2018年01月12日


>>>本日の「勝ってる人の買ってる株・売ってる株」の定義(アーカイブ)

2018年1月12日

勝ってる人2017年1年間の決済損益合計がプラスだった方

20180104_2017年+

買ってる株 勝ってる人たちの買ってる銘柄の中で、勝ってる人たちの売買代金の買比率が50%以上の銘柄
     ↓
勝ってる人たちの買ってる銘柄の中で、勝ってる人たちの買人数比率(※)が51%以上の銘柄
売ってる株 勝ってる人たちの売ってる銘柄の中で、勝ってる人たちの売買代金の買比率が50%未満の銘柄
     ↓
勝ってる人たちの売ってる銘柄の中で、勝ってる人たちの買人数比率が49%以下の銘柄
売買人数が拮抗してる株 勝ってる人たちの買人数比率が49%超、51%未満の売り買い人数が拮抗している銘柄

※買人数比率・・・買ってる人数÷(買ってる人数+売ってる人数)
 


okasan_online at 09:10コメント(0) 
勝ってる人の買ってる株・売ってる株 | 本日の「勝ってる人」の定義はこういう人

2018年01月12日

1/11
NYダウ 25,574.73(前日比+205.6)
S&P500 2,767.56(前日比+19.33)
ナスダック 7,211.78(前日比+58.21)
英FT100 7,762.94(前日比+14.43)
独DAX 13,202.90(前日比-78.44)
日経225先物(円建て) 23,785.00(前日比+135)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って反発し、史上最高値を更新。8時半発表の生産者物価指数(12月)は市場予想を下回ったものの、市場の反応は限定的。原油価格が2014年以来の水準に上昇するなか、エネルギーセクター中心に買いが入り、米国株は朝方から買い優勢。航空株を中心に資本財セクターも上昇した。午後にかけても、エネルギーや資本財が上値追いの展開となったことで、全体相場は上げ幅を拡大。さらに、ドル安を背景にコモディティ価格が上昇し、素材セクターも確りとなった。取引終盤は、明日の大手行の業績発表を皮切りに本格化する決算シーズンを前に期待感から上昇。最終的に、主要3指数は揃って史上最高値を更新。

20180112am

<日本株動向>
NYダウが200ドルを超える上昇となったことや、原油価格が上昇したことなどを好感し、本日の日本株相場は買い優勢でスタートしそうだ。昨日好決算を発表したFリテイ株の上昇も指数を支えよう。その後は、今晩発表される予定の米経済指標を見極めたい投資家が多いことから、次第に様子見ムードが強まろう。

もっとも、東証1部の新高値銘柄数が高水準で推移するなど個別銘柄への物色意欲は旺盛である。一巡した主要小売企業の決算で良好な内容が多い点も投資家心理の支えとなろう。引き続き「意外と底堅い」相場は続くとみられ、好業績銘柄や、賑わいを見せるテーマ株の動向に注目したい。


人気ブログランキングへ

okasan_online at 08:05コメント(0) 
今日の相場 

2018年01月11日




上のリンク先の定義の元に、本日の増やした人の条件は以下です。
本日の
増やした人
の条件 
算定期間(※)の資産増加率が、同期間における日経平均の上昇率+16.18%を上回るパフォーマンスをあげた方

※2017/1/4~2017/12/29(終値ベース)

20180104_買い増し


買い増した株(1月11日) ※取引人数の多い順にランキング形式で掲載
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買い増し人数割合 終値 前日比
1 9816 ストライダーズ JQS 91.3% 492 6
2 2914 日本たばこ産業 東証1 12.8% 3646 7
3 9437 NTTドコモ 東証1 12.6% 2673.5 -9
4 1552 VIX短期先物指数 東証E 42.8% 9190 -190
5 4506 大日本住友製薬 東証1 53.7% 1685 -42
6 6502 東芝 東証2 13.5% 319 -6
7 9433 KDDI 東証1 14.5% 2807.5 -17.5
8 2038 NEXT 原油ブル 東証E 14.6% 1525 -24
9 3662 エイチーム 東証1 61.4% 2763 -28
10 3197 すかいらーく 東証1 2.7% 1591 -8

※(増やした人のうち)買い増した人数÷該当銘柄を保有している人数

→1月11日(大引け)勝ってる人の買ってる株・売ってる株はこちら



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:40コメント(0) 
増やした人の買い増した株 

2018年01月11日


本日は、
“2017年に勝った人”が、
本日「買った株」、「売った株」。
20180104_2017年+

→本日の「勝ってる人」の定義はこちら


本日の「勝ってる人の買ってる株・売ってる株」は以下の通り。 

※取引人数の多い順にランキング形式で掲載しております。

勝ってる人の買ってる株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買人数比率 終値 前日比
1 9433 KDDI 東証1 86.7% 2807.5 -17.5
2 3668 コロプラ 東証1 51.5% 1000 -225
3 3436 SUMCO 東証1 93.9% 2967 -103
4 7581 サイゼリヤ 東証1 68.9% 3185 -430
5 3197 すかいらーく 東証1 77.8% 1591 -8
6 9437 NTTドコモ 東証1 82.6% 2673.5 -9
7 3323 レカム JQS 52.9% 322 31
8 5986 モリテック スチール 東証1 53.1% 1030 150
9 1570日経平均レバレッジ 東証E 59.3% 22500 -190
10 3356 テリロジー JQS 57.1% 359 7


 
勝ってる人の売ってる株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 買人数比率 終値 前日比
1 8411 みずほフィナンシャルグループ 東証1 28.0% 216 1
2 3660 アイスタイル 東証1 43.8% 1055 5
3 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 東証1 48.6% 881.9 5.1
4 8604 野村ホールディングス 東証1 44.4% 731.3 6.6
5 6628 オンキヨー JQS 44.4% 180 24
6 4661 オリエンタルランド 東証1 23.5% 10945 685
7 1357 日経平均ダブルインバース 東証E 35.0% 1178 11
8 4344 ソースネクスト 東証1 45.8% 1380 167
9 6178 日本郵政 東証1 33.3% 1323 8
10 5301 東海カーボン 東証1 42.9% 1680 117



売買人数が拮抗している株
順位 銘柄コード 銘柄名 市場 終値 前日比
1 6176 ブランジスタ 東証M 2223 -278
2 3189 ANAP JQS 1100 99
3 3993 PKSHA Technology 東証M 15530 110
4 3754 エキサイト JQS 872 92
5 9143 SGホールディングス 東証1 2363 59




人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:35コメント(0) 
勝ってる人の買ってる株・売ってる株 

2018年01月11日

日経平均株価「日中足」
20180111pm

日経平均株価 23,710.43円(前日比-77.77円)
TOPIX 1,888.09(前日比-4.02)
出来高概算 15億8,283万株
売買代金概算 2兆8,021億円

本日の日経平均は続落。昨晩の米主要3指数が揃って反落となった流れを引き継ぎ、日経平均は売り先行で取引を開始。ドル円相場が円高基調に振れていたことなども重しとなり、寄り付き直後には一時23,600円付近まで下落した。その後は円高が一服したことで下値では押し目買いが入り、23,700円を挟んでのもみ合いとなった。後場に入ると売買材料に乏しいなか、やや下げ幅を広げる場面もみられたが、結局77円安の23,710円で本日の取引を終了した。


東証33業種中、上昇したのは16業種、下落したのは17業種であった。上昇率1位は鉱業、2位パルプ・紙、3位海運業。下落率1位は食料品、2位医薬品、3位水産・農林業。日経平均採用銘柄の上昇率1位は東海カーボ、2位GSユアサ、3位ヤマトHD。下落率1位はトクヤマ、2位SUMCO、3位アドバンテスであった。


物色面では、米SOX指数の下落を背景にアドバンテやSUMCOなどの半導体関連株が軟調に推移し、武田や大日住薬などの医薬品株も弱い動きとなった。また、アサヒやキリンHDなどの食品株、トヨタやホンダなどの自動車株も弱含んだ。個別では、昨日引け後に発表した決算を嫌気し、サイゼリヤやローツェが大きく下落したほか、任天堂から提訴されたことを受けてコロプラが18.4%安となった。


半面、東海カや日カーボンなどの素材株が堅調なほか、双日や伊藤忠などの商社株、オークマやアマダHDなどの機械株も強含んだ。また、米長期金利の上昇により三井住友FGやソニーFHなど金融株の一角も買われた。個別では、業績に関する観測報道を受けてヤマトHDやフェローテックがしっかりのほか、欧州にリチウムイオン電池工場を建設と伝わったGSユアサが反発となった。


値上がり銘柄数は976、値下がり銘柄数は986、変わらず101。



人気ブログランキングへ

okasan_online at 15:30コメント(0) 
市場コメント 

注意事項

  • 本ブログおよび本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本ブログおよび本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本ブログおよび本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本ブログおよび本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本ブログおよび本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内
記事検索
プロフィール
石黒 洋一(いしぐろ よういち)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部 次長

石黒洋一

【経歴】
1993年早稲田大学社会科学部卒業後、城南信用金庫、もしもしホットライン(現リライアコミュニケーション)を経て、2006年に岡三オンライン証券入社。

売買データや株価データ等を活用し、個人投資家の投資動向を絡めた独自の投資情報を発信。
twitter