デイトレに最適な時間とは

2010年05月21日

デイトレードを行う場合、取引時間(ザラ場)は前場2時間、後場2時間半の4時間半あります時間帯ごとに特徴がありますので、ある程度認識しておいた方が疲れも少なくなると思います。私も、個人投資家時代、デイトレを始めた頃は全てのザラ場を監視していましたが、後で振り返ってみると、あれはかなり神経がすり減ったような気がします。

前場の寄付は9時ですが既に8時から寄付き前の気配値が出ています。前日のNYダウやCME、ADRの状況によっては前日の終値からかなりのギャップを伴って気配値が出る場合もあります。この寄付き前の気配値は9時までは大きく変動することがありますので、参考程度にとどめておいた方が無難です。ただ、当日の投資戦略を決めるうえで寄付き前気配値は十分参考になります。特に、先物や以前ご紹介したリアルタイム日経平均などは、マーケット全体の状況を把握するうえでも参考になると思います。

いよいよ寄付きですが、寄付きは投資家の注文が激しくぶつかり合う戦場のようなものです。寄付きから半時間で勝つことができれば、それで一日の仕事を終えてしまう投資家もいます。また、システムトレードによっては前日までの株価の動き等から寄付きに成行で「買い」か「売り」を行いその後ロスカットと利食いの注文を出しておいて、もしどちらにも引っかからなければ大引けで手仕舞うタイプの投資手法も存在します。さらに、前日の高値安値からの「ギャップトレード」も有効かもしれません。これは当日の寄付きが前日の高値よりもさらに高く寄付いた場合には「売り」、逆に寄付きが前日の安値よりもさらに安かった場合は「買い」注文を入れる方法です。前日よりもギャップを伴って株価が寄付いた場合、行き過ぎた反動から逆張りが有効となる場合が多いことからこの「ギャップトレード」を行う投資家もいます。

また、逆に9時から9時半までは株価の変動が大きい場合が多く、まだ方向性が定まらないことから、トレードをしない投資家もいます。以前解説した30分ブレイクアウト60分ブレイクアウト戦略の場合もこの時間は様子見となります。

9時半から10時半頃は一般的に動きが停滞して出来高も少なくなる時間帯です。この時間は通常様子見となります。ブレイクアウト法やテクニカル法などは特殊注文にまかせておくと疲れが少ないと思います。

前引け前の30分は、再び取引が活発化します。前場で手仕舞う取引や後場をにらんで思惑がぶつかる時間ですので、儲けるチャンスでもあると思います。

昼休み上海指数などアジア株が動いているためにこれらの指数は要チェックです。

そして、12時半から後場がスタートします。ここもそれなりに賑わう時間帯ですが、後場寄り付きブレイクアウト法などもおもしろいと思います。やり方は単純で、前場の終値に対して後場寄りがそれよりも下に付きそうな場合は成行の「売り」、逆の場合は「買い」を入れる戦略です。

13時から14時半までは再び様子見の時間帯になります。ただ、これは私の経験則ですが、それまでのトレンドが上昇でも下降でも一方向に偏っていた場合はこの時間から戻っていく場合が多かったと思います。テクニカル法のオシレーターを使ってこの戻りを取りに行く戦略が有効かもしれません。

14時半から15時の大引けにかけてはデイトレーダーを中心に手仕舞い注文が出てきますので注意が必要です。この時間まで買いが優勢だった場合は反対の売りが、逆に売りが優勢だった場合は買いが出てきて激しい動きとなる場合もあります。大証や先物などは15時以降も売買ができるので、大引けまでさらに思惑を呼ぶ場合があります。

とにかく、ザラ場全てでフルトレードすることはかなり疲れるので、これらの時間帯を考慮したり、特殊注文で対処するべきだと思います。休むことも大切ですし、もし前場でそれなりの利益を上げられたら後場は健康管理に使うことも、デイトレードを長く続けるこつです。



okasan_online at 12:00コメント(1) 
投資情報-総合 

コメント一覧

1. Posted by 投資家a   2010年05月21日 13:40
プレミアムで上海株価指数が表示できるようになるといいですよね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter