投資と勝率

2010年08月03日

勝負事には勝率が重要ですが、投資の場合の勝率はどのように考えたら良いのでしょうか?勝率が90%の投資手法はどれほどの価値があるのでしょうか?実は、投資には勝率はあまり関係がありません。

実は、勝率90%の投資手法は簡単に作ることができるのです。相場は上下に変動していますので、ポジションを持って利食えるときは、すぐに利食い、逆に行った場合はじっと持ちこたえるか、ナンピンを繰り返すのです。もちろん、実現損失はできる限り、出しません。資金が続く限りナンピンを繰り返しいけば、たいがいの場合は戻るはずですので、損は出ないのです。この方法を無限ナンピンといい、資金が無限にあれば負けることはありません。しかし、資金が無限ということはないのですから、負けたときの額はかなりの大きな額になるのです。もちろん、それまでの利益をすべて食いつぶしてしまうくらくいの損失が出る可能性が大きいのです。

それでは、投資における適切な勝率とはいくらでしょうか。投資手法によってこの比率は変わってきます。株価が上がるか下がるかであれば、勝率は50%となりますが、薄利を積み重ねるスキャルピング手法ではこれよりも高くならないと利益が出ません。リバーサル手法では50%くらい、ブレイクアウト手法では30%くらいだと思います。

30%の勝率しかないブレイクアウト手法はなぜ負けのほうが多いのでしょうか。感覚的な勝ち負けから考えると、10戦3勝7敗の詳細は、7敗のうち5敗はすぐにロスカットしての5敗となり、残りの2敗は利食いを先延ばしにした結果として、ロスカットに引っかかり負けとなるという感覚です。残りの3勝は利食いをできるだけ伸ばした結果としての勝ちなので、一つ一つの勝ちの金額が大きくなるのです。従って、3勝7敗でも十分に収益を上げる投資ができることになるのです。

つまり、「利小損大」ではなく「利大損小」を目指すことが非常に重要なことです。勝てるときに大きく勝っておかないとトータルでは結局損をしてしまう可能性が大きいのです。投資で勝てるときはそれほど多くないとの考えから、勝てるときは貪欲に利益を追求する必要があります。ロスカットを徹底し、できるだけ利益を伸ばすために自分自身の欲と戦うという投資心理の考えが重要なポイントだと思います。



okasan_online at 20:39コメント(0) 
投資情報-投資心理 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter