果、今回のトレードはうまくいかないだろう、という言い訳になる情報しか耳にとどかなくなり、積極的に言い訳となる情報のみを集め始めるのです。そして、結果として何もしないという選択をしてしまうのです。そのときの言い訳は「あまりに危険だったので、今回はマーケットの動きに対して、エントリーすることをやめました」ということになります。

一方で、もし同じ動きが3連勝後だった場合、トレーダーは躊躇せずにエントリーする可能性が高いと思います。そして、どちらの場合も、マーケットは同じシグナルを発しているだけなのであり、その結果は確率で決まっているのです。つまり、マーケットの情報はプラスでもマイナスでもなく、チャンスに対して行動するかどうかは自分の心の問題だということを理解する必要があるのではないでしょうか。

okasan_online at 19:27コメント(0) 
投資情報-投資心理 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter