トレード記録の必要性

2010年08月31日

トレーダーはトレード記録をつけるべきだと思います。トレードした結果を記録するのはもちろんですが、どうしてそのようなトレードをしたのか、さらにはマーケットトレンドをどのように読んで、どのような戦略を立てたのかも記録しておかないとその後のトレードに生かすことはできないと思います。

トレード記録には日付、売り買いの別、エントリーのシグナル、エグジットの状況、損益の額、損失の理由などが挙げられます。特に、損失理由を適切に分類して記録することは非常に重要なことだと思います。中でも正当な損失とトレードルール等を破ったことによる損失は分かりやすいように分類する必要があります。

一般的なトレードルールを破った場合の損失の理由

・ストップロスを設定しなかった
・ストップロスを設定したが結果的に守らなかった
・ストップロスがヒットする前に恐怖心から売りシグナルを先読みして手仕舞ってしまった
・ポジション解消のシグナルに従わなかった
・早期にポジションを解消してしまった
・エントリーシグナルが発生する前にエントリーしてしまった
・エントリーシグナルではなく、他の要因でエントリーしてしまった
・漫然とした恐怖や不安、怒りでエントリーや手仕舞いをしてしまった

など、さまざまな要因による損失が存在します。トレードを記録することによって、そこに頻繁に起きていると思われる間違いに注目し、それが繰り返し起こる際の前提条件もピックアップする必要があります。これができれば、投資家のトレードにおける固有の行動パターンが探れる可能性があります。このパターンを探ることができれば、損失のパターンに注意し、さらには逆にすることができれば損失が利益に変わるかもしれません。利益とならなくても、少しでも損失を防ぐことができれば大成功です。それを進めていけば、必ずや利益につながる方策が見えてくるはずです。従って、トレード記録を付けることは成功するテレーダーへの近道だと思います。


okasan_online at 19:26コメント(0) 
投資情報-総合 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter