確率と確立

2010年11月02日

実はこの二つはトレードに非常に重要なことばです。しかし、近年「確率」と「確立」の誤用が非常に増えているそうです。よくある同音異義語ですが、「確」の字が共通なこともあり、パッと見では非常に気付きづらいようです。

「確率を確立としてしまう表記ミスは日本語入力におけるポピュラーな誤変換としての地位を確立しており、実際に確率が確立と誤変換されている確率も高い」といった文章がネット上にありましたが、「確率」はある事象の起こる可能性の度合であり、「確立」は制度・組織・思想などをしっかりと打ち立てること。また、しっかりと定めること、となっています。

トレードにおいては、相場には確実なことはなく、基本的に確率で考える必要があるのです。そして、マーケットには確実なことはないことを心の底から認識し、確率でマーケットに対峙しなければなりません。そのとき重要なポイントは確率を中心としたトレードシステムを確立することです。

トレーダーは負けない確実な方法を確立するために多くの知識や技術を身につける努力をしている場合があります。しかし、マーケットに確実を求め、すべてのトレードで勝とうとすることは、非常に無駄な努力であり、すべての時間を犠牲にしたとしても徒労に終わる可能性が高いと思います。

マーケットを確率で考えることができるようになれば、トレーダーは本当の意味でマーケットを理解し、負けを認めることができるのではないでしょうか。つまり、「マーケットを確率で考えるトレードシステムの確立」は真のトレーダーへの一番の近道だと思います。マーケットの確率とトレードシステムの確立を認識したうえで、必要な知識や技術を会得すれば本当のトレード力が身につく可能性が高いと思います。

マーケットを確率で考えるということは、いつ勝てるかどうか分からないということでもあります。優位性(エッジ)のある取引であることが前提ですが、そのうえで淡々と継続的にトレードする必要があるのではないでしょうか。

okasan_online at 20:33コメント(0) 
投資情報-総合 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter