株や投資を好きになる

2010年11月11日

世界のすべての人間は二つのグループに分けられるそうです。一つのグループは自ら考えて働く人たちであり、もう一つのグループは他人に頼って指示を待つ人たちです。

働く人は自ら決めて行動する人であり、頼る人は欲しいものを人に取ってきてもらいたがるようです。

一般的に働く人は一握りであり、頼る人が大部分なのです。もちろん、働く人だけでは社会が回らなくなる可能性があります。働く人がすべて共通の意識と信念を持って動けば問題はないのですが、やはり全ての人が共通の意識と信念を持つことはかなり難しいことです。働く人のみでは。個々の信念がぶつかり合ってバラバラになってしまいうまくいかない場合も多いようです。従って、働く人が考え、決定し、仕事のマニュアルをつくり、頼る人たちを導く方が社会的にはうまくいく場合が多いようです。

それでは、トレーダーが頼る人だった場合はどうでしょうか。頼る人は人の意見を聞いたり、業界紙を読んだりして楽をして儲ける方法を探そうとします。トレードの仕組みや手法、さらには投資に対する考え方など、本当に利益を得る方法を本気で学ぼうとはしないようです。つまり、濡れ手に粟をつかもうとしているのです。

一方、トレーダーが働く人であった場合はどうでしょうか。というより、トレーダーは働く人でなくてはなりません。働く人は何かを成し遂げようと必死になっており、勉強し、研究し、実践し、努力し続けることによって知識と判断力を身につけることが最も重要なことだと考えています。これが出来なければ、実際はトレーダーを続けることは出来ないと思います。

働く人がこのように信念をもって、努力し続けていける大きな要因は、その目標を達成するものが好きだからともいえます。努力し続けることはかなりの無理が伴います。しかし、努力をする対象が好きなものであった場合は、それは苦労というよりは楽しみになるのではないかと思います。

トレーダーは株を好きになり、投資を好きになることで努力を楽しみに変えることができるのです。ぜひ、株や投資を好きになっていただきたいと思います。

ある有名な経営者が「日曜日にサザエさんのアニメを見ると明日からまた楽しい仕事が始まる」と思ってワクワクするようなことを言っていました。「明日からまたいやな仕事が始まる」と憂鬱になる一般人とは全く違う考え方だと思います。

トレーダーなら、月曜日の9時の寄り付きをワクワクして迎えたいものです。

okasan_online at 20:40コメント(0) 
投資情報-投資心理 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter