2017年06月20日

2017年6月20日

勝ってる人相場下落時(2017/3/14-4/14)に、当社での株式取引の決済損益の合計がプラスだった方

20170620


買ってる株 勝ってる人たちの買ってる銘柄の中で、勝ってる人たちの売買代金の買比率が50%以上の銘柄
     ↓
勝ってる人たちの買ってる銘柄の中で、勝ってる人たちの買人数比率(※)が51%以上の銘柄
売ってる株 勝ってる人たちの売ってる銘柄の中で、勝ってる人たちの売買代金の買比率が50%未満の銘柄
     ↓
勝ってる人たちの売ってる銘柄の中で、勝ってる人たちの買人数比率が49%以下の銘柄
売買人数が拮抗してる株 勝ってる人たちの買人数比率が49%超、51%未満の売り買い人数が拮抗している銘柄

※買人数比率・・・買ってる人数÷(買ってる人数+売ってる人数)
 


okasan_online at 11:59コメント(0) 
勝ってる人の買ってる株・売ってる株 | 本日の「勝ってる人」の定義はこういう人

2017年06月20日

日経平均株価「日中足」
20170620am

日経平均株価 20,287.67円(前日比+219.92円)
TOPIX 1,621.87(前日比+15.8)
出来高概算 9億7,727万株
売買代金概算 1兆3,107億円
 
前場の日経平均は3営業日続伸。週明けの米主要3指数が揃って上昇したことや、ドル円相場が1ドル=111円半ばと円安進行を受けて、日経平均は上昇して開始。主力大型株を中心に買いが入り、日経平均は年初来高値を更新。その後もじりじりと上昇し、200円を超える上げ幅を見せている。前引けにかけても高値圏で堅調に推移。

前場は東証33業種中、下落したのは水産・農林業、電気・ガス業、不動産業の3業種のみ。上昇率1位はゴム製品、2位保険業、3位証券・商品先物取引業。日経平均採用銘柄の上昇率1位は太陽誘電、2位スズキ、3位ヤマハ。下落率1位は長谷工、2位日揮、3位日ハムであった。

物色面では、米金利上昇を受けて三菱UFJFGや三井住友FGなどの銀行株が買われ、第一生命やMS&ADなどの保険株が上昇。また、村田製や東エレク、SMCなどの値嵩株が強く、コマツや日立建などの機械株が堅調。個別では、中国で地元大学との共同研究を拡大すると明らかにした島津製が高い。また、アズジェントは同社販売のイスラエル社製品が完全自動運転車に採用されることが決まったと発表し大幅に3営業日続伸。また、ニンテンドースイッチの販売好調が部品を供給するメーカーに追い風との報道が伝わり、田淵電がストップ高。

半面、アンジェスMGやナノキャリアなどのバイオ関連株が売られ、パソナやアルトナーなどの人材関連株の一角が軟調。個別では、外資系証券が投資判断を引き下げた長谷工が反落。

値上がり銘柄数は1,608、値下がり銘柄数は301、変わらず109。

 
人気ブログランキングへ

okasan_online at 11:55コメント(0) 
市場コメント 

2017年06月20日

6/19
NYダウ 21,528.99(前日比+144.71)
S&P500 2,453.46(前日比+20.31)
ナスダック 6,239.01(前日比+87.26)
英FT100 7,523.81(前日比+60.27)
独DAX 12,888.95(前日比+136.22)
日経225先物(円建て) 20,130.00(前日比+100)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って上昇。NYダウとS&P500は史上最高値を更新、ナスダックも大幅反発。ダドリーNY連銀総裁が講演で、インフレ見通しに楽観的な見解を表明。欧州株も大幅続伸するなど、世界的にリスクオンの展開に。今週はFRB高官の講演が相次ぐが、次いで注目度が高いのは22日パウエル理事(議会証言)。中立派であるが、利上げ見通しをしっかりと示してくれば、ドル買いにつながり日本株の追い風となりそうだ。

20170620am
                 
<日本株動向>
本日の日本株相場は続伸となりそうだ。米国株高に加え、ドル円も111円台半ばと円安傾向となっており、外部環境は良好だ。日経平均は6月前半につけた高値水準20,200円に接近する場面もあろう。連日での2万円回復となれば、投資家のセンチメントの改善も見込まれ、出来高の増加も期待できそうだ。

なお、現在は内需グロースが相場を牽引しており、昨日も景気敏感株の動きはいまひとつで、大幅な円安のサポートがない限り、戻りも限定的か。今年の上昇局面で物色の中心となっていた好業績内需主導の流れに大きな変化はないようだ。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:25コメント(0) 
今日の相場 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
プロフィール
石黒 洋一(いしぐろ よういち)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部 次長

石黒洋一

【経歴】
1993年早稲田大学社会科学部卒業後、城南信用金庫、もしもしホットライン(現リライアコミュニケーション)を経て、2006年に岡三オンライン証券入社。

売買データや株価データ等を活用し、個人投資家の投資動向を絡めた独自の投資情報を発信。
twitter