分散投資は必要か?

2010年10月26日

ポートフォリオ理論については昨日も解説しました。本日はポートフォリオの分散投資について考えてみたいと思います。リスクを最小化し、リターンを最大化した場合のポートフォリオは結局インデックス投資に近づきます。

リターンはポートフォリオ全体の収益となりますが、リスクは市場関連リスクであるシステマティックリスクと証券固有のリスクであるノンシステマティックリスクに分かれます。システマチックリスクは市場関連リスクですので、株式投資をしている場合は避けることができません。このことは、マーケットの状況が上昇(強気)のときや下降(弱気)のときは、どの銘柄をポートフォリオに入れても、そのマーケットの影響をうけることから明白な事実です。

一方、ノンシステマチックリスクは分散投資によりリスク低減を図ることができます。このため、多くのファンドマネージャーはリスクを軽減させるために分散投資を行っています。銘柄が少なければその勝ち負けは特定の銘柄に依存してしまいます。一方、複数銘柄に投資すればその中で逆に動く銘柄もあることから、うまくいけばトータルで勝つ可能性も出てきます。安心のためには分散投資は不可欠だといえます。
分散投資には利点もあれば欠点もあります。

分散投資の利点
・一つの銘柄に集中投資しないので、リスク回避できる
・値動きが緩やかになるので、突発的な物事に対処できる

分散投資の欠点
・一つの銘柄に集中投資しないので、利益が薄い
・集中投資しないのでその投資のスペシャリストになるのに時間がかかる

この最後の投資のスペシャリストになるのに時間がかかるということが、実は大きな問題かもしれません。つまり、分散投資は中長期で安定的なリターンが見込める半面、短期的な収益という面では見劣りする場合が多いのです。分散投資は中長期保有を前提としているために、短期的なトレードには合わない面があることも事実です。実際、勝つトレーダーは分散投資をしない場合もあるようです。

分散投資を行うよりもエントリーチャンスを見つけ、自分の最も効率良い資金配分でエントリーし、利食いを伸ばしてロスカットをしっかりすれば、分散投資とは異なるリスクとリターンを得ることができると思われます。実は短期トレードは銘柄分散でリスクを減らすのではなく、投資機会を増やすことによって、リスクを減らしていることになると考えられます。



okasan_online at 21:41コメント(0) 
投資情報-テクニカル 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter