確実性効果

2010年11月04日

この前は、「マーケットを確率で考えるトレードシステムの確立」についてお話ししましたが、確率で考えることがいかに難しいかについても考えてみたいと思います。

実は、人は「確実」ということに非常にこだわりを持っている場合が多いと言われています。これを「確実性効果」というそうです。つまり、人はある事象が起きる確率を主観的に重みづけて考えることが多いのです。特に、確率の極端な数値、確率が0%とか確率が100%に近づくと非常に敏感になるのです。可能性が不可能になるとか、可能性が確実になることに関しては非常に感応度が高いのです。

宣伝文句で「儲かる可能性がある」より、「確実に儲かる」といった方に非常に魅かれることからもこの「確実性効果」を読み取れると思います。もちろん、「確実に儲かる」ことなどないはずなのですが、もともと信じたいという欲求が強いので、「確実に儲かる」ことに魅かれてしまうのではないでしょうか。

しかし、本来は確率を50%から60%に上昇させるより、80%から90%に上昇させる方が確実に難しいのです。ましてや、確率を100%にすることは、まずもって不可能なはずです。特に、確率を90%から100%近くに上昇されるためのコストは並大抵ではないはずなのです。もちろん、例えば、ある病気で死ぬ確率が0%になるなど、人の生死を前提とする確率には人類はかなりのコストを払ってきたと思います。

しかし、人の生死までの問題ではない場合はすべての事象は確率で考える必要があるのではないでしょうか。100%や0%などの絶対を目指す努力をするくらいなら、その事象が起こる確率を前提として対応策を考える方がよほど有意義だと思われます。

特に、投資のような不確実性が前提の事象に関しては、確率で考えるということが非常に重要です。ただ、人は確実なものに常に魅かれるものだ、ということを根底にして確率を考えることは非常に意義のあることだと思います。

okasan_online at 21:54コメント(0) 
投資情報-投資心理 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter