トレードという職業

2010年09月27日

買いポジションであろうと売りポジションであろうと、100の利益を目指して50のリスクを取る場合と、同じ利益を目指して5のリスクを取るのとでは格段の違いがあります。リスクに対して利益が大きくなるようにすることは極めて重要です。真のトレーダーと一般トレーダーの違いはここにあるといっても過言ではありません。

  つまり、トータルで利益を出すためにはロスカットを徹底することが重要であり、決まって大損をするのはこのルールに違反したときであるようです。相場の下げトレンドで買いを入れ、その後損失が出ているにも関わらず、放置していると大きな損失を出してしまうことが多いと思われます。

  真のトレーダーとは何回もトレードを行ないながら、少額の損失をたまにしか出さないようです。ロスカットをすることはもちろんですが、相場の流れを見極めてからエントリーすることによって、損失を抑え、勝率を上げるということが可能となるといわれています。損失を抑え、理にかなったトレードをし続ければ、他のビジネスの成果をはるかに超える成績を上がることができるかもしれません。

職業としてのトレーダーを目指す場合、トレードという職業は他のビジネスよりもずっと始めやすいビジネスだと思います。このビジネスは、ある程度の投資資金さえあれば始めることができます。また、間接費や従業員などの負担や面倒が絡まない状態でやることができることも利点の一つです。また、時間も自由ですし、他人との競争もありません。

しかし、始めやすいから簡単であると勘違いをして、大金を失う人も多くいるようです。実は、トレードにおける感情=心理は通常の感情とは全く異なることを理解しないとトレードを続けることができないようです。やるべきことは、損失を抑え、勝率を上げるだけであり、相場の流れにのってトレードし、自分の意に反した動きをした場合はロスカットをするだけなのですが、この単純なことが意外に難しいことはトレーダー全員が体験していることだと思います。トレードが難しい理由の一つは、命の次に大事なお金をリスクにさらすことによる恐怖心かもしれません。

真のトレーダーになるためには
損失を抑え、勝率を上げれば良い

この恐怖心に勝ち、淡々とトレードができるトレーダーのみに真のトレーダーの称号が与えられるのではないでしょうか。

okasan_online at 18:54コメント(0) 
投資情報-総合 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter