分析チャートを極める-3

2010年07月27日

それでは「ロウソク足」の描画ツールとオプションについてです。標準画面の右端に描画ツールがあります。選択できるツールはライン、四角、楕円、定間隔ライン、定間隔アーク、定間隔ファン、フィボナッチライン、マーク(顔)の7種類を使って描画可能です。また、右クリック→描画ツールで選択して描画することも可能となっています。ライン等を消す場合は一つ前を消すには矢印の戻るマーク、全消去の場合は消しゴムマークで対応可能です。

ChartBMenu

ただ、描画できる領域は通常の株価が表示される場所のみであり、オシレータなどが表示されるグラフ領域への書き込みはできません。

ChartByouga

オプションについては、前日終値ライン、ニュース、信用残高、データウインドウ、現値のON-OFFが可能です。チャートの左下のアイコンか、右クリックメニューで選択することができます。

ChartOPMenu

特にニュースはNマークにカーソルを合せるとその見出しが、クリックすればその詳細が表示されます。

ChartOPNews

さらに、株価メモリの対数表示と逆転表示が可能です。対数表示は株価が大きく変化した場合に変化率を見るうえで重宝します。

ChartOPLog

また、逆転表示は自分の投資判断に買いバイアスが無いかどうかのチェックに有効だと思います。

ChartOPgyaku

過去の記事「逆転の発想」にはこの逆転表示について解説しています。 



okasan_online at 18:55コメント(0) 
岡三ネットトレーダー チャート 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter