企業分析ナビの本格活用-1

2010年03月29日

この度、情報提供先のトムソン・ロイター社のご好意により、当社の「企業分析ナビ」で見ることができる「ロイターコンセンサスレーティング」の前日変化した銘柄をピックアップし、投資家の皆様にお届けすることができることになりました。毎日、レーティング変更銘柄として下記サイトで公開しています。
ロイター
この「企業分析ナビ」はオンライン証券として国内で初めて当社が個人投資家向けに提供している、とっておきの情報です。さらに、データの有用性はもちろんのこと、ビジュアル性(見やすさ)でも非常に高い評価をいただいています。そこで今回、より投資家の皆様方に「ロイターコンセンサスレーティング」の良さを知っていただくために敢えて有料の情報を公開しています。

もちろん、限定公開ですので、公開されている情報は毎日の変更銘柄の中からレーティング前回差の上位10銘柄(変更銘柄が10銘柄より少ない場合は全て)です。このうち、上位5銘柄はコード、企業名、レーティング前回差、アナリスト数(フォローしているアナリストの数)まで公開、下位5銘柄はコード、銘柄名のみの公開となっています。
以下は「岡三ネットトレーダープレミアム」で見ることができる「企業分析ナビ」の表示画面の一部です。基本画面は4つほどありますので、内容と使い方について今後解説していこうと考えています。

<企業分析ナビ>表示サンプル
分析ナビ

あたりまえのことですが、株価はファンダメンタルズだけで決まるものではありません。投資家の方はファンダメンタル分析、チャート分析などを駆使してトレードをなさっているものと推測します。このファンダメンタルズ分析のなかでは専門のアナリストの意見は非常に重要だと言われています。因みに、出筆者である私はアナリストとファンドマネージャーの経験があるのですが、アナリスト時代は自分で分析してレーティングを付与していました。また、ファンドマネージャーの時代では、このアナリストレーティングを大いに活用させていただいた経験があります。活用というよりも、個別銘柄投資を行うファンドマネージャーにはアナリストレーティングは必要不可欠でありました。アナリストのレーティングで株価が動くことはもちろんですが、ファンドで中長期投資を行う場合に個別企業のアナリスト評価と自分の評価を融合させて、本当に投資すべき企業を選別することがファンドマネージャーに課せられた仕事だからです。投資家の皆様もこの「企業分析ナビ」を大いに活用されて、真に投資するべき企業を発見してください。



okasan_online at 17:00コメント(0) 
投資情報-ファンダメンタルズ | 岡三ネットトレーダー 企業分析ナビ

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
プロフィール
石黒 洋一(いしぐろ よういち)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部 次長

石黒洋一

【経歴】
1993年早稲田大学社会科学部卒業後、城南信用金庫、もしもしホットライン(現リライアコミュニケーション)を経て、2006年に岡三オンライン証券入社。

売買データや株価データ等を活用し、個人投資家の投資動向を絡めた独自の投資情報を発信。
twitter