使える知識

2010年09月07日

 利益をだすトレーダーになるためにはさまざまな知識が必要です。大きく分類するだけでも商品知識、投資ルール、投資手法、ファンダメンタルズ、テクニカル、投資心理など多岐におよびます。例えば、商品を株式だけだと限定しても、ファンダメンタルズの中ではマクロ知識、ミクロ知識が必要となります。投資対象をどのように設定するかにもよりますが、全銘柄を対象とするなら世の中の全ての動きを知る必要があることになります。 しかし、これはたぶん不可能です。世の中の全ての動き、森羅万象を理解することを目標にすれば時間がいくらあっても足りません。専門家といわれるアナリストでさえ、ある特定の業種や銘柄群に絞っており、エコノミストもそれぞれの専門分野での解説をメインにしている場合が多いと思います。

 それでは、全てではないが、必要にして十分な知識を勉強して理解できたとして、利益を出すトレーダーになることができるのでしょうか。実は、トレードではわかっていてもできないことが多いのではないかと思われます。つまり、理解していることと実際できることのギャップがかなり大きいということです。一般的な初心者トレーダーは、特に大負けしたときに反省し、より多く勉強して、さらに知識や技術を増やそうとするはずです。しかし、実は最も理解しなければならないことは、知識や技術は知っているだけでは何の価値もないということです。知識や技術を使えるようにならなくては、知らないことと同じであり、使える知識が最も重要だということです。

 トレードでいえば、ストップロスは非常に大切であるとの認識はトレーダーなら誰でも知っている常識のようなものではないでしょうか。しかし、ストップロスを実行することがなかなかできないことであり、なおかつ何の感情の変化もなく実行することができるトレーダーは本当に一握りなのではないでしょうか。

 トレーダーは自分が知っている知識が何で、使える知識が何であるか、さらには必要でなおかつ使える知識をどれだけ持っているかを理解することが重要です。これが、初心者トレーダーから真のトレーダーへ進化するために必要な使える知識ではないでしょうか。そのなかには、トレードシステムや資金管理、そして最も重要な投資心理が含まれていると考えています。

okasan_online at 19:40コメント(0) 
投資情報-総合 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter