レジスタンスラインとサポートライン

2010年04月20日

今回はレジスタンスラインサポートラインについて解説していこうと思います。

一般的に現在の株価の上にあるラインのことをレジスタンスラインといいます。逆に、下にあるラインのことをサポートラインといいます。もちろん、現在の株価の上下にある価格は無限にあるわけですから、何らかの意味があるラインでなくてはなりません。また、このことは他の投資家もそのラインは意味があると思うラインでなければなりません。

以下は私が、日経平均先物のデイトレードをしていたときに考慮していたポイント(レジスタンスラインとサポートライン)のメモです。

日経平均先物ポイント
25MA+3σ10366、OP10250、CME10215、一目雲上限10200、25MA+2σ10139、一目雲下限10105、75MA10058

この日の日経平均先物の寄付は10170円でしたので、この価格以上のポイントがレジスタンスライン、この価格以下のポイントがサポートラインとなります。簡単に解説しておきますと、

25MA+3σ10366=25日移動平均線(中期線)の3標準偏差の水準
OP10250=オプションの権利行使価格
CME10215=前日のCME日経平均先物の終値
一目雲上限10200=一目均衡表の雲の上限値
25MA+2σ10139=25日移動平均線の2標準偏差の水準
一目雲下限10105=一目均衡表の雲の下限値
75MA10058=75日移動平均線(中長期線)の価格

となります。

この後、このようなメモを書いています。

日経平均先物レンジ 10050-10150-10250

本日の戦略
為替が大幅な円安となっており、寄り付きはギャップアップで始まりそう。その後上値の重たい展開が予想されるが、下値不安は少なく10000~10100円のレンジは強い下値抵抗帯となりそう。下がれば買い。もしくはレンジブレイクアウトの上抜けを狙う。ただ、10250円より上は売りも可。

つまり、この日の先物レンジを下値10050円、上値10250円と想定し、全般的に強含みの相場を予想。特に、10200円のレジスタンスラインを抜いてきた場合は、相場が予想よりも強いと考えて、買いを入れる。ただ、10250円より上昇した場合は過熱感もあると考えて徐々に利食いも考慮に入れる。もし、ポジションがない場合は、これより上は売ることも考慮に入れる。一方、下がった場合は10100円か10050円のところが大きなサポートライン(これよりは下がりにくい)と考えて、逆張りの買いも考慮する。

このような考えた方で相場に対峙していました。重要なポイントは相場に対して「上がる」とか「下がる」とかの決め打ちをしていないということです。大まかなトレンドを想定してはいますが、相場の動きによって臨機応変に対応することが重要です。

このように、多くの投資家が考慮するポイントをレジスタンスライン、サポートラインと考えて株価を見ることは、個別株でも変わりはありません。ただ、個別株の場合はここまで、細かく考えずに、単純に過去の株価の高値をレジスタンスライン、安値をサポートラインとしても良い思います。

少しは参考になりましたでしょうか?



okasan_online at 12:30コメント(0) 
投資情報-テクニカル | 投資情報-投資心理

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter