株価ボードの重要性-2

2010年04月05日

今回は第二弾です。株価ボードの「表示項目」は101項目もあります。コード番号、銘柄などの基本情報、現在値、前日比、出来高、売買代金、VWAPなどの個別相場情報、EPS、PERなどのファンダメンタルズ関連情報、さらには対Topixβ値、各種移動平均乖離率、HV(ヒストリカル・ボラティリティ)など様々なデータを表示することが可能です。

株価ボード小表

これほど多くのデータを取得・表示できる情報ツールは他にはたぶん無いと思います。1度に表示できる項目はMAX20程度ですし、「こんなデータは見ないよ」というものもあるかもしれません。しかし、「枯れ木も山の賑わい」「大は小を兼ねる」といわれるように必要なければ表示しなければ良いのです。ただ、デイトレードに有効なVWAP始値比率売約定数買約定数(詳細はまた後日)などの情報もあります
 
項目の表示変更方法は、「表示項目」右クリック→表示項目の設定で行います。操作方法は一般的なので迷うことは少ないと思います。

表示項目の設定

次に自分が注目している銘柄をクリックし、そこで右クリックするとメニューが現れます。このメニューは岡三ネットトレーダーシリーズによって特に情報系の種類が異なっています。上から7つが注文系のメニュー、その下が情報系、さらにその下が株価ボードの編集ができるメニューとなっています。(信用取引等が無い場合)

右クリックメニュー1

さらに、プレミアムとスタンダードでは、株価ボードのデータをEXCEL等に転送することが可能です。やりかたは簡単です。銘柄(どの銘柄でもOK)の上で右クリックするとCSV出力がありますので、これをクリックしてください。
 
株価ボードというファイルを適当なところに保存すればEXCEL等にデータが転送されます。この後は、EXCEL等を使って、好きなように分析することができます

この応用編です。CSV出力は株価ボードだけでなく、ランキングやテクニカルスクリーナーなどでも利用することができます。つまり、ランキング情報で前日上昇した銘柄をCSV出力して、さらにコード番号のみをコピーして、株価ボードに一括登録すれば、翌日の監視銘柄一覧として利用することができます


okasan_online at 13:50コメント(0) 
岡三ネットトレーダー 株価ボード 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
twitter