感情と「リスク・リターン」

2010年10月22日

人は他人のリスクとリターンについては冷静に判断して結論を出すことができますが、自分に関わるリスクとリターンについては、特にリスクに過敏になる傾向があるようです。

中でも、生命やお金に関わるリスクについては、より過大に反応するように思われます。例えば、死に至るかもしれないある病気の死亡率が少ないうえ、非常に遠い地域で起こっていることであれば、その死亡率を冷静に認識できるはずです。一方、同じ死亡率だとしても、身近に起こっていることであれば、人はそのリスクについて過大に評価し、非常な危険性を感じるはずです。

このことは、お金=投資についても同じです。ある株式投資の過去のリスクとリターンがあったとして、それに対する戦略を考える場合は、そのリスクとリターンを冷静に判断して戦略を立てることができると思います。もちろん、過去のリスクとリターンが将来も必ず続くわけではないのですが、過去の数値を分析しどのように対応していたら良かったかの判断をすることはできると思います。

一方、すでにポジションを持っていた場合は毎日の株価の上下によって自分の損益が動くわけですから冷静な判断が難しくなります。リスクは一般的に数字上は株価の変動率=標準偏差として計測するのですが、トレーダーは自分のポジションに対して反対に動く(損をする)場合をリスクと判断してしまいます。本来、リスクとリターンは長期間で多くのトレード回数がある場合の戦略として考えることができるのですが、ポジションがある場合と無い場合のリスクを全く異なった形で認識してしまうのです。

つまり、リスクとリターンの関係はポジションを保有しているか否かによって、トレーダーの心理状態が異なる結果、その数字は異なってくるのです。このように心理状態により大きくリスクが異なるため、実際の戦略を実行するうえで、さまざまな障壁が存在することになります。リスクとリターンは計算から導き出せる数字だけでなく、トレーダーの感情によって変化することを認識してトレードを行う必要があるかもしれません。

okasan_online at 19:28コメント(0) 
投資情報-投資心理 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter