今後飛躍する可能性があるブラジルを理解する

2010年07月14日

当社ではブラジル株式指数・ボベスパ連動型上場投信(ETF)を売買することができます。また、HSBCブラジルオープン(投資信託)を購入可能です。
ブラジルは資源が豊富なうえ、ワールドカップ、オリンピックの開催予定地です。今後インフラ投資を含めて成長が期待できる市場の一つといえます。たまには、今後成長が期待できる外国株式に中長期投資をするのはいかがでしょうか?特に、ETFの場合は個別銘柄と同様にチャート分析はもちろん、通常の株式と同じように売買可能です。

ブラジル経済の基礎知識(岡三証券経済調査部より抜粋)

(1)ブラジルのポテンシャル
・豊富な資源(多くのエネルギー、穀物、鉱物を産出する)
1.エネルギー・・・石油、エタノール(サトウキビ)
2.穀物・・・大豆、とうもろこし
3.鉱物・・・鉄鉱石、ニオブ、マンガン
・多様性に富んだ製造業
ブラジルは資源国でありながら製造業の名目GDPシェアが高い
エンブラエル社の航空機をはじめ、自動車、自動車部品、エンジン、発電機、衣類・履物など産業は多様性に富む
・人口ピラミッドから見込まれる長期間の人口増加
ブラジルの人口ピラミッドは10代、20代の若年層が充実している
これは将来の労働人口、消費人口の拡大を意味していよう

(2)2014年ワールドカップ、2016年オリンピック 経済成長加速化計画第2弾『PAC2』
・ワールドカップ、オリンピックの開催が決定
 →インフラ整備、治安改善、都市再開発などが急務に
政府は経済成長加速化計画第2弾『PAC2』を提唱
・PAC2の投資額
2011~2014年で9,550億レアル、2014年以降で6,314億レアル
 →合計15,864億レアル
インフラ整備
道路(504億レアル)、鉄道(460億レアル)、空港(30億レアル)
『プレソルト油田開発』
投資額は1,257億レアル
ブラジルは石油自給率100%を達成しており、将来は石油輸出国としての存在感を高めることが期待される
『マイホーム・マイライフ』
低中所得層向け住宅支援策、投資額は717億レアル
ブラジル財務省はPAC2対象期間(2011~2014年)は平均GDP成長率5.5%を見込む
・ワールドカップの経済効果(FGV、会計監査法人アーンスト・アンド・ヤング共同調査より)
2010~2014年の5年間で
総投資額1,423億9,000万レアル
GDP押し上げ効果645億レアル

(3)高まる国際的信用力
・信用格付け
主要格付け会社3社(S&P、ムーディーズ、フィッチ)のすべてがブラジルの長期債格付けに投資適格水準を付与している(2010年7月14日現在)
・財政収支
1998年『財政安定化プログラム』、2000年『財政責任法』により、ブラジルの財政は改善(プライマリー収支は黒字)
2009年度の財政は景気対策と税収減により、財政赤字は拡大したがGDP比3.3%と健全なレベルを維持

(4)今後のブラジル経済
2010年のブラジル経済は以下の理由から高成長軌道回復へ
・個人消費の拡大
・民間企業の設備投資加速
・資源価格上昇による輸出の増加
・ワールドカップ、オリンピックに向けたインフラ投資の積極化

2010年の実質GDP成長率は6%を上回る可能性があろう

その他、ブラジル株式の解説などはログイン後の岡三投資情報一覧にあります。
以下はその一部のご紹介です。
ブラジル2014年ワールドカップの経済効果とは



okasan_online at 18:30コメント(0) 
投資情報-ファンダメンタルズ 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter