空売りとは何か?

2010年08月19日

空売りの本当の意味を分かっているでしょうか?実際、株式投資の経験が少ない人は空売りについて正確に理解しておらず、その見方は間違っているかもしれません。

通常、株式投資をする場合は買いから入ります。株価が上昇して初めて利益が出ることになります。「『株式は長期投資が王道だ』といった考え方が投資の本質だ」と信じる投資家が空売りに対して極端に悪いイメージを持っているようです。しかし、空売りとは通常の商行為ではあたりまえのように行われているものだということは理解しておく必要があると思います。

例えば、パソコン製造会社が今後数ヵ月間にある電子部品を1万個必要だったとします。パソコン製造会社は価格や引渡し条件について電子部品会社と契約を交わすことになります。この場合、注文を請け負った電子部品会社はその電子部品を空売りしたことになります。電子部品会社はまだ製造していない電子部品を買い手に引き渡すまでに空で売っているのです。つまり、空売りはほとんどのビジネス分野でたえず行われている重要な商行為の一つであるわけです。

ただ、株式投資における空売りは、売り崩しによる相場操縦や、大量に行なわれると相場の下落傾向を激化させ、不当な取引等に利用される可能性があるという理由から金融商品取引法で規制されています。従って、正しい空売りの知識を持ったうえで空売りを行なう必要があります。

空売りのリスクについても解説しておきます。「空売りの損失は無限大だから非常にリスクが高い」といった話がありますが、売りのリスクが買いのリスクよりも高いということはないと思います。逆に、空売りをした場合は怖くなって買い戻してしまう場合の方が多いような気がします。買いの場合は損失を抱えてただ持ち続ける投資家が多いことも事実です。正確な数字ではありませんが、買い手の損は売り手の10倍にもなるとの指摘もあります。つまり、リスクを限定する損切り(ロスカット)を行う必要があることは、新規買いで空売りでも同じことだと思います。



okasan_online at 23:59コメント(0) 
投資情報-総合 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter