チャートの価値

2010年08月24日

岡三ネットトレーダーではさまざまなチャートを表示することが可能ですが、実は投資にはどのチャートを選ぶかよりもそのチャートをどう解釈するかが重要です。

株価を分析するチャートの中でどのチャートが当たるかといった議論は結論に到達しないものとなる可能性が大きいと思われます。相場で最高に稼がせてくれるチャートを使うべきだとの結論はその通りなのですが、実はどれが良いかを結論付けているわけではありません。もちろん、一種類だけでなく、複数のチャートを併用させる方が儲かるとの意見も多いのですが、チャートを複数組み合わせれば組み合すほどエントリーシグナルが出なくなるなど一長一短の面もあります。

チャートをみる力のない投資家にとってはチャートは無価値です。逆にみる力のある投資家にとってはチャートはその後ろにある需要と供給の関係がいつでも分かるという意味で大きな価値があると思います。チャートは投資家の中でもトレーダーや相場研究者にとって非常に重要なものだと思います。特に、この中でさらに経験を積み、分析をした投資家は現状だけでなく、少し先や遠い将来の可能性、さらには現状の位置関係までも示してくれると思います。

チャート分析において、チャートの種類やチャートから出てくる売り買いのシグナルよりも重要なことは、そのチャートから株式を売買する大衆やその株式を手がける投資家が抱く考えや野心や目的をどのように読み取るかなのです。そして、これはかなりチャートやチャート分析を極めないと読み取ることはできないと思われます。もしかしたら、株式投資に対する広範囲な知識や投資経験がなければ分からないのかもしれません。つまり、チャートを極めただけでは足りないかもしれないのです。

チャート分析で株価の動きから一定のパターンを読み取り、ある程度の分類をすることはできると思いますが、それだけでは投資判断力を向上させることはできないと思います。チャートをみることによって、その株価を動かしている者の目的が読み取れ出れば、本当の意味でチャート分析の真髄を理解しつつあるといえるかもしれません。

コンピュータが発達する前の投資家は自分でグラフ用紙にチャートを書き込んでいました。通常の学習においても、ただ教科書を眺めるより教科書を書き写したほうが間違いなく理解は深まります。チャートを自分で書くくらいの気持ちでチャート分析をすることが、チャートの価値を理解する一歩になると思われます。

okasan_online at 19:37コメント(0) 
投資情報-テクニカル 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter