情報について

2010年04月21日

とある友人のブログより拝借!

「情報」とはテーマ:考えたこと

 ある書籍を読んでいたら驚きの事実を発見。
 [information]という単語を明治初期に「情報」と訳したのは、森鴎外だそうです。
 なぜ、鴎外は、「情報」と訳したのか?
 「情報」とは、「情け」の「報せ(しらせ)」なのだということです。
 「情け」とは、感性・感情。
 人は感じ入った事柄ほど、よく人に伝える。
 感情がこもった報せは、強く、速く、深い。
 現在のようにIT全盛の時代だからこそ、あえて原点に立ち返り、情けの報せを創出しなければ、相手に気持は伝わらない。
 伝わらなければ、その情報には意味がないのである。
 森鴎外はそういう意味で、このように訳したのだろうか?
 本当に鋭い洞察であり、感激いたしました。


非常に親しい知人ですので、著作権云々は関係ないと思いますが、このブログが企業の公式ブログである関係上、リンクを貼ることができません。下線のところをコピペしてググれば、検索可能ですので自己責任でご覧ください。内容、評価はお任せします。

本当に情報を伝えることがこれほど難しいのか、ということが、今回のブログ開設にあたって感じていたことです。文字の色を変えたり、グラフやPC画面を載せたりすることによって、できるだけ多くの皆さまに当社の「岡三ネットトレーダーシリーズ」の良さを分かっていただきたいと思っています。また、投資における考え方をできる限りお伝えして、お客さまの「投資力」向上の一役を担えれば幸いです。

さて、インターネット上にはさまざまな、そしてたくさんの情報があります。無料の情報、有料の情報、無用な情報、有用な情報。リアルタイム株価情報などは無料の情報では見ることはできません。ただ、一般的なオンライン証券なら口座を開設すればほぼ100%の確率で見ることができます。口座開設は通常無料の場合が多いですから、どこの証券会社が見やすいかお客さまが確認することは簡単です。従って、このリアルタイム株価情報もそれほど差別化された情報ではありません。つまり、最初のブログ記事から引用すると「情け」はあまりないわけです。

それでは「情け」のある情報とはなんでしょうか?

当社でいえば、当社でしか取得することができない独自情報ということになります。例えば、グループ会社の情報である「岡三投資情報」(レーティング情報を含む)や「岡三ネットトレーダー」でしか取得できない「企業分析ナビ」「価格帯別出来高」なども「情け」のある情報の一部です。また、「岡三ネットトレーダー」のEXCELとの親和性「岡三RSS」などは「情け」を飛び越えたお客さまの洞察力が生かせる情報を取得できるツールだと思います。

ただ、これらの情報もお客さまに伝わり、そして理解され、さらには投資に使っていただかなくては何の意味もありません。引き続き、当ブログにおいては、できる限り分かりやすい情報をお伝えすることを目指していこうと考えています。



okasan_online at 12:00コメント(0) 
投資情報-総合 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter