テーマ分析

2010年04月06日

省エネ関連

エネルギー問題は株式市場では毎回取り上げられるテーマです。太陽光発電各種電池ハイブリット、さらにはLED照明など、様々なテーマがあります。いかに効率良く電気を生み出して、いかに効率良く消費するかがキーポイントとなっています。

さらに、最近ではこの発電と電力消費の間の送電の効率化が話題となっています。これが「スマートグリッド」です。

スマートグリッド」とは発電所からの送電に情報通信機能を付加し、電力網を高度化するシステムということになります。テレビでも、太陽光発電や燃料電池の宣伝を良く目にするようになってきていますが、「スマートグリット」を含めた省エネ関連企業は住宅、電池会社、電設会社、電力会社など関連する企業が幅広く、株式市場としても取り上げやすいテーマであるために、今後も折りにふれ注目される可能性が大きいと思われます。


3D、ネットワーク、コンテンツ関連


最近の洋画は3D映画が多くなってきました。日本の映画館も3D対応が進んでおり、すでに全スクリーン数のうち約10%が3Dデジタルスクリーンとなっているようです。今後も3D上映に対応する映画館の数は増えていくと思われます。

一般的に映像コンテンツは映画、DVD、ペイTV、地上波テレビ放送と流れる経路が確立されていますが、映画の3D化が進めば、「家庭でも3Dを」というのが自然の流れです。TVメーカー各社は既に3DTVを発表しており、今後3Dテレビの話題が多くなる可能性が強いと思います。また、ゲーム機でも3D化の開発が進んでいるようです。

さらに、ネットワークやコンテンツでも、スマーフォンTwitter電子書籍などが現状では話題となっています。


上記2大テーマに関する企業のコード番号を番号順に170銘柄、テキストファイルでダウンロードいただけます。適時分割して、株価ボードに登録してお使いください。(どのテーマに関する銘柄かは「分析ナビ」等でご確認ください)

2大テーマ関連銘柄コード

報道資料等から岡三オンライン証券作成



okasan_online at 08:30コメント(0) 
投資情報-ファンダメンタルズ 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter