デイトレードと投資心理

2010年04月10日

実は、この「投資心理」は私が個人投資家時代に一番悩んだ分野です。
ファンダメンタルズ分析もテクニカル分析も、結局はそれを使うのは投資家自身です。
命の次に大事なお金を投資というリスクにさらすことになるので、その時の心理的重圧=恐怖心というのははかり知れません。

皆さんは自動車の運転をしたことがあるでしょうか?
最初は恐怖と不安でいっぱいだったはずです。
運転の初心者はほとんど前だけしか見ていません。
左右後の状況を見る余裕が無いのです。
しかし、運転に慣れてくると全体の状況を余裕を持ってつかめ、ある程度の予測が可能となります。
たとえば、「もしかしたら人が飛び出してくるかもしれない」とか、「あの車は動きがおかしいから離れていよう」などです。

そして、このようにスムーズな運転をするように、「デイトレード」をするためにどのように投資家自身が考え、実行するべきか?ということが「投資心理」の根本的な考え方になります。
己に勝つ」、「最大の敵は自分自身」なのかもしれません。

この究極にある考え方が、江戸時代まで日本を支えた「武士道」のような気がします。
「武士道」について当ブログで踏み込むことはないと思いますが、コミックの「バガボンド」(剣の道を究めんとする者たちは、放浪の人(バガボンド)となり、その運命に翻弄されていく)か、本家の「宮本武蔵」を読むと投資心理の参考になると思います。

平常心、トレードにおいて、「感情的にならずにいかに冷静にトレードできるか」がカギですが、これが非常に難しいのです。
デイトレーダー自己規律に基づいたトレードを淡々とこなしていかなくてはなりません

最初の「あいさつ」でドラゴンボールの「精神と時の部屋」について書きましたが、その部屋で修業の時、主人公の「悟空」と「悟飯」の会話が参考になるかもしれません。この時、悟空たちは強敵「セル」との戦いに備えて戦闘能力が何倍にもなる超(スーパー)サイヤ人に変身していくのですが、修業でさらなるパワーアップが可能となります。
しかし、「悟空」は「バランス的にはふつうの超サイヤ人がいちばんいい」「これからは寝るとき以外はなるべく超サイヤ人でいて、それがあたりあたりまえの状態にもっていくんだ」と「悟飯」に諭しています。

つまり、一段上の状態が普通の状態になるようにもっていくことが重要ということです。



okasan_online at 16:26コメント(0) 
投資情報-投資心理 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter