兼業トレーダーと専業トレーダー

2010年09月10日

 このブログを読んでいただいていることを前提とすると、あなたはたぶんトレーダーだと思われます。トレーダーだとして、兼業の方でしょうか?それとも専業の方でしょうか?まず、株式投資を始めるときはほとんど兼業の方が多いと思われます。全く投資の知識が無くていきなりトレーダーになろうとすることは、全くの素人がオリンピック選手を目指すくらいの無謀なことかもしれません。しかし、株式投資自体は資金さえあれば誰でも始めることができる(といっても全く経験がなければ株式現物取引からしか始めることはできません)ので、簡単に投資の世界に入り、痛い目を見る=損失を出す人がいます。

 株式投資に限らず、どのようなことを始める場合もその分野の知識やルール、さらには経験が必要だと思います。そして、そのために勉強をする必要があると思います。皆さんは勉強が好きでしょうか?たぶん、あまり好きな人は多くないと思います。しかし、自分の好きなものや趣味に関するものはどうでしょうか。たぶん、楽しく勉強できると思います。さらに「好きこそ物の上手なれ」ですから、上達も早くますます好きになるという好循環が期待できます。

 つまり、兼業の方はまず投資を好きになることから始めると知識の習得が早いと思います。投資は面白いです。何十年やっても飽きないと思います。先ごろ、当社のチーフストラテジストに就任いただいた伊藤氏は人生のほとんどを相場に関わっています。もちろん、今でも毎日相場を見続け、相場を考え、そして解説しています。週に何度かさまざまな新聞で解説をしていますので、ご覧になった方も多いとは思います。この伊藤チーフストラテジストが人生をつづったものに「相場人生48年」があります。この本は、一般の書店で販売しているものではないのですが、その一部を当社のお客さまに送信している「岡三オンラインマガジン」で紹介しています。さらには、電子書籍での公開も視野にいれて現在準備中です。

 言いたかったことは、相場は人生をかけるほど奥深いものですので、まず好きになって、しっかり勉強していただきたいといいうことです。そして、日常の生活の中で相場のことを考える時間をどれだけ増やせるかが、兼業から専業への道に進むために非常に重要なことだと思います。株式投資で必ず利益を出すことなどはできません。大切な投資資金が減る可能性も十分にあります。それでも相場のことを心から好きになることができたときに専業への道が開けるのではないでしょうか。相場を好きになれないトレーダーはどれだけ努力しても、専業になり、そして相場で生活することは、難しいかもしれません。

【おまけ】
「相場人生48年」の一部から

相場は心理なり

 嵐の前の静けさ。パソコンで株式相場の画面を見ている。株価の流れは上か下か。
しかし相場は売り一色。「こんな水準から売り込んで、一体どうやって稼ぐのか」弱気の虫が頭をもたげそうになる。いやしかし、こうなるとここからはドンと構えるだけの心構えがないと何もできない。仕込んだ株がちょっと下がるとバタバタする。神ならぬ人間、ド安値を拾うなんてできやしない。
 ここで一番大事なのは、潮の流れがどちらを向いているか。意外な波の大きさに驚き、潮の流れを見失って慌てふためく。株式で生きてきた者の定めとはいえ、この世界は難中の難である。そこに人間の欲がからんでくる。「買いと思えば売り」が現実となる。その逆も然りである。
 株式というものは人間をいとも簡単にたぶらかすものである。裏の裏を読んでもやられる。だから「株は魔物だ」と言った先人の言葉が身に紬みる。そしてこの世界には毒また毒の情報が乱舞して人の心を惑わしもする。だから神だのみや縁起かつぎをして、神仏に祈ることもあるのだ。
 株式投資での勝ち負けを分ける要因に投資心理がある。株式には必ずリスクがつきものだが、例えば信用買いには値下がりリスクが、信用売りには値上がりリスクがあり、売買にはこれらリスクに対する不安心理が常につきまとう。中には「心臓ドキドキで夜も眠れず、他の事には手もつかず」の向きもあるだろう。
 中期的には間違いなく上昇すると買いつけたものの、目前に来た強烈な下げによる恐怖感にはなかなか勝てない。業績も好調でトレンドが上向きでも、そうすんなりとは利食いをさせてはもらえない。時にサプライズやアクシデントなど、不測の事態でのストップ安もあるだろう。株式には魔物が住んでいるかのようだ。もちろん目先の相場は誰も分からない。
 世にいうアナリスト達で、本当に相場が分かる者がいたら、草の根をかき分けてでも会いたいものだが、所詮は有り得ない話である。



okasan_online at 20:55コメント(1) 
投資情報-総合 

コメント一覧

1. Posted by 名無し   2010年09月11日 20:54
株を大好きになりたいのですが、
週末のメンテが多過ぎて研究ができないです。

メンテを行うにしても週末の1日は
フリーにして欲しいです。

ヨロシクおねがいします。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter