テクニカル分析-ボリュームレシオ

2010年08月05日

今回は出来高系のボリュームレシオについて解説します。このテクニカル分析は出来高を使ったテクニカル分析です。「由来」と「概要」に関しては「テクニカルチャート解説」をご覧ください。右の「リンク集」からご覧いただけます。

ボリュームレシオのボリュームとは出来高のことです。株価が上昇するときには出来高を伴うことが多いので、出来高が増えていくとともに株価が上昇し、出来高が減り始めると株価も下落していくことから、出来高は株価に先行するといわれています。

ボリュームレシオでは、出来高に着目し、株価が上がった日の出来高は上昇する力、下がった日は下落する力として計算を行います。つまり、ボリュームレシオでは、株価の上げ下げと出来高の関係から株価の割安割高を判断することになります。

VR1

他のテクニカル指標と同様に、ボリュームレシオも一定の計算式によって計算されます。単純にいうと、算出期間の「上昇時の出来高合計」/「下落時の出来高合計(変わらない日はどちらにも半分ずつ加えます)」で計算します。また、分母の「下落時の出来高合計」の代わりに「全体の出来高」を使う場合もあります。「分母に全体の出来高」を使った場合は上限が100%になるので見やすいといったメリットがある反面、反応は鈍くなります。分母に「下落時の出来高合計」を使った方がより敏感に反応することから、アクティブに使うことができます。

使い方は、他のオシレータと同様に数字が大きくなると「売り」、小さければ「買い」となります。岡三ネットトレーダーでは、売りサインは200%以上、買いサインは50%以下となっています。算出期間(パラメータ)は自由に変更可能です。さらに、売買サインの上方ライン、下方ラインも変更できます。

注意点としては銘柄や相場環境によって大きく当たり外れがあることです。ボリュームレシオを使うのに向いているのは、普段から出来高が十分にあって流動性が高く、安定した動きを示すような銘柄が適しているといわれ、通常出来高が少ない銘柄に利用するのは難しいといわれています。また、下落トレンドではボリュームレシオの値が下がったままになり、上昇トレンドではボリュームレシオが高いままという可能性があります。一方、比較的ゆっくりとした上昇、下落トレンドにあるときや、レンジ内を横ばいで動いているときは比較的使いやすい指標になります。また、出来高が株価に先行するところをうまく利用できればより真価が発揮できます。

okasan_online at 19:24コメント(0) 
投資情報-テクニカル | 岡三ネットトレーダー チャート

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter