押し目待ちに押し目なし

2010年08月11日

ことわざに「押し目待ちに押し目なし」というものがあります。これは、人気株など急騰している銘柄は押し目らしい押し目を作ることなしに上昇し続ける可能性があるので、押し目を待たずに買ったほうが良いという意味です。一度トレンドを持つとそのトレンドが続く可能性が高いことから、トレンドにのる、波にのるといった戦略は非常に理にかなったものです。

動き出した株価に飛びのる行為が全く間違いとはいえませんが、ただの感覚でのるだけでは進歩がないと思います。結果的に利益が出ても感覚のみで投資している場合はなぜ成功したのかも分からない状態のままとなり、経験として蓄積されることなく、応用もきかないことになります。どうして、この時に飛びのる必要があったのか、何をもって飛びのる判断をしたのか、そして結果はどうだったのかなど後で検証できるようにしておく必要があります。また、エントリーする場合は必ずロスカットを設定しておくことも忘れないようにしたいものです。

一方、急騰中の銘柄に飛びのらないで押し目を待ち、そこから再度上昇トレンドに復帰するところでエントリーすればリスクは少なくなります。もちろん、投資に100%はないのですから、押し目買いをしても利益が出るとは限りません。しかし、急騰中の銘柄に飛びのるよりかなりリスクは少なくなります。また、何をもって押し目と判断し、何をもって再上昇トレンドにのると判断したかが分かっていますので、投資経験として蓄積でき、その後の投資に応用することができると思います。

オシレーター系のテクニカル指標はこのような押し目を観測するのに適した分析手法ですので、MACDやストキャスティクス、RSIなどを使うとかなりの確率で押し目買いできる可能性が高いと思います。

相場は明日もあり、投資対象となる銘柄は数千銘柄もあるのですから、あせる必要はありません。しっかりとしたトレードシステムを作り、それを確実に守る投資姿勢ことが重要です。デイトレーダーは投資家ではなく投機家ではあるのですが、投機と言っても全く運任せの博打をするのではなく、理にかなった投機をしなければデイトレードも長続きしないと思います。

okasan_online at 20:12コメント(0) 
投資情報-総合 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter