情報アドバイスについて

2010年08月25日

株式投資をする場合、一般的な投資家は専門家のアドバイスを求めたがるようです。もちろん専門家はその分野において深い造詣と知識があるのでうまく活用すればそれなりの効果はあると思います。実を言うと私も元アナリストですし、このブログでも毎日投資戦略を載せているで、その専門家の端くれになるのかもしれません。

しかし、自分のお金をリスクにさらすのに他人の意見を鵜呑みにして本当に良いのでしょうか。相場の予想は本当に必要なのでしょうか。本当は情報を集めて人の意見を聞くよりも自分自身の判断力を養うほうが重要だと思います。

もし、何らかのアドバイスや情報により利益が出たとしましょう。そうなると、アドバイスを受けた投資家はさらに専門家の意見に頼るようになってしまうだけではないでしょうか。もちろん、その専門家の相場予測が当たらなければ、次の専門家を探せば良いかも知れません。しかし、そのようなことを続けていたら、いつまでも他人の意見に頼ることになります。結果が損失となっても、何が悪かったのが分からずに、その責任を他人のせいにしていれば何の進歩も期待できません。

実際、専門家の意見は現在の相場環境を前提としている意見かどうかも定かではありません。もしかしたら、今現在のその人の意見は全く反対となってる可能性は十分ありえます。また、その専門家の意見は今回はたまたまはずれただけかもしれません。もしかしたらこの次以降は総て当たるかもしれないのです。逆にいえば、今回はたまたま当たっただけかもしれないのです。結局、投資家は自分がどんなに危ういことをしているか理解する必要があると思います。

株式投資に限らず、総てのことがらに対して、人の意見を聞きそれに従うのは楽かもしれませんが、それでは何も進歩もありません。自分で真剣に考えてこそ、次のステップに進めると思います。お金は命の次に大事だという人もいます。その大事なお金を人の意見のみでリスクにさらすことは非常に危険だと思います。自分のお金ですから、自分でどうするべきか真剣に考える必要があるはずです。

okasan_online at 19:42コメント(0) 
投資情報-総合 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter